調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

心身統一法について

会長日記2011/06/07

財団法人天風会、「心身統一法」について少しご紹介させて頂こうと思います。一昨年から
心神統一法」の講師研修養成講座を受講しており、今年ようやく受験資格ができ、一次試験
(ペーパー試験)は一応合格。そこで2次試験(講義実演)に向け、講演の下書き原稿をしたためました。

内容はともかく、原稿作成にはそこそこ時間を要したが、発表の機会に恵まれず、パソコンの中に眠っているので、
このまま埋もれさせてしまうのも勿体無いと思い、勝手にこのブログで投稿しようと思いたったしだいです。

講演30分用の原稿なので、結構長く、堅苦しいものと思いますが、少しでもご興味のある方はお目通し頂けたら幸いです。
天風教義のなんたるかが少しは分かるかも知れません・・・。

 


心身統一法について(公開講演用)

 


故中村天風哲人が説かれた心身統一法(道)について、その概要と言いますか、入り口の部分を大まかにお話させて頂こうと思います。

 


古今東西永遠のテーマとも言うべき事項、それは、


人間とはいったい如何なる存在なのか?」、


「何の為にこの世に生まれてきたのか?」


「人が幸せになるにはどうしたら良いだろう、幸せって一体なんだろう?。」

 


そんな、素朴ではあるけれど、誰もが思い悩んできた、永遠のテーマにお応えし、しかも、誰しもがこの教えを信念実行すれば、必ず幸せになれると云う方法、即ち
幸せの方程式」を、
手取り足取り具体的に、そのノウハウを教えているのがこの心身統一法です。

 


先ず、人間はいったい如何なる存在か?


幸福なものなのか、不幸なものなのか?


このテーマに天風先生は、一言で明快に断定しておられる。


「人は皆、
生まれながらにして等しく幸せに生きられる様に作られている」
と、

 


また、人はこの世に何の為に生まれてきたのか、についても、一言で明快に、「人は宇宙の向上と進化」と云う、大使命を負って、生まれてきたと。


そして、その使命を果たせる様に、人間には生まれながらにして、絶大なる力が与えられていると、説く。

 


そして、その力を発揮することによって、人として生まれがいのある、有益で幸せな人生を送る事が出来るのである。

 


しからば、如何にしてその力を発揮させるかである。

 


人には元々、潜勢力と云う絶大なる力が誰にも等しく備わっている


その潜勢力については、偉大な哲学者、スエット・マーデンやイマニエル・カントやトーマス・
カーライル
もそれぞれの著書の中で述べておられる。

 


そして、この潜勢力なるものは、宇宙の進化と向上とに寄与する為、
本来の使命を果たすために与えられているのです。

 


先ずはこの事を信念化しなければならない。


所謂、「人間の真正な価値を認識する」ことである。

 


そんな力などあるわけが無い。人生なんて所詮、苦しく辛いもので、幸せになどそう簡単に成れるものではない、
と思い考えている人が現在の世の中には非常に多い。


しかし、そう考え思っている人は、結果的にそうなるかもしれない。

 


ある意味、人生は、その人の「思い方、
考え方」、
次第でどうにでも成る。


人は右へ行こうと思うから、右へ行く」、
「左へ行こうと思うから、左へ行く
」のです。


従って、幸せになれると思わなければ幸せになどなれません

 


人間に備わっている偉大な力、潜勢力も、元来備わっている、
のだと先ずは思はなければ、発現はできません。

 


だから、先ずはそう信念する事から始めなければならない。


お釈迦さんも「信なきものは救われず・・
」とおっしゃっているが、その点は非常に重要です。ただ、そう信じなさいと言われても、
現代の人は色んな知識や情報を一杯持っており、簡単にハイ分かりました、とは上手く行かない。ところが、実際に遣ってみて効果がでれば、
体感すれば、信じない訳には行かない。だから、天風先生は、先ず遣ってみなさい、実行してみて下さい、とおっしゃる。そして効果を体感し、
それが信念化できれば、後はしめたもの。

 


ところが、その方法が分からない。ただ、考えてみて下さい。この東京、この日本、現代のこの地球を、誰がここまで発展させたでしょう。
サルや鳥や犬ではない。


桃太郎はサルや鳥や犬の力を上手く借りて、思いを遂げた様ですけど、紛れもなくこの世は人間が、この手で作ってきたのです。


誰しもが持っている力を発揮し、この地球を作り上げてきたのです。この現実をみても、犬やサルと違って、人間の力が如何に凄いか、
一目瞭然だと思うのですが、如何ですか。まさに人間は万物の霊長なのです。

 


そして、いま一つは、「報償の法則」です。人生の事柄、一切合財は全て、
その人の蒔いた種子の通りに実現するのです。


しかも、この法則は飽くまでも厳粛で公平です。


善因善果、悪因悪果は人生の鉄則なのです

 


この事も肝に命じて置かなければ成りません。


種を蒔かないと花も実もできないと同様、如何に素晴らしいものでも知っただけではダメです。実行しなければ結果は実りません


先ずは信じて行うことです。報償の法則で遣れば少なくとも遣っただけの結果は出ます。それが公平です。平等ではない、公平です。

 


先ずはその事を知って、自分の人生、真人生を建設しなければならない。


真人生の建設には、生命力の充実とその発現が必要である。

 


人の生命には、体力、胆力、精力、能力、
判断力、断行力
と云う6つの力が備わっており、
この六つの力が十分に発揮されないと、真人生の建設はおぼつかない。


しかも、真人生とは、長くて、強くて、
広くて、深く
なければならない。長くて、強くて、広くて、深い、真人生を送るには、先ず、体と心を統一させて使わなければなんらない。

 


ところが、現代人の生活法は、


1・本能本位の生活、
2
感情本位の生活、3.理性本位の生活、4.信仰本位の生活


5.霊性本位の生活

 


人間の生命は、そもそもどう云う内要素を持って作られているかと云うと、


霊魂を中核として精神と肉体が密接不離
の状態の下に結合されている。


即ち、心と体とが打って一丸とされたものが人間の命の真の姿である。


そして、心身の統一された生き方が、人間の本来の面目に即応した純正な生き方なのです。


所謂、人間の本来の面目は、心身一如である、
と云うことです

 


そこで結論的に言えば、人生の一切をよりよくしてくれる潜勢力と云う生命内奥の力の発言は、人間の命のありのままの姿、
心身一如の状態を確保する為に、心身を統一して生活することによって、確保されるのです。

 


では、心身の統一された生活とは、どんな状態かというと


精神を?「精神生命の法則」、
肉体を?
「肉体生命の法則」
に順従して生活する事です。


心身統一の原則
は、
自然法則順従なのです。
所謂
心は心の法則、体は体の法則に従わせなければならない。

 


そして、心身を統一した生き方をすると「」の収受分量が増大し、命の内容量も増大し、
これが心の力、
体の力
となる。


この「
と云うものは、人間が生きるのに必要な「」「生命力」の根源であり、人間は「」によって生かされているのである。

 


心身統一の原則

1.      

生存の原則(生存の確保)――自然法則に順応


心は本然即応    体は条件調和


2.生活の原則――効率促進


心は精神統一    体は訓練的積極化

 


具体的には
本然即応とは、霊性心(本心+良心)
に即応させることであり
心を常に、尊く、強く、
清く、正しく、
持つことであり、具体的行動としては正直、親切であること。


本心良心
喜ぶ言動を取ることに努めることである。
 

 


体の条件調和は、
自然法則に順応
させ
感覚器官を鍛錬し、環境に調和させ、自律神経に働きかけて自然治癒力を高め、新陳代謝を活発化させる。

 


また
生活の原則
としては
効率促進
であり
心は統一して使用体は訓練的に積極化する。そして、
統一道とは積極と統一である


心は積極的に持ち使うときは統一して使う。体は自然環境に調和させ訓練的に積極化して行くことである。

 


また、心と体の関係であるが、あくまでも心が川上で体が川下にあたる。心が体に及ぼす影響は100%であるが、
体が心に与える影響は必ずしも100%ではないことでも判る。


例、縁台将棋とか・・・

 


そこで先ず、心を積極化する事が先決問題となる。

 


天風先生は、奔馬性結核にかかった事で心が弱くなり神経過敏になった。玄洋社の豹と呼ばれ、軍事探偵として満州で大活躍、
貼り付けの死刑台にあってもビクともしなかった心が、病気に成っただけで、何故こんなに弱く過敏になったのか・・
それが知りたくて猛勉強をし、教えを求めてアメリカ、ヨーロッパを回り、縁あってヨーガの聖者、カリアッパ氏に会い、3年の修行を経て、
帰国。


その後も研究に研究を重ね、心の積極化法を創建したのである。

 


研究を重ねた結果


自分の心が弱くなったのは感応性能が弱くなった事に気づく。


感応性能
は精神生命に固有されるものであり、
事物事象を感受したり反応したりする心の働きを云うのである。

 


が、ただ単に、その動き、性能を名づけたのではなく、精神生命に固有されたものであり、体に心臓があるように、
心の心臓と捉えても良いのではないかと、私は個人的に考えているが、何れにしても、事物事象を感じ知覚する、その以前に、
感応性能と云うフィルターを通る。


このフィルターが消極的だと消極的なもののみを通し、積極的なものは拒絶してしまう。逆に、積極的だと積極的なものを通し、
消極的なものを拒絶する事を行う。

 


そこで、心を積極化し生命の力(ブリル)をより多く取り入れるには、この感応性能を積極化しなければ成らないと気づき、
この感応性能の積極化法を心身統一法と名づけたのである。


そして、心を積極化する具体的に定めた。

1、       

観念要素の公開法

2、       

積極精神要請法

3、       

神経反射の調節法


であり、

4、       

精神使用法


としたのである。

 


事物事象⇒五官感覚⇒神経⇒知覚⇒認識⇒思考⇒言動


ありがとう御座いました。分かったようで分からないと思いますが、所謂、
心神統一法は心の積極化法であり、感応性能の積極化法で、上記の4項目を実施することなのです。そこで、
次回から1項目づつ4回連続で投稿する事にします。


すでに用意できている原稿なので、頻度を上げて更新する事につとめます。

 

I would like to introduce a little bit about the Tenpukai Foundation, the “Unification of Mind and Body Act”. since two years ago
I have been taking a teacher training course on “Unification of Heart and Mind” and finally qualified to take the exam this year.
I passed the paper test. Therefore, I made a draft of my lecture for the second examination (lecture demonstration).

It took me a lot of time to write the manuscript, but I didn’t get a chance to present it and it’s lying in my computer.
I thought it would be a shame to bury it like this, so I took the liberty of posting it on this blog.

The manuscript is for a 30-minute lecture, so I think it is quite long and formal, but if you are interested in it at all, I hope you will read it.
You might be able to understand a little bit what the Heavenly Wind Doctrine is all about…

On the Unification of Mind and Body Act (for public lecture)

I would like to give a general overview of the Way of Unification of Mind and Body as preached by the late Tenpou Tetsujin Nakamura.

It’s an eternal theme in the history of the world.

What kind of a human being is this? and

What have we been born into this world for?

How can a person be happy, and what is happiness all about?

In response to such a simple but eternal theme that everyone has been puzzled about, and in addition to that, the way that everyone can be happy if they believe in and practice this teaching, in other words, the way that everyone can be happy.
“The happiness equation.
This method of mind-body unification teaches you how to do it hand-in-hand and specifically.

First of all, what kind of a human being are we?

Is it a happy one or an unhappy one?

On this theme, Dr. Amikaze clearly affirmed in one word.

“We’re all
They were created to live an equally happy life from birth.

In addition, as to what we were born into this world for, we were born with the great mission of “improving and evolving the universe.

He also says that we are born with a great power to fulfill this mission.

And by doing so, you will be able to live a rewarding, beneficial, and happy life as a person.

Therefore, the question is how to make them exercise their power.

Everyone has a latent power.

The great philosophers Suet Marden and Imanuel Kant and Thomas
Carlyle also stated in their respective books.

And these latent forces, in order to contribute to the evolution and advancement of the universe.
It has been given to us to fulfill our original mission.

First of all, we have to convince ourselves of this.

So to speak, it is “recognizing the true value of human beings”.

There’s no such thing as power. Life is hard and painful, and it’s not easy to be happy.
In today’s world, there are many people who are thinking “I’m not going to do this.

However, those who think that way may end up doing so as a result.

In a sense, life is a person’s “way of thinking,
A “way of thinking”, you can do whatever you want with it.

‘People want to go right, so they go right’,
I’m going to go left, so I’m going left.

Therefore, if you don’t think you can be happy, you can’t be happy at all.

The great power we have in us, the latent power, is also inherent in us.
If you don’t think that it’s the first thing to do, you can’t express it.

So, we have to start by believing that.

As Buddha said, “Those who do not believe will not be saved…
You say, “That’s a very important point. I’m just saying that I’m supposed to believe it.
Today’s people have a lot of knowledge and information, and it doesn’t work to say “I get it” easily. However, if you actually try using it and it works, you will be able to get a good result.
Once you feel it, you can’t stop believing it. That’s why Master Tenpou says, “First, try it, and then put it into practice. And you’ll feel the effects.
If you can make it a belief, the rest is up to you.

However, I don’t know how to do it. Just think about it. Who has developed Tokyo, Japan, and today’s planet to such an extent?
It’s not monkeys, birds or dogs.

Momotaro seems to have achieved his goal with the help of monkeys, birds, and dogs, but it’s clear that this world was created by human beings with their own hands.

It is the power that everyone possesses that has made this earth what it is. This reality makes me realize how amazing the power of human beings is, unlike dogs and monkeys.
I think it’s clear at a glance, isn’t it? It is true that man is the chief of all things.

And the other is the Law of Atonement. All the things in life, all the goods, all the
It will come to pass as the seed that the person sowed.

What’s more, this law is insatiably solemn and fair.

Good cause and good effect, bad cause and bad effect are the iron law of life.

We must also keep this in mind.

Just as you can’t produce flowers or fruit without sowing seeds, you can’t just know about something no matter how wonderful it is. If you don’t do it, the result will not be fruitful.

The first step is to believe and do. If you do it by the law of recompense, at least you’ll get the results of what you’ve done. That’s fair. It’s not equality, it’s fair.

First of all, you must know this and build your life, your true human life.

The construction of true human life requires the enrichment of the life force and its manifestation.

Human life includes physical strength, courage, vigor, ability,
It has six powers called judgment and decisiveness.
If these six powers are not fully exercised, the construction of true human life will not be possible.

And what’s more, a true man’s life is long and strong and…
It has to be wide and deep. In order to live a long, strong, broad, and deep true human life, one must first unify and use one’s body and mind.

However, the way we live our lives today is…

1. instinct-based living, 2.
Emotion-based life, 3. Reason-based life, 4. Faith-based life.

5. spirituality-based living

In the first place, what kind of internal elements make up human life?

“With spirit at the core, spirit and body are closely dissociated.
is coupled under the state of

In other words, the true form of human life is when the mind and body strike and unite.

And the unified way of life of mind and body is the genuine way of life that corresponds to the original aspect of human beings.

So to speak, the original face of man is the one mind and body.
it is said that …

So, in conclusion, what the latent forces within life, the forces that make all of life better, are saying is the true nature of human life.
In order to secure the state of mind-body unity, it is secured by living in unity of mind and body.

So, what is the state of living in unity of mind and body?

The mind? “The laws of spiritual life,
The physical body?
It is to live in obedience to the laws of physical life.

The principle of mind-body unity is.
It is obedience to the laws of nature.
so to speak.
The mind must be subjected to the laws of the mind and the body to the laws of the body.

And when you live in a unified mind and body, the amount of chi you receive and receive increases, and the content of your life increases.
This is the power of the mind.
It becomes the power of the body.

This chi.
This is the root of the “power” and “life force” that we need to live, and human beings are kept alive by “chi”.

principle of mind-body unification

1.

The principle of survival (ensuring survival) — adapting to the laws of nature

The mind responds naturally and the body is in tune with the conditions.

Principles of life–promoting efficiency

The mind is mental unification, the body is disciplined positivization.

Specifically.
The natural adaptation of the mind is the spiritual mind (real mind + conscience)
This means that it is necessary to respond to the
Always be mindful, honorable, and strong.
It is to be clean, to be right, to have, and to be honest and kind as a concrete action.

We should strive to do what our conscience is pleased with.

The body’s conditional harmony is
We adapt to the laws of nature.
It trains the sensory organs, harmonizes them with the environment, works on the autonomic nerves, enhances natural healing power, and activates the metabolism.

Also.
As a principle of life.
It is efficiency promotion and
The mind uses in unison, the body becomes disciplinarily aggressive. And.
The Unification Path is positivity and unity.

When the mind is actively held and used, it is used in unity. The body is to harmonize with the natural environment and become more active in a disciplined way.

Also, the mind and body are related, but the mind is upstream and the body is downstream. The effect of the mind on the body is one hundred percent, but
We can see that the influence of the body on the mind is not always 100%.

For example, I’m going to go chessboarding…

So, the first thing to do is to make your mind active.

Dr. Tianfeng had contracted exuberant tuberculosis, which weakened his mind and made him nervous. Known as the Leopard of Genyosha, he was an active military detective in Manchuria
I don’t know why my heart, which was not shocked even on the deathbed of the paste, became so weak and irritable only because it became sick…
Wanting to know this, I studied hard and traveled around the U.S. and Europe in search of teachings and met the saint of yoga, Mr. Kaliappa.
Home.

After that, he continued to research and study, and created a method for the positive development of the mind.

After much research.

He realizes that the reason his mind has become weak is that his sensitive performance has become weaker.

Sensory performance is inherent to mental life and
It refers to the workings of the mind that perceives and reacts to things and events.

but not merely named its movement, its performance, which is inherent in spiritual life, just as the body has a heart.
I personally think that it can be thought of as the heart of the mind, but in any case, before feeling and perceiving things and events, there is no such thing as a heart.
It goes through a filter called “sensitive performance”.

If this filter is reluctant, it will only let the reluctant ones through and reject the positive ones. Conversely, if you’re proactive, you go through the positive.
Do something that rejects reluctance.

Then, I realized that in order to activate the mind and take in more of the life force (brill), I had to activate this sensing performance.
He named this positive method of sensory performance as the mind-body unification method.

And I set out specifically to make the mind positive.

One.

Exposure of Conceptual Elements

Two.

Positive Spirit Request Act (USA)

Three.

Regulation of neural reflexes

and

Four.

mental usage

This is the reason why we have made this decision.

Event ⇒ Five Official Senses ⇒ Nerves ⇒ Perception ⇒ Recognition ⇒ Thought ⇒ Speech and Action

Thank you very much. I’m sure you don’t understand, but it’s called
The mind-god unification method is a method of mind positivization, a method of sensory performance positivization, and it is the implementation of the above four items. So.
I’ll be posting four times in a row, one item at a time, starting next time.

I will try to update the manuscript more frequently, since it is already prepared.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る