調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

個人の「社会信用度」 評価

探偵のぼやき2017/12/28

私は、「文藝春秋」の愛読者で、早や読み始めて半世紀を越えてしまった。ただ、若い頃は結構興味深く、発売日が楽しみであったが、何故か近年はそうでもない。歳とともに徐々に好奇心が薄れ、感性も鈍り、興味深く本を読むことが劣ってきた為かもしれない。ただ今月号(2018年1月号)は久しぶりに興味深く読ませていただいた。中でも、「新世界地政学」(船橋洋一)欄に、“エッそうなんだ”と、軽いカルチャーショックを覚えた。

(その記事の抜粋)

「中国では、個人の『社会信用度』を評価するビジネスが急成長している。レンタル自転車の返却時間に間に会わなかったり、コンピュータゲームにはまったり、ポルノを見たり、飲酒運転をしたり、借金を踏み倒したりすると、社会信用度が減点と成る。全体として評価が低いと、自転車のレンタル契約が拒否され、海外旅行の許可が降りなくなり、就職や転職、さらには結婚にもマイナスになる。アリババ系(中国のトップ企業)の芝麻信用はじめ数社がこの分野に進出している。学歴、職歴、マイカー・住宅・資産の保有状況、過去の支払い履行実績、消費行動などの領域で信用を点数化、信用度を350~950点の範囲で格付けし、本人にも公開する。そこでの信用度が上がるとプラスになるため、積極的にこれらの領域の情報を入力する人が既に数億人に達しているという。中国共産党もこれを奨励している。信用の“見える化”をテコに品行方正な人民をつくり、体制安定に役立てたいからである。・・・・」との記事。

皆さんはこの記事を見てどう感じるでしょうか?。私は正直驚いた。余りにもの日本との違いに!。

日本の現状を敢えて記す事も無いと思うが、何でもかんでも個人情報。個人情報は第三者には漏らしてはダメ、プライバシーは勿論のこと、氏名、住所、経歴は勿論、本人が提出した履歴の確認さえままならない。それ故、求職者のこと、結婚相手のこと、取引相手のこと等々、知りたいことの全てがシャットアウトされ、“見える化”などはもっての他。そうした現状を承知してか、経歴詐称は蔓延し、詐欺も横行(詐欺師は、自分の経歴を誤魔化す事から始める)。マスコミで騒がれない以上、大体のことは隠し通せる社会が構築されつつある。それゆえか、自分の行いに責任を持たず、過去は全て隠せるものと思う面々が横行している。

情けないの一語である、が、今の日本は「個人情報保護」一色で、何のための保護かは考えもせず、個人情報は漏らしては成らないの一点張りで、利己主義が横行してしまっている。

江戸時代の五人組制度を是認するわけではないが、ある程度の「見える化」は必要で、世間体なども自己陶冶の一助になると考えるのは私だけでは無かろう・・。ただ、本音を言えば、唇寒しで、人権、プライバシー、個人情報を口にすれば、時代の先端を行く文化人と思われているようである。

時代に逆らう様ではあるが、調査業界に身をおくものが痛切に感じる、社会への提言である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO