調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

興信・探偵業研修会

会長日記2006/03/17

今日は、関西総合調査業協会研修会がある。

場所は天満橋の京阪ホテル。午後4時から6時迄で、その後懇親会を予定している。演題は、探偵業法、個人情報保護法、
戸籍住民票問題
についてである。昨年来からの三大関心事を一挙にぶつけ、研修会で皆で論議しようとの企画である。

何れも難しい問題を含んでおり、一度に解決できるようなものではないが、物言わぬ業界からの脱皮を図る足がかりになればと考えている。

調査業界には古くから「調査員は絶対に表に出るべきではない」との不文律的なものがあり、縦・横の繋がりを持たず、
人知れず活動する業界とされていた。こうした考えは業界の起源を、戦国時代の忍者に置くところから来ているようであるが、
コンプライアンスを重視される今日では到底通用するものではなく、合法的に正しい情報を入手し提供するためには、業界の社会的認知度を高め、
犯罪や不正行為の未然防止に貢献する無くてはならない業である事を広く世間に訴えて行き、
欧米先進国に見られるような社会に誇れる業界にて行きたいと願っている。

Today, there is a training session of the Kansai Research Association.

The location is the Keihan Hotel in Tenmabashi. It will be from 4 to 6 p.m., followed by a social gathering. The topics of discussion were the Detective Business Act, the Personal Information Protection Act, and
This is about the issue of the family register and residence certificate. The plan was to discuss the three major issues of concern since last year at once in a training session.

Each of them involves difficult problems and it is not possible to solve them all at once, but I hope they will be a stepping stone to break away from the silent industry.

There is an old unwritten rule in the research industry that investigators should never appear on the surface, and there is no vertical or horizontal connection between the two.
It was considered an industry that operated in secret. While these ideas seem to come from placing the industry’s origins in the ninjas of the Warring States period, the
In order to obtain and provide legitimate and correct information, it is necessary to raise the public awareness of the industry and provide the right information.
We will appeal to the public that it is an indispensable business that contributes to the prevention of crime and misconduct, and we will continue to do so.
I would like to work in an industry that I can be proud of in the society that is seen in developed countries in the West.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO