調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/01/10

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いたします。

 今年の三が日は天候に恵まれ、気持ちの良い和やかなお正月になりました。正月休みも暮れの30日から6日までと長く、ゆったりとした日々を過ごすことができました。7日から通常業務がスタートしましたが、早々に相当件数の初荷も届き、幸先の良い仕事始めとなりました。

 そこで初ブログは、「新年の抱負」と題し、確り書かなければ成らないところですが、雑事に追われ時間が取れません。先ずは全国調査業協同組合の会報誌に載せる原稿を添付し、お茶を濁すことにします。あしからず。

 その次は、全国調査業協会連合会の原稿を添付しようかな・・・。

 

 調査業に誇りを

                                                                                     松谷 廣信

新年明けましておめでとうございます。

今年一年が組合員の皆様にとりまして、素晴らしい年になりますようお祈りいたします。

今年は亥年、小生の七回目の当たり年。23歳でこの業界に入り、早や48年。ただ一途に前を向き、一心に突き進んで来た様に思います。山あり谷あり、色々ありましたが、何とかこの歳まで頑張ってまいりました。

振り返ってみるに、この間、業界にとって最大の難関は、昭和50年の地名総監事件ではなかったでしょうか。その後に起こった「調査お断り運動」の猛威。過去是ほどまでに猛威を振った市民運動があったであろうか?と思うほどで、調査業界への風当たりは、昨年の台風21号をも凌ぐものでした。

しかし、我が業界は生き抜きました。猛省に猛省を重ね、調査を差別につなげてはならない。差別につながる調査は根絶する、との強い信念を持ち、協会を立ち上げ、組合を結成し、「部落差別は、しない、受けない、やらせない」を旗印に邁進して参りました。結果、現実に部落差別につながる様な調査は、完全に消滅したとの確信を持てるまでになりました。ところが、行政の一部にはその現実をみず、未だに、「人事調査は差別につながるおそれがある」として、調査をしないようにとの行政指導を展開している部署があります。非常に残念なことです。

この業界を忍者に例え、何があっても、ただただ忍の一字で耐えるのがベターと主張する人も居ますが、今年は亥年。調査業の有用性をもっともっとアピールし、人と人、企業と企業、人と企業との結びつきを円滑にし、トラブルを未然に防止するに必要不可欠な仕事であることを、一人でも多くの方に知らしめる必要があります。その為には、組合員が一丸となって、前を向いて活動していかなければならないと思います。

微力ではありますが、皆様と一緒に少しでも前を向いた活動をして行きたいと思います。宜しくお願い致します。

Happy New Year to you! We look forward to seeing you again this year.

We were blessed with good weather on the first three days of the New Year. We had a long holiday from the 30th to the 6th at the end of the New Year, so we were able to spend our days in a relaxed manner, and we started our normal work on the 7th.

Therefore, my first blog is titled “New Year’s resolution” and I have to write it firmly, but I can’t take time because I’m busy with miscellaneous things. First of all, I will attach a manuscript to be published in the bulletin of the National Surveyors Cooperative Association, and then I will muddy the waters. No offense.

Next, I’ll attach the manuscript of the National Association of Surveyors’ Associations….

I’m proud to be a researcher.

Hironobu Matsutani

Happy New Year to you!

We wish all of our members a great year ahead.

This year is the year of the boar, my seventh year in the industry, and it has been 48 years since I entered the industry at the age of 23. I think they just faced forward single-mindedly and moved forward with one mind. I’ve had my share of ups and downs, but I’ve managed to make it to this age.

In retrospect, the most difficult case for the industry during this period was the case of the Chief Commissioner of Land Names in 1975. What followed was the fury of the “no investigation” movement. Has there ever been a citizen’s movement so fierce in the past? The impact on the research industry was even greater than that of last year’s Typhoon No. 21.

However, our industry has survived. We must be vigilant in our reflection and not let the investigation lead to discrimination. With a strong belief that investigations that lead to discrimination will be eradicated, we established an association, formed a union, and pushed forward under the banner of “Do not discriminate against Buraku, do not accept it, and do not let it happen. As a result, I have become convinced that any investigation that would lead to real-life tribal discrimination has completely disappeared. However, some departments in the government do not see the reality of the situation, and are still issuing administrative guidance not to conduct personnel investigations on the grounds that they may lead to discrimination. It is very unfortunate.

Some people compare this industry to a ninja and insist that no matter what happens, it is better to just endure it with one character of shinobi, but this year is the year of the boar. We need to make more and more people aware of the usefulness of the research industry and that it is an indispensable job for smoothing the relationship between people and people, companies and companies, and people and companies, and for preventing problems from occurring. In order to do so, I believe that the union members need to work together and look forward to the future.

Although it is only a small part, I would like to work together with you to make your activities more positive. Thank you very much for your cooperation.
*** Translated with www.DeepL.com/Translator (free version) ***

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る