調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

光陰矢のごとし

会長日記2005/12/28

今年も後3日を残すだけ。過ぎ去った日は早いと言うが余りにも早い。1年を振り替えって、今年は何をしたか?、何があったか?、
などと毎年この時期になると考える。ところが、何故かこの歳になると年年歳歳花合い似たりで、ピンとくるものが無い。
漫然と日々過ごしてしまっているからなので有ろうが・・・。暮れに反省、新年を迎えて心機一転新たに誓いを建てるが、暮れにはまた反省。
その繰り返しで、早や還暦を迎える歳となった。ところが又、この還暦を迎える実感がまったく無い。誰しも云うことではあるが、
気持ちは未だ全くの青春。ただ、身体は正直なもので徐々にガタがきはじめたようで、
同じ年頃の人間が集まると自然と健康の話に話題移って行く。

そんな事はともかくとして、多分これが今年最後のブログとなる。そこで、自分なりに今年1年を振り替えってみよう。

直ぐにピンと来るものは無いが、よくよく考えると色々ある。先ず一つは、このブログなるものを書き始めた事であろうか。
弊社の番頭の強い要望で、「週に2回は・・」と云われたが思うほど簡単ではない。書き始めればそうでもないが、それまでが中々億劫である。
これも歳のせいなのかもしれない・・・。 内容はともかくとして、それでも何とか週1?2回のペースで書き続けることが出来た。
身内しか読まないブログではあるが、偶には、「松ちゃんの書いていること90%その通りだと思う・・・」などと声援を送ってくれる人も居た。
そんな人が一人でも居る限り、来年も書き続けて行こうと思う。

趣味の一つである読書は、今年は何と言っても浅田次郎。寝屋川図書館にある浅田次郎は全て読破したが、あの何ともいえない「情味」
には泣かされた。また、先日娘が「お父さん、この本ちょっと泣けるで・・・、」と貸してくれた、島田洋七(漫才師)の「がばいばあちゃん」
これも中々よかった。どうも映画化されるらしい。そういえば、友人の東田俊康(PIO社長)が書いた「探偵がゆく」
も中々よかった・・・(他人が見るブログなるものはこういうところが難しい)、しかし、未だ映画化の話は無いらしい。

業界的には、何といっても業法制定の動き。議員立法で成立やに思えたが、郵政民営化に伴う解散で一端はオジャン。ただ、
来年早々の国会で成立の見込み大との噂。正直、期待と不安で複雑な思いである。今ひとつ業界的には、戸籍住民票問題。
調査業従事者が行政書士等の有資格者を通じて、第三者の住民票や戸籍を入手していたことが発覚、不正入手として報道され、
解放同盟を中心とした運動団体や行政が人権問題として大きくとらえている事件である。実は、この問題は報道されているような、
単純に不正入手と一言でいえるような問題ではなく、戸籍住民票そのものの行政の取り扱いに問題があり、「何人でも請求できる」
となっているにも関わらず、有資格者にしか出さない運用に問題がある事を強く主張したい。戸籍、住民票が差別の為に使われたのであれば、
これは大問題である。だからと言って、「戸籍、住民票を非公開に」とはならない。身分を公証する公的資料は戸籍や住民票以外には無い。
それを、非公開にすればいったいどんな社会になるのか、火を見るより明らかなこと。悪い奴ほどよく眠る、
詐欺師天国の到来である
。私の持論であるが、「包丁で殺人事件を起こしたからと言って、包丁を悪とし、
その使用も製造も禁止するような事があってはならない」、
このことである。ところが、人権や差別となると、
どうもつながるものは全てダメとなるらしい・・・。そんな偏った行政だけはして欲しくないものである。

後はブログにもよく書いたが、個人情報保護法施行に伴う各企業の自己保身とマニュアル人間の台頭。人権、個人主義、
プライバシーのはき違え。「人権の行き過ぎは亡国の始まり・・・」と知人の一人が声を大にして独り言をいっているが、
人権至上主義の賢人の話を聞いていると、正直私も知人同様に叫びたくなった年であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO