調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

心身統一法「積極観念の養成法」

会長日記2011/06/16

今日は、「積極観念の養成法」について


積極観念の集中法

 


積極観念の集中(養成)は、観念要素の更改が潜在意識に働きかける方法だったのに対し、実在意識(顕在意識)の働きかける方法である。

 


潜在意識が積極化されれば、自然、実在意識も積極化される事になるので、敢えて、積極観念の集中法をしなくても良いのでは無いかと考える人がいるかも知れないが、
長年、消極観念で生き、神経過敏になっていた多くの人は、観念要素の更改で潜在意識の強化に努めながらも、現実の日常生活では、
何時しか知らず知らずに消極的方面に感化される怖れが大いにあるためである。
 


この方法の心がけは、日常生活の中で、常に己の明るい方向明るい方向へと向ける事である。もっと、極端に言えば、
人生を暗くするような出来事だと分かっていても、心は明るく保つように努めることである。
 


これは言葉で言えば、それまでのことですが、自分の心に自分で働きかけ、本能的に受ける感情や感覚を、
恣意的に自分が思う方向に向ける事であり、それを習い性とするには、それ相応の努力が必要である。


古歌にも「なせば成り、
なさねば成らぬものなるを、成さぬは、おのが成さぬためなり
」と云うのがあるが、真人生に生きんとするには、
なす人
にならなければならない。

 


ではその方法とは(実践要項は)・・

?       

内省検討

?       

暗示の分析

?       

対人精神態度

?       

苦労厳禁(取り越し苦労厳禁)

?       

正義の実行

 

1、      

内省検討


自分が思っていること、考えていることが、積極か消極かと云う事、即ち自己の心的態度を客観的に観察し批判することです。


これは事物事象の良し悪しを観察、批判するのではなく、その事物事象に対する自分の心の態度がどうか?、積極か消極かということです。


これは意外と難しい。従って、常に自分の感情を交えないで、客観視して観る癖をつけるよう、意識して努め、
習い性とする必要があるでしょう。

 

2、      

暗示の分析


これは多面から来る暗示が積極か消極かということを分析批判することです。


そして、積極的なものは受け入れ、消極的なものは断然排除することです。


特に現代社会は消極暗示で充満しており、社会的に大きな影響力をもつマスコミが完全に麻痺しており、
消極的な方面からしか報道しなくなっていると云う事を認識し、厳しく分析批判する必要があります。


同様に、友人や会社やなど、日常生活で接しる人や物にも十分気をつけ、消極的なものに引きずられないよう気をつけなければなりません。

 

3、      

対人精神態度


これは読んで字の通り、人に対する時の自分の心の態度のことです。


少なくとも天風会員は、人に接するときに、相手を消極的にするような態度や言動をとってはなりません。


事情の如何を問わず、人に接するときは、明るく、朗らかに、活き活きと
勇ましくあるように努めなければなりません。


特に悲運の人や病気の人に接する時は気をつけ、同情して相手に引っ張られるような事があってはなりません。できるだけ鼓舞し激励して、
相手を元気つけてやりましょう・・・・。


即ち、相手に積極的な暗示を与えてやるようにすることです。

 

4、      

苦労厳禁


過去苦労、現在苦労、未来苦労(取り越し苦労)がある。


過去苦労


過ぎ去った事をあーでもない、こうーでもないと考え、暗く落ち込む人がいるが、こんな苦労からは何も生まれない。ただ、過去を顧みて現在、
未来に反映させる為の検討はまた別である。所謂、過去を振り返る心の態度がどうかと云うことであり、
振り返って落ち込むような振り返り方はダメだということです。


現在苦労


心は現在を要す。過ぎたるは追うべからず、来たらざるは向うべからず。


人は死ぬべきものであるが、死ぬまでは生きている。


未来苦労(取り越し苦労)


取り越し苦労ほど下らぬものはない。それは、いたずらに心のエネルギーを消耗するだけのことだ。


取り越し苦労というもんは全て消極的観念から発せられるものである。


自分で自分の心のスクリーンにお化けの絵を書いて、自分で恐れたり驚いたりしているような、滑稽なものである。


ただ、未来の事を考えるなと云うのとは違う。所謂、これも過去の反省と同様で、将来の事を考えるにしても、
その心の態度が積極か消極かと云うことであり、消極ならば取り越し苦労になり、積極ならば建設的なものとなるのである。

 


5、正義の実行


正義の実行といえば、何かたいそうで凄く難しい様に思われがちであるが、決してそんな難しいものではない。


人間誰しもが持っている「本心」
「良心
」にもとらない行動をすればよく、心に疚しさを感じな行いをする事である。


だから、一寸勇気を出して、その場その時に、自分の心で感じた、本心良心で感じた事を実行するように努めることです。


朝、道端でお会いした人に「おはようー」と声を掛ける。電車にすわっていて、しんどそうな老人や妊婦に席を代わってあげるとか、
雨にぬれているひとに傘を差し出してあげるとか(雨あめ振れふれ母さんが蛇の目でお迎え嬉しいな・・・、あれあれあの子はずぶ濡れだ、
柳の木陰で濡れている、、母さんのお傘を貸しましょう・・・)


そんな事から始めればいいと思う。


相手が喜ぶ事をしてあげる。させて貰う。自分の本心良心を喜ばせてあげる。そんな事に努めましょう。

 


何れも、この積極観念の養成法は、実在意識に働きかける事であり、常に意識して、自分を客観視しながら、
習い性となるよう努めなければならいことです。

 

Today’s topic is “How to Cultivate Positive Concepts

Concentration method of positive thinking.

Concentration (cultivation) of positive thoughts is a way to work on the actual consciousness (manifest consciousness), whereas the reformation of the conceptual elements was a way to work on the subconscious mind.

When the subconscious mind is activated, the actual consciousness is naturally activated, so some people may think that there is no need to concentrate on positive thoughts.
Many people who have been living in a negative mindset for many years, and who are nervous, try to strengthen their subconscious by renewing the ideational element, but in real life they are not able to do so.
There is a great deal of fear of being unknowingly influenced in a negative direction at some point.

The key to this method is to always turn your mind in a brighter and brighter direction in your daily life. Or, to take it to the extreme.
We should try to keep our hearts light, even though we know that it is an event that will darken our lives.

This is as far as it goes in words, but I’m going to work on my mind on my own and let the feelings and sensations that I instinctively receive
It is a matter of arbitrarily directing oneself in the direction one wants to go, and to make it a habit, one must make a commensurate effort.

There is an old poem that says, “If you do, you will be, and then you will be
There is a saying, “If you don’t do something, you won’t do it, but if you don’t do it, you won’t do it.
“The eggplant man.
must become.

So how do you do it?

?

introspection

?

Analysis of the implication.

?

interpersonal mental attitude

?

No hardships (no more hardships)

?

The execution of justice.

One.

introspection

It means to observe and criticize one’s mental attitude objectively, that is, whether one’s thoughts and thoughts are positive or negative.

This is not about observing or criticizing the goodness or badness of a thing-event, but about one’s own mental attitude toward that thing-event. It’s a matter of being proactive or reluctant.

This is surprisingly difficult. Therefore, I try to make it a habit to look at things from an objective point of view, without mixing my emotions.
It would have to be a habit.

Two.

Analysis of the implication.

This is an analytical critique of whether the implication coming from multiple sides is positive or reluctant.

And that means accepting the positive and decisively eliminating the reluctant ones.

In particular, modern society is filled with negative suggestion, and the mass media, which is so influential in society, is completely paralyzed.
It is necessary to analyze and criticize it severely, recognizing that we are only reporting from the negative side.

Likewise, we must be careful about the people and things we come into contact with in our daily lives, such as friends, companies, etc., and be careful not to be dragged away by passivity.

Three.

interpersonal mental attitude

This, as you can read it, is the attitude of your mind at times towards people.

At the very least, Heavenly Wind members should not behave, say, or act in a passive manner when dealing with others.

Regardless of the circumstances, when dealing with people, be cheerful, cheerful and vigorous.
We must strive to be brave.

Be especially careful when dealing with people who are unfortunate or sick, and don’t let them pull you down with compassion. Inspire and encourage them as much as you can.
Let’s cheer them up…..

In other words, try to give the other person a positive suggestion.

Four.

hard work is not allowed

There are past hardships, present hardships, and future hardships (overdue hardships).

Past struggles.

There are people who think that what has passed is neither this nor that, and they are gloomy and depressed, but nothing can come out of such hardships. It’s just that in retrospect, in the past, in the present.
It is another consideration to be reflected in the future. So to speak, it’s about the attitude of the mind to look back on the past.
It means that you can’t look back and be depressed.

current hardships

The mind needs the present. When it is too late, do not pursue, and when it is too late, do not turn around.

A man is to die, but he lives until he dies.

Future hardships

There is nothing so trivial as a hardship. It would only drain the energy of the mind into mischief.

All hardships come from a negative mindset.

It’s hilarious, like drawing a haunted picture on your own mental screen and being scared or surprised by it yourself.

It’s not the same as saying, “Don’t think about the future. So to speak, this is the same as reflecting on the past, even when thinking about the future.
It is a matter of whether the attitude of the mind is positive or negative, and if it is negative, it will be a hardship, and if it is positive, it will be constructive.

5. Execution of justice.

Speaking of the implementation of justice, it may seem like something very difficult, but it’s not that difficult.

Every human being has a “real heart.
It is good to act without any “conscience” and to be dependent on your mind.

So, be brave and try to do what you feel in your heart and in your conscience in each and every moment.

In the morning, I say “Good morning” to people I meet on the roadside. I’m sitting on a train and I’m giving up my seat to an old man or a pregnant woman who’s having a hard time.
Offering an umbrella to a wet person (I’m happy to see the rain-soaked mother with snake’s eyes…she’s soaking wet, she’s soaking wet…)
(I’ll lend you my mother’s umbrella, I’m wet in the shade of a willow tree…)

I think it’s a good idea to start with something like that.

I’ll do something that makes them happy. I’m going to do it. Let your true feelings and conscience be pleased. Let’s strive for such things.

The way to cultivate this positive idea is to work on the actual consciousness, and to always be aware of it while looking at oneself objectively.
It is something that we must strive to become habitual.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る