調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

経歴調査、履歴調査

会長日記2006/04/19

日常業務として、調査レポートには余ほどの事が無い限り目を通す様にしている。今日も朝から10件程のレポートを読んだ。

当社が扱う調査はさまざまであるがメインは人に関する調査である。中でも多いのが、採用調査
雇用調査と呼ばれるもので、企業が求人の際に行う調査である。

具体的には、求職者の履歴書を基に、本当にその経歴が正しいのか否かを調べる経歴調査
履歴調査。 前職及び前々職など過去の勤務先に於ける勤怠、
職務能力及び退職理由などを調べる前職調査勤務先調査。尚、
それに付随しての性格、素行に関する人物調査性格調査
素行調査)。出勤率などから推察できる健康状態調査などである。

所謂、被調査人の職能調査経歴調査
履歴調査)を行い、企業が求める人材に適合するか否かを判断し、レポート報告をする訳であるが、
弊社が扱う採用調査雇用調査)で統計的にみると3割が不適当、
1割が要検討、6割が支障なしと云う結果である。

一般的には、ペーパーと面接試験をクリアーした人が調査に回される訳で、
それからすると4割が何らかの理由で要検討ないしは不適当と云うのはエッと思われる数字ではないかと思う。

中途採用に関しては、それくらいペーパーや面接だけでは判らないと云うことである。

今日点検したレポートでも、ビックリする内容のものがあった。被調査人は、年齢48歳の男性。履歴は高校卒で府警に入り、
25年間警察官として勤務し45歳で退職、民間会社に2年強勤務し、今度が2回目の転職応募。求人企業はサービス業であったが、
何とその元警察官、現職の時に猥褻と婦女暴行で逮捕され辞めさせられた人物であった。所が、警察は個人情報を理由に退職理由は勿論、
警察官であったかどうかさえ応えない。別に応えてくれなくても調査の方法は色々あり、
これくらいの事は判るが面接やペーパー試験だけでは判りようがない。

As part of my daily work, I read through the research reports unless there is something unusual about them. I read about 10 reports today and in the morning.

We handle various types of research, but the main one is about people. Among them, the most common are recruitment surveys and
It’s called an employment survey, and it’s a survey that companies do when they offer jobs.

Specifically, we will conduct background checks to determine whether or not a job applicant’s resume is truly accurate.
Historical research. Previous employment and previous employment in the past
Previous employment survey and employer survey to determine work ability and reasons for resignation. in addition
An incidental character study on character and behavior (personality study, etc.)
(background check). This is a health survey that can be deduced from attendance rates and other factors.

So-called vocational and background checks on the interviewee.
The company will conduct a history check to determine whether or not you are the right person for the company and report back to you.
According to the employment surveys we handle, statistically 30% of them are unsuitable.
Ten percent of the respondents said that it would be necessary to consider the issue, and 60 percent said that it would not be a problem.

In general, people who have passed the paper and interview tests are sent to the survey.
Considering that, I think that 40% of the respondents said that it was necessary or inappropriate for some reason.

When it comes to mid-career hiring, you can’t tell the difference between a paper or an interview alone.

The report I inspected today also had some surprising content. The respondent is a male, 48 years of age. He’s a high school graduate and joined the police.
I worked as a police officer for 25 years, retired at 45, worked for a private company for a little over two years, and now I’m applying for a job change for the second time. The employers were in the service sector, but
What a former police officer, who had been arrested for obscenity and assaulting a woman when he was in office and had been forced to resign. But the police are using personal information as an excuse to leave, of course.
He does not even respond if he was a police officer or not. You don’t have to respond, but there are many ways to investigate.
I know this much, but it’s hard to tell from interviews and paper exams alone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る