調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

経歴調査(採用調査)

会長日記2011/08/26

 マスコミ報道によると、認知症の症状がある入院患者の爪を、こともあろうに看護助手が剥がし、逮捕されたと云う。爪を剥がすなどと云う行為は、拷問の中の拷問であり、聞いただけでゾッとするが、それが病気治療の為に入院している病院で行われていたと言う。何とも惨い話しであるが、どうも事実の様である。

 しかも、この事件を起こした看護助手、過去にも同様の事件を起こし、3年8ケ月の実刑判決を受けた御仁とか。ここに至っては空いた口が塞がらないと云うか・・・全くもってである。

 ここで小生が何が云いたいか、判る人は分かり、「もうろくしたでも有るまいに、同じことを何度も云うな・・・」とお叱りを受けるかも知れないが、それでも云わずにおれないのだ!!。

 この看護助手を雇っていた病院長は、「履歴書には過去の事件については記載が無く、採用について問題ないと判断した」としている、とのこと。

 被害者に対し、病院側が今後どのように対処するかは判らないが、今日のマスコミ報道を見る限りでは、病院の採用システムを問題視し、杜撰な採用を糾弾する様な内容の記事は目にしない。

 誰もが気付いている事と思うが、今のマスコミは、この杜撰な採用を批判する思想を持たない。厚生労働省しかり、人権団体しかり。それはそうでしょう、「採用時の調査は差別につながるおそれがあるので、してはいけない」と10年一日の如く一貫して指導し、大声で叫んで来たのだから、いまさら「採用に際しては、経歴を確り確認し、公正な採用に務めましょう・・・」などとはとても云えまい。

 人権をうたって、命に関わるような人権が侵されてしまった。数ヶ月前にもトレーラーが小学生の集団登校の列にノーブレーキで突っ込み、尊い子供の命が奪われた事件があったが、このケースも全く同様で、この運転手も過去に同様の事件を起こしていた。また、数年前ではあるが塾講師が生徒を殺すという惨い事件があったが、この講師も素行不良で過去問題視されていた人物であった。

 こうした事件を回避するには、採用時に応募者の経歴チェックをする以外に方法は無いが、今の日本は「採用調査」に対し極めて否定的である。いかなる力が働いてこんな事になっているのか知らないが、厚生労働省などは話し合いをしようともしない。ただ一方的に行政指導の名の下に、通達するのみである。

 これがアメリカだと、ノーチェックで採用し、このような事件を起こした会社は、2度と立ち上がれないくらいのペナルティーを受けるが、日本では、会社の「使用者責任」を追及しようとする姿勢は少ない。会社は「採用法が甘かった・・・」等と2・3回頭を下げれば、それ以上マスコミも警察も追及しようとはしない。同じことが繰り返されているにも関わらず・・・。

 資本の三原則、「人、物、金」などは中学生の頃に学ぶ、社会の常識であり、中でも企業の命運を左右するのは人である。ところが、その人を採用するのに、「如何なる人物か調査してはいけない」等と、日本の人権論者はのたまうのである。結果、このような痛ましい人権侵害が起こっているにも関わらず・・・・。

 もう少し皆で考えてみようではありませんか・・・・?。

 

According to media reports, a nursing assistant was arrested for ripping off the nails of a hospitalized patient with dementia. It is a torture within a torture, and I shudder to hear that it was done in the hospital where he was hospitalized for the treatment of his illness. It’s a sad story, but it seems to be true.

In addition, the nursing assistant who brought this case, a man who was sentenced to three years and eight months in prison for a similar case in the past. I can’t seem to keep my mouth shut at this point…at all.

If you know what I want to say here, you may say, “Don’t say the same thing over and over again, you’re not even a good boy anymore…” but I can’t stop saying it!

The hospital’s director, who had hired the nursing assistant, said, “There was no mention of any previous incidents on her resume, and we determined that there was no problem with hiring her.

I don’t know how the hospital will respond to the victims, but as far as I can tell from today’s media reports, I haven’t seen any articles that criticize the hospital’s hiring system and accuse it of being sloppy.

As I’m sure everyone has noticed, the media right now doesn’t have the thought to criticize this sloppy hiring. The Ministry of Health, Labour and Welfare and human rights groups. I have consistently instructed and shouted for 10 years and a day that investigations at the time of hiring should not be done because they may lead to discrimination.

Human rights have been violated in such a way that they claim to be human rights and their lives are at stake. A few months ago there was another incident where a trailer plunged into a group of elementary school students with no brakes and a precious child’s life was taken, but this case is exactly the same, and this driver has had similar incidents in the past. A few years ago, there was a tragic incident in which a tutor at a cram school killed a student, and this tutor was also a person who was considered a problem in the past because of his misbehavior.

The only way to avoid such incidents is to conduct background checks on applicants at the time of hiring, but Japan is now extremely negative about “recruitment checks”. I don’t know what forces are at work in this situation, but the Ministry of Health, Labour and Welfare and others are not willing to talk about it. It can only unilaterally pass the word in the name of administrative guidance.

In the U.S., a company that hires without a check and causes such an incident is penalized to the point of never being able to stand up again, but in Japan, there is little willingness to pursue “employer responsibility” for the company. As long as the company bows its head two or three times saying, “The hiring law was lax…”, neither the media nor the police will pursue it any further. Even though the same thing is being repeated…

The three principles of capital, “people, goods, and money”, are common sense in society, which we learn in junior high school, and among them, people determine the fate of a company. However, the Japanese human rights theorists insist that we should not investigate what kind of person he or she is when we hire him or her. As a result, even though these grievous human rights violations are happening …

Why don’t we all think about it a little more…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る