調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

心身統一法「観念要素の更改法」

会長日記2011/06/15

 先週に引き続き心身統一法について。

先週は概論を書きました。今日はその実際方法についての解説、?観念要素の更改法です。


観念要素の更改法
 


心身統一法の概論で、心を積極的に把持する必要性について十分にご理解頂けたと思います。そこで、今日は如何にして心を積極化するか、
その方法論の第一番目、「観念要素の更改」についてお話致します。


既にお聞きの通り、心の強い弱いは、「感応性能」の働きが強いか弱いか、
積極か消極かという事に比例するということです。


そこで、第一に理解すべきは、人間の心で思うこと、考えることの根幹は、観念要素であるということです。


そして心で思うこと考えること、即ち思考というものが、いちいち物の声に応じるように「感応性能」に反映されるのです。


ということは、消極的な思考をすれば官能性能は消極化し、当然、精神生命も消極化してしまうのです。逆に、積極的思考が、
感応性能を積極化し精神生命を積極化させることになるのです。


人間の思考作用というものは、心の表面、
即ち実在意識領で行われている。ところが、
全てが実在意識かと言えば、そうではなく、実際は心の奥深く、「心の倉庫」とも言われる潜在意識領で作られているのです。


そして、その観念要素となるものは、この潜在意識領内にあり、
この観念要素が消極的だと、顕在意識(実在意識)で物事を積極的に考えようと努力しても、断然無理と云う事になってしまいます。


即ち、積極精神を作るには感応性能積極化しなければならないが、
その因子となる観念要素潜在意識領内にあるため、
この潜在意識を積極的にしなければ、顕在意識で幾ら努力しても無理があるのです。


しからば如何にしてこの潜在意識積極的なものに更改するかですが、
ここで天風先生が考え出されたのが暗示感受作用の応用です。


人間には元々暗示に感じる習性があり、この作用を応用することにより、観念要素の更改、
即ち潜在意識を更改することが意外と簡単にできるのです。


一般的に暗示となるものは、?言語、
?文字、?行動、?現象
、などであり、ありとあらゆる事物事象が、悉く暗示となるのです。言い換えると、
この世は暗示によって支配されており、我々は暗示の世界に生きているといっても過言ではないくらいなのです。


ところが現代の世の中はマイナス暗示で充満しており、特に、
マスコミは消極好きで、新聞、ラジオ、テレビなど目に映るもの耳に入るものの大半がマイナス的なものです。従って、今の世の中では、
マイナス思考が持て囃され、過去、現在、未来をマイナスで彩ると、何となく賢くて情があって思いやり深い人のように思われている。従って、
ある意味、弱者に情を掛け、一緒に悩み苦しみ、一緒になって「大変ね、大変ね・・・」と遣っていると、
あの人はとてもいい人だということになる。


ところがどっこい、そんな事では絶対に望むような「幸せな人生」にはならない。


人間は元々暗示に同化感化する習性があるが、全てに等しく同化感化するのではなく、
心の弱い人は消極的な暗示に感化し、積極的な暗示は受け入れない。従って、逆に強い人は、積極的暗示には感じるが消極的なものは拒否する。


特にこの傾向は他面暗示に顕著に現れる。


ところが、この傾向は自己暗示では少なくなり、
自己を改善しようとか向上させようとする場合は、心が弱い人でも、自分で自分に積極的な暗示を掛けると、
その自己暗示を受け入れる傾向がある。


そこで、自分で自分に暗示を掛ける「自己暗示誘導法」を用いて、
観念要素を更改する方法を創建した。


自己暗示誘導法
には

1、      

連想暗示法

2、      

命令暗示法

3、      

断定暗示法

4、      

付帯要項  

?   

日常の言行

?   

感謝の生活と3行

?   

3忽の実行

 

1、      

連想暗示法


この方法は、意識的に積極的思考を作り、それを自分の心に思念連想する方法です。


古来からわが国にある「座禅」などもこの方法の一つとされる。しかし、
多忙な現代人には中々その時間と余裕がない。


そこで、天風先生は、誰にでもできる簡単な方法を考え出された・・。
毎夜、
寝際の際は大脳静止作用が働き、暗示を受けやすい状態になっている。この時を利用して、
自己暗示を掛けると効果が倍増する。


従って、寝床に入ったら、嫌なことやマイナスの事は一切考えないようにする。そして、楽しいこと、積極的なことのみを考えるように努める。


人間の頭は2つの事を同時には考えられない。従って、嫌な事はすべて明日に考える事として、
寝床に入ったら、無理にでも楽しい事を考える、それでもダメなら、明るくなるような本を読むとか、
天風会関係の本や誦句集を読むようにしたらよい。


とにかく、どんな方法でも良いからマイナスは寝床に持ち込まないことにするのである。


ここで一つ理解しておかなければならないことがある。意外と多くの人は眠るという事を余り重要に思っていないようであるが、
本当は眠ると言うことは、生命にとって物凄く大切な事なのである。


何故なら、睡眠というのは自然の力と人間の生命が交流結合する時である。


人間お生命は、自然の力の中にあるブリル)というものでいかされているが、
この活力が睡眠時には、何の妨げも無く、全体に完全に供給される時なのである。所謂、神人冥合の時であり、大脳に静止作用が働き、
この静止作用が生じると、活力をより多くスムーズに受け入れることができ、同時に、昼間消費したエネルギーを補充するのである。


この事からも、寝がけの心持が如何に大切であるかと云う事が分かると思う。


次に行うのが、命令暗示法である。


これは自分に自分で命令する方法で、小さな手鏡を持ち、手鏡に映った自分に対し、自分が成りたいと思うことを具体的に一つだけ、
小さく言葉に出して、二人称で命じるのである。


コツは、手鏡、真剣、眉間、小声、一つの事を具体的に、一回限り、成就するまで一つの事を続ける。


例、信念、吃音、数学、夜尿症などなど

 


断定暗示法


これは、命令暗示法と並立して行う。


昨夜、寝がけに命令した事項を、目覚めと同時に、今度は一人称で、自分は、信念が強くなった、と断定する。この時は鏡は使わなくともよい、
そして、一度ではなく、日に何回でも行うほど良い。ただ、これは命令暗示と対になっているので、命令した暗示を成就するまで行うのであって、
自分が成りたい、色んな事項を日替わりで行ったのでは効果は薄くなる。


コツは、寝起き、命令と対、真剣に、一人称、日に何度でも、

 


付帯事項

1、      

日常の言行


日常の言行に気をつけ、積極的言行で生きることである。


言語には強烈な暗示力があり、積極人生を志す者は、消極的言語は例えどんなことがあっても使わない、
との心がけをしなければならない。


考えてみるに、消極的な言語、困った、まいった、情けない、遣っていられない、頭にきた、等など・・・、そんな言葉を吐いた後、
気持ちはどうかと云うことである。


また、その言葉からは何の解決にもならない・・、ところが現代人の多くは、消極的な言動が謙虚で優しく、
情のある人の様に思われる傾向がある。特に、最近の若者言葉の中に、消極心を短くして連発する様な傾向が目に付く。大いに、
学校教育などでも気をつけて欲しいとおもうところである。

 

2、      

感謝の生活と三行


先ずは不平不満を口にしないこと。不平不満からは何も生まれない。


不平不満があるから向上心が沸くというのは間違い。


感謝の実行。嬉しいことに感謝するのではなく、感謝する心に楽しさ、嬉しさが出てくる。


西洋の教え「感謝念の薄い人の人生には、幸福の女神はその慈愛の手を伸ばさない」と云うのがある。


事物事象を見るとき、個人的な自己本位の考え方でみないで、大所高所から広く観察すようにすれば、自然と感謝念が沸いてくるようになる。


常に正直、親切、愉快に生活する。


誓いの言葉、今日一日、・・・・

3、      

三忽の実行


  怒らず、怖れず、
悲しまず


こうした消極感情の発作は、活力を著しく減退させる。
下らないことで怒らない。
真に怖れるべきは真理なり
悲観は身を殺し、
憤怒は悪魔の息吹なり


叱ると怒るは違う。

 

 

Continued from last week on the Unification of Mind and Body Act.

Last week, I wrote an overview. Today’s commentary on the actual method, ? It is a reformulation of the conceptual elements.

The Reform of Conceptual Elements Act

With an overview of the Mind-Body Unification Act, I hope you have a good understanding of the need to actively grasp the mind. So, today we’re going to talk about how to make your mind active.
I would like to talk about the first part of the methodology, “Renewal of Conceptual Elements”.

As you’ve already heard, a strong or weak mind depends on whether the action of “sensitive performance” is strong or weak.
The point is that it’s proportional to whether you’re proactive or reluctant.

So, the first thing to understand is that the root of what the human mind thinks and thinks is the ideational element.

And what you think in your mind, or in other words, what you think, is reflected in your “responsive performance” as if you were responding to an object’s voice every time.

In other words, if you think negatively, your sensual performance will be negatively affected, and naturally, your mental life will also be negatively affected. Conversely, positive thinking.
It will positively affect the sensory performance and positively affect the mental life.

The action of human thought is on the surface of the mind.
In other words, it is done in the realm of real consciousness. However.
If you say that everything is real consciousness, it’s not. It’s actually made deep inside the mind, in the subconscious realm called the “warehouse of the mind”.

And the elements of that notion are in this subconscious realm.
If this conceptual element is negative, it will be impossible to think positively about things in the manifest (real) consciousness.

In other words, in order to create a positive spirit, we need to make the sensory performance positive, but
Because the ideational element that is the factor is in the subconscious realm, the
If you don’t actively engage this subconscious mind, it is impossible for you to make any effort with the manifest mind.

Therefore, how can we renew this subconscious mind into a positive one?
The application of suggestion-sensitization is what Professor Amikaze came up with here.

Human beings have a tendency to feel suggestion, and by applying this action, we are able to improve our conceptual elements, and to make the best use of our experience.
It’s surprisingly easy to renew your subconscious.

What is commonly implied is? language, and
? Letters, ? actions, phenomena, and so on. Phenomena, etc., and all manner of things and phenomena are allusions. In other words.
This world is governed by suggestion, and it is no exaggeration to say that we are living in a world of suggestion.

However, today’s world is full of negative connotations, especially
The media is reluctant, and most of what we see, hear, and see in newspapers, radio, and television is negative. Therefore, in today’s world.
When negative thinking is perpetuated and negative thoughts are painted on the past, present, and future, people somehow think of you as a wise, compassionate, and compassionate person. Therefore, the
In a sense, if you have compassion for the weak, if you suffer together, if you come together and say, “It’s hard, it’s hard…
That means that the person is a very nice person.

However, that will never lead to the kind of “happy life” you want.

Humans have the original habit of assimilating and sensitizing to suggestion, but they don’t assimilate to everything equally.
A weak minded person is susceptible to reluctant suggestion and will not accept positive suggestion. Thus, a strong person, on the contrary, feels for positive implication but rejects reluctance.

This tendency is especially evident in other side suggestion.

However, this tendency is lessened by self suggestion and
If you are trying to improve or improve your self, even if you are weak-minded, if you imply positively to yourself
There is a tendency to embrace that self-implication.

So, I’m going to use the “self suggestion guidance method” to make a suggestion to myself.
He created a way to renew the ideological elements.

The self-suggestioning induction method includes

One.

suggestion method

Two.

imperative implication method

Three.

definite implication method

Four.

incidental requirements

?

Everyday words and deeds.

?

A life of gratitude and three lines.

?

three simple actions

One.

suggestion method

This is a way to consciously create positive thoughts and make thought associations with them in your mind.

Zazen, which has existed in Japan since ancient times, is another example of this method. However.
The busy people of today don’t have the time or space to do so.

So, he came up with a simple method that anyone can do… Every night.
When we sleep, there is a resting effect on the cerebrum, making us more susceptible to suggestion. Take advantage of this time.
Self-suggestion doubles the effect.

Therefore, when you go to bed, try not to think about anything that you don’t like or that is negative. And try to think only in fun and positive ways.

The human brain can’t think of two things at the same time. Therefore, all the disgusting things are to be considered for tomorrow.
When you go to bed, think of something fun to do, even if you have to, and if that doesn’t work, like reading a book that brightens you up.
You should try to read books and chant books related to the Tenpukai.

Anyway, I will not bring the negative into the bed because it is good in any way.

Here’s one thing you have to understand. Surprisingly, many people don’t seem to think that sleeping is too important, but
The truth is that sleeping is a very important thing for life.

This is because sleep is the time when the forces of nature and human life interact and combine.

Human life is managed by the brill (chi) in the power of nature.
This vitality is fully supplied to the whole body during sleep, without any disturbance. This is the time of the divine and the divine, so to speak, when the cerebrum is at rest and
When this resting action occurs, we can receive more of our vitality more smoothly and at the same time replenish the energy we have consumed during the day.

From this, we can understand how important it is to have a good feeling when you go to bed.

The next step is the imperative implication method.

It’s a way of ordering yourself to do what you want to do, holding a small hand mirror and telling your reflection in the hand mirror only one specific thing that you want to do.
It’s a small, verbal statement, commanding in the second person.

The trick is, hand mirror, serious, frowning, whispering, being specific about one thing, one time, keep doing one thing until it’s fulfilled.

Examples, beliefs, stuttering, math, nocturia, etc.

definite implication method

This is done in juxtaposition with the imperative implication method.

As soon as he wakes up, he declares, in the first person, that he has strengthened his convictions in matters he had ordered last night in his sleep. You don’t have to use a mirror this time.
And the more times a day you do it, instead of once, the better. However, since this is paired with a command suggestion, it is done until the commanded suggestion is fulfilled.
If you do the various things that you want to do on a daily basis, the effect will be less.

The trick is to wake up in bed, versus command, seriously, in the first person, as many times a day.

incidental matters

One.

What we say and do every day

Be careful of what you say and do every day and live by what you say and do positively.

Language has a strong suggestive power, and those who aspire to a positive life will not use negative language, no matter what.
We must be mindful of the fact that we have to do the same thing with our lives.

I think, after spitting out the words, such as reluctant language, troubled, screwed up, pathetic, unable to work, pissed off, etc…
How do you feel about it?

And those words don’t solve anything…, by the way, for many people today, their reluctant words are humble and kind.
He tends to come across as a person with a lot of heart. In particular, there is a recent tendency in young people’s language to shorten their reluctance and repeat it. A lot.
I would like them to be careful in school education as well.

Two.

A life of gratitude and three lines

The first thing to do is not to complain. Nothing is born out of complaining.

It’s a mistake to say that complaining makes you want to improve.

Performing gratitude. Instead of being grateful for what makes you happy, joy and gladness come out in a grateful heart.

There is a Western teaching that says, “The Goddess of Happiness does not extend her loving hand to the life of the ungrateful person.

When we look at things and events, if we do not look at them from a personal, self-centered perspective, but from a broad perspective, we will naturally feel gratitude.

Always live honestly, kindly and pleasantly.

The pledge, the day, the…

Three.

carrying out three important acts

No anger, no fear.
without grieving

These bouts of reluctance can significantly diminish one’s vitality. Don’t be offended by inanities.
What is truly to be feared is the truth.
“Pessimism will kill you.
Anger is the breath of the devil.

Scolding is not the same as being angry.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る