調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

帰郷報告、その1

会長日記2016/09/23

9月15日夕方5時5分別府港(隠岐郡西ノ島町別府)着。下船するとすぐに明日の釣りに備え、釣り餌を調達。何時もの通り、その日は親戚宅で夕食をごちそうになり、ご満悦で真っ暗な我が家に帰宅。何時もながら、誰もいない家に帰るのは、一抹の寂しさが有る。が、これは仕方ない。一通り電気を点けると、すぐに海岸へ。「夜さぜ」と称する漁に着手。サザエが夜になると何を求めてか、手で掴み取りできるくらいの所まで上がってくるので、懐中電灯を手に、タモでそれを救い採るのである。多いときは1時間くらいで30・40個は採れるが、何故か当日は不漁で10個程しか取れなかった。それでも、家に持ち帰るなり、刺身にして酒の肴とする。至福のひと時である。

翌朝6時起床、ひと通りあさの行事(天風会体操など・・)を行い、簡単な朝食を取り、漁に向かう。マイボートに乗り込み、イザ漁場へ。ほぼ20ノットのスピードで約40分。島前と島後のほぼ中間点、推進100メートルの秘密のポイント着。潮帆と称する落下傘の様な帆を海に投げ込み、船の流れを止め、いよいよ釣り開始。針は5本、錘120グラム、鉛が底に着くか否かでググッ、ググッとくる。何とも言えない感触である。この感触を味わいたくて、遠路、隠岐へ帰るようなもの。電動リール使用であるが、それでも巻き上げるのに数分はかかる。一挙にレンコ鯛2枚、肩も20〜30センチ程の結構いい型であった。後は、下しては上げの繰り返し、所謂入れ食いである。当日は、アジ、サバ、レンコ鯛と魚種も豊富で、中々の成果であった。余り釣りすぎても後の処理に困るため、2時間ほどで漁場を後にした。

これ本当の話し・・・。 隠岐は良いとこ一度はおいで(^^♪・・・。

 

It arrived at Beppu Port (Beppu, Nishinoshima-cho, Oki-gun) at 5:05 p.m. on September 15. As soon as we disembarked, we got some bait for tomorrow’s fishing. As usual, we had a dinner at a relative’s house that day, and came home to our house in the dark with full of joy. As always, there is a little bit of sadness in returning to an empty house. However, this can’t be helped. After turning on the lights, we went straight to the beach. They started fishing in what they call “night saze. At night, the turban shells come up to the point where they can be grabbed with their hands for what they want, so they save them with a flashlight and a rope. When there is a lot of them, we can get 30 or 40 in an hour, but for some reason we could only get 10 because of poor fishing that day. Even so, I take it home or serve it as sashimi as a snack for sake. It was a blissful moment.

The next morning, we woke up at 6:00 a.m., went through the morning’s events (Tenpukai gymnastics, etc.), had a simple breakfast, and went fishing. We boarded my boat and went to the Iza fishery. About 40 minutes at a speed of almost 20 knots. We arrived at the secret point of 100 meters of propulsion, almost halfway between before and after the island. A tidal sail, which looks like a parasol, is thrown into the sea to stop the current of the boat and finally the fishing begins. Five needles, 120 grams of weight, and the lead will gurgle and gurgle depending on whether it hits the bottom or not. It’s an indescribable feeling. It’s like going all the way back to the Oki Islands just to taste this feeling. It is an electric reel, but it still takes a few minutes to reel it in. It was a pretty good type with two sea bream and a shoulder of about 20 to 30 centimeters at a time. The rest of the day was a series of losses and then ups and downs, so to speak. There were many species of fish such as horse mackerel, mackerel and sea bream, and it was a good result. We left the fishing grounds after about two hours because we had trouble processing the fish after fishing too much.

This is the real story… The Oki region is a good place to visit at least once (^^).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る