調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/10/03

同窓会

9月29日~30日にかけて1泊2日の同窓会が琵琶湖の畔で開催され、参加してきた。

この同窓会は、昭和38年3月黒木中学校(隠岐郡西ノ島町)を卒業した同期の会である。卒業生は総勢120名、内参加したのは17名。少し寂しい感じではあるが、古希を迎えてからは毎年やろうと云うことになり、都合がつく人だけが気楽に集まっているという感じで、特に大々的なものではない。

この同窓会は30年前、42歳の厄年に集まったのがきっかけで、以後5年に1度開催してきた。流石に当初が一番多く約半数の60名強が出席。以後も30~40名は集まっていたが、寄る年波には勝てずというか徐々に参加率は下がり、今では20%を切るまでになっている。

ただ中学の同窓会などというのは、幾つになっても同じ。70歳を過ぎた老男老女が一瞬にして15歳に幼児帰りし、○○ちゃん、○○ちゃんと呼び合い、笑い声が絶えない非常に楽しい集まりとなる。

故に小生は、同窓会と名の付く集まりには全て参加することにしている。自慢であるが、如何なる同窓会にも欠席したことが無く、100%出席の優等生である。在学時のサボりをキッチリとカバーし収支を合わせているのである。

そうできるのも健康に恵まれ、家庭や仕事にも恵まれ、時間的にも自由が利くという非常に恵まれた環境の中に身を置いているが故と心得、日々ありがたく、どんなことがあっても感謝の念だけは持ち続けなければと常々思っている。

The reunion was held on September 29 and 30 at the shore of Lake Biwa.

This reunion was held for the same class of students who graduated from Kuroki Junior High School (Nishinoshima-cho, Oki-gun) in March 1963. The total number of graduates was 120, of which 17 participated in the event. It’s a little lonely, but we decided to do it every year after the age of 60, and only the people who can afford it get together comfortably, and it’s not a big deal.

This reunion was triggered 30 years ago when I was 42 years old and has been held every five years ever since. As expected, more than 60 people, half of whom were present at the beginning, were the largest number. Since then, 30-40 people have gathered, but the participation rate has gradually declined, and now it is less than 20%.

But it doesn’t matter how old you are, junior high school reunions are just like any other reunion, where old men and women in their seventies return to their fifteenth year as toddlers and call out to each other and laugh incessantly.

Therefore, I attend all gatherings that are called reunions. I am proud to say that I have never missed any reunion and I am a 100% honors student. He has been able to cover his skips while he was a student and keep his balance.

I am blessed with good health, a good family and job, and a lot of freedom in terms of time.

デフォルト画像

会長日記2019/09/26

調査業教育研修会

3週間のご無沙汰。気にはなっていたが更新する時間が取れず、明日は、明日はで結局3週間のご無沙汰という事のなってしまった。多分誰も気にはしていないでしょうが・・・・。

前回のブログで、田舎に帰り船釣りを楽しんだ事を書いたが、実は帰阪する朝、お墓参りをしての帰り道、ゆるい下り坂でコケに足をとられ思いっきりスッテンコロリ、後ろ手をついて一応頭は護ったが、左腕の靱帯損傷で全治数か月。神も仏もあるものか?、トホホ・・・・。

ところが帰阪以後、業界関係の所用で大忙し。帰阪した翌週は北海道で全国調査業協会連合会の教育研修会を開催。翌週は東京で、東京都調査業協会の教育研修会が開催され、これもお付き合いで出席しなければならず、その週末からは2泊3日で天風会名古屋の会が主催する研修会が岐阜の恵那山荘で開催され、これにも参加してきた。

よって中々時間が取りにくかったのも事実。

 

田舎の家から撮影した日の出。山は後督山。

IMG_0284

 

9月2日20時~22時撮影。中秋の名月の前の日、待ちに待った月下美人が咲き始めた。この月下美人、一年に一度、8時間くらい今日を限りと咲き誇る。極めて儚い命であるが、それだけにり何とも言えずひきつけるものがある。

IMG_0293

 

IMG_0294

IMG_0317

 

 

IMG_0318

旧北海道庁舎

IMG_0328

 

 

IMG_0321

 

It’s been three weeks. Although I was concerned about it, I couldn’t take the time to update it, and tomorrow will be tomorrow, which means that I haven’t seen it for three weeks after all. Maybe no one cares, but…..

In my last blog, I wrote about how I enjoyed boat fishing back in the countryside. In fact, on the way back from Osaka in the morning after visiting a grave, I was caught by a moss on the way back from a downhill slope. Is there a God or a Buddha? No, no, no, no.

However, after returning to Osaka, I was very busy with business-related matters. The week after I returned to Osaka, I held an education and training session for the National Federation of Surveyors’ Associations in Hokkaido. The following week, I had to attend an educational training session of the Tokyo Surveyors Association in Tokyo as a companion, and from that weekend, a training session organized by the Tenpukai Nagoya Association was held at the Ena Villa in Gifu over two nights and three days.

Therefore, it is also true that it was difficult to take the time.

A sunrise taken from a country house. The photo was taken from 20:00-22:00 on September 2. On the day before the famous moon in mid-autumn, the long awaited moonlight beauty began to bloom. This moonlight beauty blooms once a year for about 8 hours only today. It is an extremely ephemeral life, but there is something inexplicably compelling about it all.

デフォルト画像

会長日記2019/09/10

隠岐の鯛釣り

先週一週間は田舎(隠岐)に帰っていた。そうーどうしても「帰っていた」になるんだな・・。田舎を離れはや50年になるが、田舎の人も小生の顔をみると、「かえらしゃんしたかの・・」と声を掛けてくれる。すると当然のように、「はい、帰りました」と返事する。

それが故郷なんだな・・・。

今回は割と天候に恵まれ、1週間のうち3日船釣りでた。2日間は蓮子鯛釣り、水深100メートルのところで汐帆を流し、エビでタイを釣る。これが殆ど入れ食い状態。釣り糸を下ろし底につくかつかないかでググっとくる、一丁あがり。ところがここで上げてしまうと成果は一匹。ところがベテラン漁師は少なくとも2匹3匹にしてあげる。一匹で100メートルあげるのと、2,3匹で100メートルあげるとでは、成果は当然のことながら2倍3倍違ってくる。しかし、素人はそうはいかない。一匹かけて次を待つと、そのうちかけた1匹にも逃げられ、あげてみるとエサは全て取られて無いなどと言うのがザラにある。ここの駆け引きが難しいが、それでも2日間で150枚程のタイを釣り上げることができた。

後の一日は、ボッカ釣りに挑戦。雨模様で波も高かったことから、外海に出るのをあきらめ内海でながしたが、魚影は薄く、アカミズ1匹とボッカ2匹におわったが、それでも小生にとっては大満足。

I was back in the country (Oki) for a week last week. I guess I’m going to be “back home”… It’s been 50 years since I left the countryside, but people in the countryside still call out to me when they see my face, saying, “It’s over! Then, as a matter of course, he replies, “Yes, I left.

It’s home….

We had good weather this time and fished three days out of the week on a boat, two of which were spent fishing for sea bream and catching tie with shrimp in 100-meter-deep water on a tide sail. This is almost a state of eating. It’s a good way to catch a fish. However, if you raise it here, you will only get one fish. Veteran fishermen, however, will give you at least two or three fish. Naturally, the results will be two to three times as good as if you were to lift 100 meters with one fish or 100 meters with two or three fish. However, the layman is not like that. If you put one fish on the table and wait for the next one, one of the fish you put on the table will run away, and when you give it to him, he will say that all the bait is not taken. It is difficult to play the game here, but we still managed to catch about 150 ties in two days.

Later in the day, we tried bocca fishing. Because it was raining and the waves were high, I gave up going out to the open sea and floated in the inland sea, but the shade of fish was thin and I had only one redfish and two bokka.

デフォルト画像

会長日記2019/08/28

隠岐の島町関西ふるさと会

今週日曜日、「隠岐の島町関西ふるさと会」の第4回総会が、梅新のアサイドライにて盛大に行われた。出席者は総勢180名。

何時もながらの大変な賑わいで、舞台は、歌や踊りで賑わっているが、客席は客席で話に花が咲き、それぞれが勝手に楽しんでいると言った感じ。

どことも同じだが、故郷を同じくする人の会は、何とも言えない独特の味がある。

 

IMG-0275

IMG-0278

IMG-0276

This Sunday, the 4th general meeting of “Kansai Furusato Association of Oki Island Town” was held at Asai Dry in Umeshin. The total number of attendees was 180.

The stage was crowded with songs and dances, but the audience was having fun in the audience seats as the flowers bloomed and each person seemed to be enjoying themselves.

It’s the same as anywhere else, but there’s something indescribably unique about a group of people who share a hometown.

デフォルト画像

会長日記2019/08/20

東寺長者、大僧正砂原秀遍大和尚本葬儀

昨日8月19日午前11時より東寺長者、砂原秀遍大和尚の本葬儀が東寺の食堂で厳かに執り行われた。

砂原秀遍大和尚は、島根県隠岐の島町の出身。小生は、郷里を同じくする縁から、生前には何かと可愛がってもらい、我が家の床の間には、真言宗総本山教王護国寺第二百語十六世長者砂原秀遍と烙印された、徳川家康公庭訓が掲げられている。我が家の自慢の宝である。

そんなご縁もあり、本葬儀にお参りさせてもらった。想像はしていたが、葬儀会場に赴いてビックリ。京都のお坊さんが一挙に会したかのごとくで、何百人か何千人かわからないがとにかくすごい数の僧侶が参列していた。

30度を超える灼熱の中、会葬者が延々と続き、焼香だけで一時間を要するものとなったが、厳かな、それは立派な葬儀であった。

Yesterday, August 19, at 11:00 a.m., the funeral service for the priest of Toji Temple, His Holiness Shuben Sunahara, was held solemnly in the dining room of Toji Temple.

Sunahara Shuben was born in Oki, Shimane Prefecture, Japan. In the alcove of our house, there is a statue of Hidehen Sunahara, the 16th head of the Shingon sect at Gokokuji Temple, the head temple of the Shingon sect. It is the pride and joy of our family.

Because of this connection, I visited the funeral service. I had imagined it, but when I went to the funeral hall, I was surprised. I don’t know if it was hundreds or thousands of people, but there were many monks there.

In the scorching heat of over 30 degrees Celsius, the mourners went on and on, taking an hour just to burn incense, but it was a solemn and noble funeral.

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る