調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2005/04/04

新年度スタート

実質今週より17年度の企業新年度がスタート。桜の開花と共にのスタートで幸先よし。今朝、醍醐のしだれ桜が5分咲きしているのを放映しているのを観て、エッこんなに、と云う感じでしたが、通勤途上の桜がほんの少しですが開花していました。寒風の中でしたがホッとした一時でした。

今年こそ不況脱出の年にしたい。願うのでは無く、ただ目標に向かって実行あるのみ。さすれば、結果は必ず実りあるものと信じて。

私ども調査業に直接関係する法案「探偵業の業務の適正化に関する法律案(仮称)」が、大分具体化して来たようです。要綱の骨子案なるものも既に出来ているようですが、未だまだ検討課題は山積しています。一部ではつくることが先決との考え方も有るようですが、出来てからの修正は難しい。この問題に関しては、業界が一致団結して当たるしかありません。勢力争いをしているような時ではない。少しでも多くの方のご意見が頂けたらと思っています。

In effect, the new fiscal year of FY17 started this week. It’s a good start with the cherry blossoms. This morning, I saw a broadcast of the shidare cherry blossoms in Daigo, which had bloomed for five minutes, and I felt like I was in such good shape. It was cold and windy, but it was a relieving moment.

I want this year to be the year we get out of the recession. It’s not about wishing, it’s about working towards the goal. Then you can be sure that the results will be fruitful.

It seems that a bill directly related to our investigative business, the “Law for the Proper Operation of the Detective Business” (tentative name), has taken shape. It seems that the draft of the outline of the outline has already been made, but there are still a lot of issues to consider. Some people seem to think that the first step is to make it, but it is difficult to revise it after it is finished. The only way the industry can come together on this issue is to hit the ground running. This is not the time to be fighting for power. I would like to get more opinions from as many people as possible.

デフォルト画像

会長日記2005/04/01

個人情報保護法が本日より施行

今日4月1日より、弊社の大番頭に命ぜられ社長ブログをはじめることになりました。社長はつらい、トホホ・・。

小生、松谷廣信は、今話題の竹島問題で知られる隠岐島(島根県)の島前(西ノ島町)出身。31歳で弊社?企業サービスを起業。法人、個人の各種信用調査をメインに26年間一貫して調査業を営んでいます。

大学卒業以来ただただこの調査の仕事しか知りませんが「石の上にも3年」、何とか細々ではありますが3度の食事と1杯の晩酌ができるようになりました。零細企業ではありますが北は北海道から南は沖縄まで全国主要都市に調査情報ネットを築き、あらゆるお客様のニーズに応えるシステムを構築しております。

何か、お悩みごと、ご相談ごとが御座いましたら、お気軽にメールなりお電話なり下さいませ。私もしくは営業担当の者が懇切丁寧にお答えするはずです・・。

さて、本日4月1日より個人情報保護法が施行されました。私ども調査業に取りましては、この法の運用は一大関心事です。元々はコンピュータ普及による情報化社会の中で、個人情報の大量流出などから個人に思わぬ不利益がもたらされるなどの危惧があり、その管理が問題化した事から、適正な管理を法で義務付けようとしたものです。この事は人権、プライバシーの観点からも当然の事であり、法制化は必然と思います。ところが、法施行が近づくにつれ、日本人の利己主義からなのか、事無かれ主義からなのか、この法施行で一儲けを企んでいる誰かが仕掛けたのか、よくは判らないが、一寸反応し過ぎではと思える事があらゆる場面で出てきている。例えば、「あらゆる個人情報は本人の承諾無しには話してはいけない」と解釈している人もいるようで、何を尋ねても「それは個人情報ですから・・・、申し訳ありませんが何もお話しできません・・」等とのたまう人が非常に多くなっている。例を上げれば切りがないが、このままだと多分、日本は詐欺師集団の天国となり、犯罪天国も間近になるかも知れない。だって、「自分は東大出の大蔵官僚」と名乗ろうと、「一流商社のトップ営業マン」と宣伝しようと、それを第三者が調べる事が不可能になるからです。第三者が本人が言っている事が正しいのか確認したくても、所属先は「本人の承諾を証明するものが無ければ何もお答えできません」というのが正しい答えとなっているからです。これを逆手に取れば、嘘の言い放題、詐欺のし放題です。もう少し、事なかれ主義に走らず、何が正しく何がおかしいか、少し真剣に皆で考えてみませんか・・。

Today, April 1st, I was ordered to start the president’s blog by the head of the company. It’s hard to be a boss, huh?

I, Hironobu Matsutani, was born in Shimamae (Nishinoshima-cho) of Oki Island (Shimane Prefecture), known for the current hot topic of the Takeshima issue. He started his own company service at the age of 31. We have been conducting credit checks for 26 years, mainly for corporations and individuals.

Since graduating from university, I’ve only known about this research work, but I’ve been “three years on a stone” and somehow I’ve been able to have three meals and one drink in the evening, albeit in a very small way. Although we are a small company, we have established a research information network in major cities throughout Japan, from Hokkaido in the north to Okinawa in the south, and we have built a system to meet the needs of every customer.

If you have any worries or concerns, please feel free to email or call me. I or one of our sales representatives should be able to answer your questions in a very polite way.

Today, the Personal Information Protection Law went into effect on April 1. For us in the research industry, the application of this law is a matter of great concern. Originally, in the information society due to the spread of computers, there was a concern that the mass outflow of personal information could cause unexpected disadvantages to individuals, and the management of such information became a problem. This is natural from the point of view of human rights and privacy, and I think it is inevitable that this will be enacted into law. However, as the enforcement of the law gets closer and closer, I am not sure if it is out of selfishness on the part of the Japanese people, or if it is out of nothingness, or if someone is trying to make a buck by enforcing this law, but I think we are reacting a little too much to it. For example, some people seem to interpret that “any personal information must not be spoken without the consent of the person”, and no matter what you ask, there are a lot of people who say, “That’s personal information…, I’m sorry, but I can’t tell you anything…” and so on. The examples are endless, but at this rate, maybe Japan will become a paradise for crooks and a criminal paradise is on the way. That’s because it would be impossible for a third party to investigate whether you call yourself “a finance bureaucrat from Tokyo University” or “a top salesman of a leading trading company”. Even if a third party wants to confirm that the person is correct, the correct answer is that the company to which the person belongs cannot answer anything without proof of the person’s consent. If you turn this around, you can tell lies and cheat as much as you want. Why don’t we all think a little more seriously about what’s right and what’s wrong, instead of being a bit of an “it doesn’t matter” kind of person…

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る