調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

墓参り

会長日記2006/03/24

先週末、関西総合調査業協会の研修会を実施。このブログでも紹介したが研修演目は、調査業法、個人情報保護法、戸籍住民票問題。

参加者は30名強。会員の大くに参加して頂けたが、会員以外の参加者も数名あり、非常に嬉しくおもった。又、今回は全くの手作りで、
外部講師は招かず理事の一部が講師役を務め実施したが、心配した割には好評で、今週数名の方より電話やお手紙で、
「業界活動に真剣に取り組んでいる姿が感じられ中々良かった・・・」とのお言葉を頂くことが出来た。
微力ではあるが今までの活動と努力が報われた思いがし、”これからも頑張ろう”と意を強くすることができた。

そんなこともあって昨日、協会の副会長を務める東田俊康氏と相談役の井上慎也氏と一緒に、
故.有本憲二氏(大阪府調査業協会会長を長年務め、業界活動に真に命をかけた人)
の墓参に京都まで出向いた。前回お参りした時は、協会の分裂騒動など大変な時季であった事もあるが、墓前に立つや否や大粒の雨、
たまらず休憩室に駆け込む、するとスッと雨が上がる、再び墓前に立つと先ほどにも増して大粒の雨。再度休憩室へ、
そんな事を3度繰り返しやっと墓参を終えた。その時も東田俊康氏と一緒であったが、二人でしみじみと、「おい、有ちゃんが泣いてるぞ・・・。
何とかしなければな・・・」と語り合ったものであった。ところが昨日は、曇の谷間からいかにも初春らしい陽の光がさし、
のんびりと時間をかけて気持ちよく3人で墓参をすることが出来た。今回は、「よく頑張っているな・・・」と、
あのニヒルな有ちゃんが少し微笑んでくれた様な気がした。

Last weekend, we held a training session for the Kansai Association of General Surveyors. As I have introduced in this blog, the training topics are the Research Business Act, the Personal Information Protection Act, and the issue of the family register of residents.

There were over 30 participants. We were very happy to have a large number of members and a few non-members participate in this event. Also, this time it was completely handmade.
We did not invite any external lecturers and some of the board members acted as lecturers.
It was good to see them earnestly working on their industry activities.
Although it’s only a small amount, I felt that all my activities and efforts have been rewarded, and I was able to make up my mind to “keep doing my best” in the future.

That’s why, yesterday, I met with Mr. Toshiyasu Higashida, vice president of the association, and Mr. Shinya Inoue, advisor.
The late Mr. Kenji Arimoto (who truly devoted his life to the industry’s activities and served for many years as the president of the Osaka Prefecture Research Industry Association)
I went to Kyoto to visit the grave of the The last time I visited the shrine, it was a very difficult time of the year because of the division of the association, but as soon as I stood in front of the grave, it was raining heavily.
I couldn’t help but run to the rest room, and then it started to rain suddenly, and when I stood in front of the grave again, it rained even more heavily. Go to the break room again.
I did this three times and finally finished visiting the grave. I was with Mr. Toshiyasu Higashida at that time, and we both said to each other, “Hey, Arichan is crying….
I have to do something about it…,” they said. Yesterday, however, the sunshine came through the cloudy valley, which is very much like early spring.
The three of us were able to take our time and visit the grave comfortably. This time, I thought, “You’re doing a great job…
I felt like that nihilistic Arichan smiled a little at me.

One thought on “墓参り”

  1. 突然、すみません。書類を整理していて、有本さんの論文が出てきました。
    有本さんのお墓参りに行きたいのですが、伏見ということしか覚えていません。私も、歳をとり、もうお礼にお墓参りに行けるとしたら、今年が最後かもしれません。伏見桃山霊園でしょうか?
    東北の震災の方にも、幸多かれと有本さんに祈ってきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO