調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

隠岐の島にジェット機就航

プライベートな話2006/04/11

私の出身地、隠岐の島に今年7月よりジェット機が就航する。

今まではプロペラ機しか飛べなかったが1,500メートル滑走路を2,000メートルに延長、小型ジェット機が就航できる飛行場になった。
但し、就航するのは7月?8月の2ケ月弱で夏期シーズンだけである。
しかも乗客率が予定数に満たなければ今年でジェット機就航は中止となる公算が大いという。

従って、隠岐の島は大変である。目標の乗客数を確保しないと、折角のジェット化が無駄になってしまう。そこで町や観光協会は勿論、
島民皆が乗客確保に必死になっているという。

そんな関係で私の所にも、ジェット機就航を宣伝せよとのことらしく、広告用のマグネットシールが送られてきた。
長さ50センチ幅15センチ程のマグネットシールに「隠岐ジェット機就航」の文字と「小型ジェット機」が描かれたものである。多分、
車に張って走れという事らしい。ムム・・、一寸引くものがある。しかし、隠岐の島出身者としてはそうも言っておれない。どうしたものか?
と少し複雑な気持ちでそのシールをほっていた。ところがある夜、ほろ酔い機嫌で我が家に帰ると、
何とそのマグネットシールが目前に飛び込んで来た。何と我が家の門の鉄扉に「隠岐ジェット機就航」のシールが貼り付けてある。ウム・・、
女房も中々やるな・・・。少し気後れしていた自分が恥ずかしくなった。週一くらいしか車には乗らないが、今度乗る時は、
鉄扉に張られたシールを車に張り替えて走ることにしよう・・。

それにしても、ジェット化に幾らの金がかかったことか?。目標乗客数に達しなければ来年は飛ばさない・・、それって本当。
余りにも露骨過ぎないか・・・。ジェット化の目的が島民の意図と違う所にあるのは明らかなようである。

しかし、それはそれとしてジェット化は島民にも観光客にもとても便利である。何とか目標を達し、来年も飛んで欲しいものだ。

http://www.page.sannet.ne.jp/nobumi-saito/kankou/kankou.html


http://www.town.okinoshima.shimane.jp/index.php?module=Info&action=Info&info_cd=718f3d152145757066ef70d11fcba4d2&proc=1&PHPSESSID=7daf9fa8d843708ae0f415bfb81df530

This July, a jetliner will go into service on Oki Island, where I am from.

The 1,500-meter runway has been extended to 2,000 meters, making it an airfield where small jets can fly.
However, it is only in service during the summer season, which is less than two months from July to August.
Moreover, it is highly likely that the jet will stop operating this year if the passenger rate is not met.

Therefore, the Oki Islands are tough. If we don’t get the target number of passengers, all that jettisoning will go to waste. So, of course, towns and tourist associations.
He said that all the islanders are desperate to secure passengers.

In this connection, I also received a magnetic sticker for advertising, as they wanted me to advertise the launch of the jet plane.
It is a magnetic sticker about 50cm long and 15cm wide with the words “Oki jet in service” and “small jet” drawn on it. Maybe.
I’ve heard that they want us to run with the car on it. Mmm… there’s a bit of a pull. However, as a native of the Oki Islands, I can’t say so. What’s the matter with you?
And with a bit of mixed feelings, I let go of the sticker. One night, however, when I came home in a drunken mood
To my surprise, that magnetic sticker jumped in front of me. There is a sticker on the iron door of our house that says “Oki Jet in service”. Um…
My wife is very good at it… I felt ashamed of myself for being a little reluctant. I only take the car once a week, but the next time I do, I’m going to
I’m going to replace the sticker on the iron door with a new one and run…

By the way, how much money did it cost to make it a jet? If we don’t meet the target number of passengers, we won’t fly next year…is that true?
Isn’t that a little too explicit? It seems clear that the purpose of jetting is in a different place than the intentions of the islanders.

But be that as it may, jetting is very convenient for both islanders and tourists. We managed to reach our goal and hope to fly again next year.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO