調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

台風12号

会長日記2011/09/02

台風12号、大型でゆっくりとした最も性質の悪い台風のようである。
余り性質の良い台風って聞かないが、この12号は進路も少し変わっており、太平洋から日本海に、真横に横断しそうな雰囲気である。

 天罰はもうけっこう・・・、日本人の多くは東北大地震で多くの事を思い知らされ、
反省もしているのだから・・?

 今日は定時に終わり、早めに帰途につくことにしよう・・・・。花金と云うのに・・・
トホホ

 台風と言えば思い出すことがある。 私が小学生の頃、通学に徒歩30分を要した。
しかも海岸端の地道を延々と30分歩くのである。当時は集団登校などと云う洒落たものは無かったが、自然と近所の子供同士誘い合って、4・
5人固まって登下校する。

 冬は相当厳しいが、春、秋ののどかな日など最高である。
朝はそれでも真っ直ぐに登校するが、帰りはまともに帰る事はない。海岸を歩きもって蛸を採ったり、貝を採ったり、
海鴨を見つけては石を投げる、当たる訳などないが、それでも当時は可也真剣であった。

 海に飽きれば山越えをする。秋はアケビにフユビ、エブに椎の実など、
自然の宝庫であった。従って、家に帰るのは何時も夕暮れ時。そこで、母が私に付けたあだ名が「時知らず」、帰宅すると、何時も挨拶の如く、
「このトキシラズが・・」と叱られたものである。

 ところが台風の日ばかりは真っ直ぐに帰途につく。しかしこれが大変・・・、
当時はろくな防波堤などなく、台風の波が道を洗う・・・正に道を洗うのである。従って、浪と浪の隙間を読み取って一気に走り、
浪が打ち寄せる瞬間に山側に非難、その繰り返しで必死で家に帰るのである。時に高波が打ち寄せると、民家の屋根にかかるくらいなのだから、
小学生に取っては大変なことであった。

 それでも楽しかったナ・・・・、
なつかしいセピア色の思い出である

 

Typhoon No. 12, a large and slow typhoon, seems to be of the worst nature.
We don’t hear of such a good typhoon, but the path of this typhoon has also changed slightly, and it looks like it will cross from the Pacific Ocean to the Sea of Japan, right beside us.

And you’ve taken the time to reflect, so…?

I’m going to end the day on time and get home early….. It’s called floral gold, but…
boo-hoo

Speaking of typhoons, there is something to remember. When I was in elementary school, it took a 30-minute walk to get to school.
Moreover, we had to walk for half an hour along the coastal road. In those days, there was no such fancy thing as group schooling, but naturally kids from the neighborhood were invited to go to school with each other on 4th
The five of us froze and went to and from school.

The winters are quite harsh, but the idyllic days in spring and autumn are the best.
They still go straight to school in the morning, but they don’t return home in a decent way. We walk along the shore, gathering octopi and shells.
There was no reason for it to hit, but it was still quite serious in those days.

When you get tired of the sea, you go over the mountains. In the fall, there are a lot of things like millet, fujube, pebbles, and vertebrae
It was a treasure trove of nature. Therefore, it is always at dusk when I return home. So my mother gave me a nickname, “The Timeless”, and when I came home, she always greeted me as if to say hello.
I used to be scolded, “This toxilaz…

However, only on the day of a typhoon do we go straight home. But this is the hard part…
In those days, there were no good breakwaters, and the typhoon waves washed the road…just like that, the road was washed. Therefore, you can read the gap between the waves, run at once, and
He blames the mountain side at the moment the waves crash in, and with that repetition he returns home in desperation. Sometimes, when the high waves crash in, the roofs of houses are covered with them.
It was hard for an elementary schooler to do that.

It was still fun.
It’s a nostalgic sepia-colored memory.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る