調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

中村天風ー一日一話

会長日記2020/02/20

今朝は体調悪く、中々ふとんから出れずにいた。ふと横を向くと、黒表紙の単行本が目に入った。表紙の色が気になり手にすると、「絶望名言」(頭木弘樹)との題字が目に飛び込み、周りに、「明けない夜もある」「人生地獄よりも地獄的である」「あきらめとは なんと悲しい隠れ家だろ」などの絶望的な言葉がられつされている。つい斬新な表紙につられ、興味本位に読み始めた・・・。カフカ、ドフトエフスキー、太宰治、芥川龍之介の悲観的な言葉「絶望名言」が紹介され、筆者(頭木弘樹)と川野一宇との対談形式で構成されている本であった。どうもNHKのラジオ深夜便で放送された内容を執筆したものようであるが、これはこれでそれなりに興味深く面白い本であった。

 

実はその「絶望名言」とは全く逆の真理として紹介したいのが、中村天風哲人の「積極精神の養成」である。天風先生の教義は、天風哲学と心身統一法からなるが、いずれも日々の生活に根ざした日常生活道であり、目覚めから寝ぎわまで日々いかに過ごすかが重要な教えとなっているが、今、天風会本部のホ-ムページから「中村天風 一日一話」をダウウロードすると、毎朝、天風先生の言葉に接することができる。

是非この一日一話に日々目を通されることをおすすめします。もしかしたらあなたの生き方が変わるかも・・・。

因みに今日の一日一話を下記に添付します。ご一読あらんことを希う・・。

元気と勇気が湧いてくる、哲人の教え366話
2020/2/20 まことの我は命そのもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「我ありと、感ずる我は、仮の我、
まことの我は、見えず、感ぜず」
これは日本の禅家の歌ですが、
ヨーガの哲学のほうは、
もう少し崩れた言い方をしています。
「我ありと思えるものは仮の我、
まことの我は命そのもの」と、
ヨーガの哲学は言っている。
命そのものを働かせているものが
自分なんだ。
肉体が
命そのものを働かせているんじゃない。
命そのものの力が肉体を生かしている。
中村天風
——————————————
天風メルマガ「中村天風 一日一話」は
中村天風著作のなかから特に大切にしたい
言葉を収録した書籍『中村天風 一日一話』
から転載しています。
本日の一日一話の出典は
中村天風講演録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「あなたの本当の正体は何か?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(以下、『心を磨く』第1章より引用抜粋)
「あなたの本当の正体は何か?」
あなた方、自分というものの正体、
なんだか考えたことあるかい?
本当の自分というものの正体は
学問的に言うと、
真我の本質ということになりますね。
人生を考える考え方が無学だと、
形の見えている体が自分だと思います。
真我の本質、本当の正体とはね、なんと、
目に見えない、つかまえることもできない
一つの気体。
これが真我の本質。
これが本当の自分の正体。
中村天風 | 一日一話

 

I didn’t feel well this morning and couldn’t get out of my futon. When I turned to the side, I saw a black-covered book. When I picked up the cover, I was curious about the color of the cover, I saw the title of the book, “Despair Words” (Hiroki Headoki), surrounded by desperate words such as “There are nights that never dawn”, “Life is more hellish than hell”, “What a sad retreat to give up”. I was fascinated by the novelty of the cover and started to read it with interest… It was a book that introduced the pessimistic words of Kafka, Doftsevsky, Dazai Osamu, and Akutagawa Ryunosuke, and consisted of a dialogue between the author (Hiroki Headoki) and Kawano Kazutaka. This book is interesting and entertaining in its own way, although it seems to have been written from a late night radio broadcast by NHK.

In fact, I would like to introduce Tetsujin Nakamura’s “Cultivating a Positive Spirit” as the exact opposite of the “Famous Words of Despair”. His doctrine consists of the Tenpou philosophy and the unification of mind and body, both of which are daily life paths rooted in our daily life.

I encourage you to keep a daily eye on this one story a day. Maybe it will change the way you live…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る