調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

帰省

会長日記2011/08/19

 お盆に帰省してきた。

 隠岐は絵の島華の島・・・、西の島前、東の島後・・・、北前船の帆が揺れる・・・♪♪。そう、小生の田舎は隠岐の島。なかでも北前船の風待港として、江戸から明治に掛けては最も栄えていた、「大山」の出身である。

 大山と云ってもいささか広く、集落は、北の方と南の方(ナーノホウ)に二つに別れ、我輩はナーノホーの中心部に位置する鳥居さんの少し南にて産まれた。

 家は既になく、敷地は竹やぶに覆われ、隣家との境界もおぼつかなくなっているが、我が家の隣は「ラーゲリーからの遺書」の主人公、山本幡雄氏が生まれ育った所である。「それがどうした・・」と云われれば困るが、そうなのである。

 毎年何かの用事で帰省はしているが、お盆にノンビリと帰ったのは3年振りか?。以前にもこのブログで書いたことがあるが、お盆の夕方墓参りに行くと、それはそれは大変である。彼方此方から、「いつ帰らっしゃんしたかの・・」「いつまでござっかの・・」等など、声が掛かり、その度にひと言二言、言葉を交わしていると中々家路につかない。女房子供は呆れ顔であるが、それが何とも云えない帰郷の良さである。

 そんなこんなで3泊4日、久しぶりにノンビリとした田舎を満喫してきた。

 

波止(友人の別荘)から見た夕日

帰省 004_t

帰省 005_t

友人の別荘でバーベキューの準備。 この御仁、中学の同級生であるが、妻子を松江に置き、一人隠岐に別荘を造り壮春を謳歌している。ヨットハウス、トレーラーハウス、キャンピグカーハウス、カラオケハウスと手作りで4棟を建て(設置)、20人は宿泊OKと豪語している。

帰省 008_t

小生は食べる人・・・

帰省 009_t

隠岐ならではのバーベキュー

帰省 010_t

小生の娘なれど顔を見せるわけには行きません・・・。

帰省 012_t

帰省 015_t

夜もふけ、しょうしょう出来上がり気味・・・・・

帰省 017_t

帰省 018_t

宴のあと・・・独り思いにふける・・・

帰省 021_t

翌朝、大山のシャーラ舟を流すところ、新仏を舟にのせ沖から流す行事・・・

 

帰省 022_t

新仏の舟に同乗させてもらい、仏壇に供えた物の一部を流すのが普通であるが、船出に間に合わなかったため、簡単なボール箱舟を作り流したところ・・・・、何とも素朴で味がある

帰省 023_t

帰省 024_t

牧畑で草食む牛、 冬季以外は牧畑で放し飼いにしていてOK、子供も自力で産み、自然の中でそのまま育てる。子牛は母親の傍を離れることがないので誰の子供か一目瞭然とか

帰省 025_t

 

同じく巻畑で放し飼いされている馬・・・、廣太郎は馬を見るのは初めて、興味深深の様子・・・。馬は年中放し飼い、冬場でも雪を掻き分け草を食むらしい

帰省 027_t

帰省 030_t

帰省 031_t

廣太郎の雄姿・・・

帰省 039_t

鬼舞から見た絶景・・・・霞たなびく浦郷湾

帰省 040_t

帰省 043_t

帰省 044_t

なでしこの花・・・

帰省 047_t

鬼舞の方から観た国賀海岸・・・

帰省 051_t

帰省 052_t

久しぶりに我が家に帰宅、伸びのびと寝る廣太郎・・・、暑さ故か近頃は玄関の石畳で寝るのがお気に入りのご様子帰省 053_t

帰省 054_t

 

I went back to my home town for Obon.

Oki is the island of the picture, the island of Hana-no-Island, the island of the west, the island of the east, the island of the east, the sail of the Kitamae ship sways…Â Yes, my countryside is the Oki Islands. He was born in Oyama, which was the most prosperous port for Kitamae ships from the Edo period to the Meiji period.

I was born a little south of Torii-san in the center of Narnohoe.

The house is already gone, the site is covered with bamboo fences, and the boundary with the neighboring house is not so clear. It would be embarrassing to be told, “What about it?”, but it is so.

I go back to Japan every year for some business, but it’s been three years since I went back to Japan for Obon. I’ve written about it before on this blog, but going to visit a grave in the evening of Obon is quite a challenge. Whenever I heard a word or two, I couldn’t help but go home. The wife and child were stunned, but that was the beauty of returning home.

And so we spent four days and three nights enjoying a relaxing country life for the first time in a long time.

The sunset seen from the quay (friend’s villa)

Preparing a barbecue at a friend’s vacation home. He left his wife and children in Matsue and built a villa in Oki and is enjoying the springtime. They have built (installed) four buildings by hand, including a yacht house, a trailer house, a camping car house, and a karaoke house, and they claim to be able to accommodate 20 people.

I’m an eater…

Oki’s unique barbecue

I’m a daughter, but I can’t let you see my face….

It’s late at night, and it’s almost done…

After the feast, I’m thinking to myself.

The next morning, when the shala boat of the Great Mountains is about to be floated, it is an event that the new Buddha is put on the boat and floated from the sea…

It is usual to pour out a part of the things offered to the Buddhist altar in the boat of the new Buddha, but we couldn’t get out in time, so we made a simple ball-box boat and poured it out… It is very simple and tasteful!

The cow that eats grass in the pasture field, it is kept free in the pasture field except in winter, and it is OK, and the child also gives birth by itself and raises it as it is in nature. A calf never leaves its mother’s side, so it’s easy to tell whose child it is.

It is the first time for Kotaro to see a horse, and he is very interested in it. Horses are free-ranging all year round, and even in winter, they shovel snow and graze.

Kotaro’s majestic figure…

A superb view from Onimai…. Urago Bay in a haze

Nadeshiko’s flower…

Kunika beach seen from the side of Onimai…

He sleeps on the stone pavement at the entrance these days.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る