調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

我が母校 隠岐島前高等学校

プライベートな話2006/03/22

昨日(21日、祭日)ゴルフを楽しみ帰宅すると、我が母校・隠岐島前高校から郵便物が届いていた。早速開封してみると、
何と隠岐島前高等学校創立五十年史であった。今は跡形も無くなった古い木造校舎や通学船
(離島故の船通学)の写真、恩師や懐かしい同級生の言葉などが盛り沢山つづられており、
何とも楽しかった青春の一コマ一コマが走馬灯の様に甦って来た。寝床についてからもその五十年史が離せず、
結局寝ついたのは1時を過ぎていた。

私が卒業したのは昭和41年3月、隠岐島前高等学校の1期生である。同校の創立は昭和30年であるが、
当初は隠岐高校の夜間分校として開校され、同33年には日本最初の全日制分校となった学校である。

隠岐ノ島は本土から約60キロの日本海に浮かぶ離島であり、大きく島前・島後の2つに分けられるが、この島前・
島後の間でも船で1時間以上を要した為通学は不可能。当時高校は島に2校(隠岐高校と隠岐水産高校)あったが何れも島後にあり、
島前の子供は本土の学校(松江)か島後の学校に進むしかなかったが何れも親元を離れての下宿生活を余儀なくされた。その為、
島前地区の人に取って高校誘致は長年の悲願であった。
その為に一方ならぬ努力をしたのが初代の分校主事を務めた室崎美繁先生である。
とにかく何が何でも島前に高校を、と岩をも砕く信念で、県や文部省に足を運んだと聞く。その努力が実っての50年である。
室崎先生は数年前に亡くなられたが、さぞこの50年史をみたかったのでは・・・。

When I came home from playing golf yesterday (21st, a national holiday), I received a mail from my alma mater, Okijimae High School. As soon as I opened the package…
It was the 50th anniversary of the Okijimae High School. The old wooden schoolhouse and the school boat, now without a trace
The book is full of photos of my former teacher and nostalgic classmates (who went to school on a ship after leaving the island).
Each frame of my youth, which was so much fun, came back to life like a running lantern. I couldn’t let go of the fifty-year history even after I was in bed.
It was past one o’clock when I eventually fell asleep.

I graduated in March 1966 as a first-year student of Okijimae High School. The school was founded in 1955, but the
Initially, the school was opened as a night school of Oki High School, and in 1958, it became the first full-time school in Japan.

Oki-no-jima is a remote island in the Sea of Japan, about 60 km from the mainland, and can be divided into two main islands, Shimamae and Post-jimae.
Even between the islands, it was impossible to commute to school because it took more than an hour by boat. At that time, there were two high schools on the island (Oki High School and Oki Suisan High School), but all of them were located in the back of the island.
Children from before the island had no choice but to go to school on the mainland (Matsue) or after the island, but both were forced to live in lodgings away from their parents. For this reason.
Attracting a high school has been a long-standing wish for the people of the Shimamae area.
It was Mr. Yoshishige Murosaki, who served as the first headmaster of the branch school, who made an unremitting effort for this purpose.
He went to the prefectural government and the Ministry of Education with his rock-shattering belief that he would build a high school in front of the island no matter what. It has been 50 years since those efforts have paid off.
Dr. Murosaki passed away a few years ago, but I’m sure he would have liked to see this 50-year history…

One thought on “我が母校 隠岐島前高等学校”

  1. 今日の読売新聞朝刊に島前高校の記事が大きく掲載されていました。
    町を挙げての取り組みで、島外からの留学生が増えて募集定員を2倍の80人に増やすとのことです。
    50周年を迎えて喜ばしいニュースです。
    ますますのご発展をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO