調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

身元調査と個人情報

未分類2014/12/04

容疑の段階ではあるが、これが事実とすると、心底ゾッとする。

そう、今、井戸端会議の最高の話題ではないかと思われる筧千佐子容疑者事件。マスコミ報道によると、結婚相談所を利用し、一寸した資産家の男をかどわかしては結婚を繰り返し、数億の遺産を取り込んでいたという。しかも、その数、少なくとも7人におよび、何れの男性も結婚数か月で、病死なり事故死なりで他界しているというもの。

これが事実とすると、世の男どもは・・・。

中には、好きになった女に殺されるのであれば、それも本望、とのたまう人も居るかもしれないが、大半の男どもは、女性恐怖症に陥り、枕を高くして寝ることが出来ないのでは。

近年、老後の不安と寂しさから、還暦を迎えてからの結婚も結構増えているようである。しかし、今後は二の足を踏む人が増えるのでは、と思われる。

それもそのはず。人を好きになるのはいいが、実際は、その人がどんな人なのかを知ることが、今の社会では、とんでもなく難しくなっている。

貴方が、筧千佐子容疑者と知り合ったとしましょう。2・3回お会いし、何となく良いなと感じ、結婚でもと思い、そこで、この人のことを知りたいと思う。ところが、今の日本では、容易な事ではない。

結婚相談所の紹介であれば、少なくとも戸籍の確認位はしているでしょうが、その戸籍も2・3回転籍を繰り返しておれば、出生事項くらいしか分からなくなり、過去の結婚歴は見えなくなってしまう。それはそうとしても、ただ単に住所、氏名、年齢などの、単なる個人識別情報の確認すら難しい。

住所を証明する住民票も取れなければ、その人が誰なのかを証明する戸籍も見れない。「私は何処の出身で何大学を卒業、以後、某会社に勤務し、しかじかの地位にあった。預金は数千万円」等と本人が話したとしても、それを確認するすべは全て、個人情報保護法や戸籍法、住民基本台帳法の、歪んだ運用の下で、不可能に近い状況になっている。

大学も企業も普通の方法では第三者は確認するすべがない。全て個人情報保護を理由に応じない。役所も同じ。

従って、筧千佐子に殺された男性を、「鼻の下を伸ばして…、とか、軽はずみに・・・」などと云う人はいるかもしれないが、実際は、疑いを感じていても、調べるすべが一般の人からは取り上げられている。

うがった見方をすれば、人権を錦の御旗とし、個人情報保護を最優先する今の社会が、筧千佐子容疑者事件を後押ししたと云えなくもない。人権を叫び、個人情報保護を叫ぶ結果、人の命という最大の人権を侵す結果につながっている。

だって、一般には、筧千佐子女史の過去の結婚歴も事故歴も何も調べる事は出来なくなっている。役所は、結婚のケの字を出せば、住民票も戸籍も第三者には絶対に交付しない。何のための住民票や戸籍やら・・・。税金徴収の為には必要欠くべからざるもの、国が国民を管理し保護するためには、必要欠くべからざるもの。そして、公務員は業務上であれば、簡単に確認することができる。ところが、一国民は、結婚を前提に交際していても、相手のことを客観的に知ることが出来ない。知るためには、本人に聞くしかないが、聞いたことが本当か否かを公に知るすべは閉ざされてしまっている。理由は、人権保護、個人情報保護、プライバシー保護。

誰も、自分のことが自分が知らない間に誰かに知られると云うのは、あまり良い気はしない。そこで、制度的に人権保護、個人情報保護、プライバシー保護を行政がキチッとやってくれる事には大賛成と賛同する。ところが、必要に迫られ、相手の事を知ろうと思っても、何一つ公には知ることが出来ない。住所、氏名、生年月日、親子関係、夫婦関係、結婚歴、離婚歴、学歴、職歴、全てシャットアウトされており、本人に聞くしかない。ところが、聞いたことが本当か否かを確認することは普通にはできなくなっている。

本当にこんな制度が人権を護ることなのでしょうか・・・?。

正当な理由があれば、調べる事ができるシステムを開いておかなければとんでも無いことになる。

ご存知ですか、最近、東大卒や京大卒が非常に増えていることを?。

筧千佐子事件は、たまたま表に出たが、ここまで酷いのは少ないにしても、似たケースは相当有ると思われる。

私が知る限りでも、結婚相談所の紹介で結婚し、2年足らずで3億円近い資産(現金と不動産)を取り込み、夫をいびり出し、離婚した女性が居る。

「朝のこない、夜はない」。そう、それを信じて叫び続けよう・・・・。

 

It’s at the stage of being suspected, but I shudder to think that it’s true.

Yes, the case of Chisako Kakehi, a suspect, seems to be the top topic of conversation at the well end of the day. According to media reports, he used a marriage agency to lure a man with a small fortune to marry again and again, amassing an inheritance of hundreds of millions. Moreover, at least seven of the men have passed away, all of them within a few months of marriage, due to illness or accident.

If this is the case, then the men of the world…

Some men might say that they would love to be killed by the woman they love, but most men are so gynophobic that they can’t sleep with their pillows high.

In recent years, the number of marriages after reaching the age of 60 seems to be increasing due to the anxiety and loneliness of old age. However, I suspect that more and more people will be on the fence in the future.

That’s the way it should be. It’s fine to like a person, but the reality is that it’s become ridiculously difficult in today’s society to know what kind of person he or she is.

Let’s say you met Chisako Kakehi two or three times and you felt that you liked her, and you wanted to marry her. However, in today’s Japan, it is not an easy task.

If you are introduced to a marriage agency, they will at least check your family register, but if you have repeatedly transferred your family register two or three times, you will only know your birth information and your past marriage history will not be visible. Be that as it may, it is difficult to even verify mere personal identifying information such as address, name, and age.

If you can’t get a certificate of residence to prove your address, you can’t see your family register to prove who you are. Where I came from, how many universities I graduated from, and since then I’ve been working for a certain company, and I’ve been in an odd position. Even if the person tells us that he has a deposit of tens of millions of yen, everything we can do to verify it has become nearly impossible under the distorted operation of the Personal Information Protection Law, the Family Registration Law, and the Basic Resident Registration Law.

There is no way for a third party to verify this in the usual way that universities and companies do. All of them do not respond to privacy reasons. The same goes for government offices.

Therefore, some people may say that the man killed by Chisako Kakehi stretched out under his nose, or that he was thoughtlessly murdered.

The Chisako Kakehi case could be seen from an unbiased perspective as a result of today’s society that prioritizes the protection of personal information under the banner of human rights. Shouting for human rights and crying out for the protection of personal information has led to the violation of the greatest human right of all: human life.

The public can’t find out anything about Chisako Kakehi’s past marriage and accident history. The government will never issue a residence card or a family register to a third party as long as they put out the letter “Ke” for marriage. What is the purpose of a residence certificate, family register, etc… It is a necessity for the collection of taxes and a necessity for the state to manage and protect its people. And civil servants can easily be checked if they are on the job. On the other hand, a citizen cannot know his partner objectively, even if he is in a relationship on the premise of marriage. The only way to find out is to ask the person in question, but there is no way for the public to know if what they have heard is true or not. The reasons are: protection of human rights, protection of personal information, and protection of privacy.

No one likes the idea of having someone else find out about them without their knowledge. Therefore, I agree with you that the government should systematically protect human rights, personal information and privacy. However, even if you want to know the other person out of necessity, you can’t know anything publicly. Address, name, date of birth, parent-child relationship, marital status, marital status, divorce history, educational status, and work history are all shut out and the only way to find out is to ask him. However, it is no longer normal to check whether what you hear is true or not.

Is this really such a system to protect human rights…?

If you don’t have a system open that you can look into if you have a good reason, you’re in for a hell of a lot of trouble.

Did you know that there has been a huge increase in the number of Tokyo University graduates and Kyoto University graduates lately?

Chisako Kakehi’s case happened to come out, but even if it was not this bad, there are many similar cases.

As far as I know, there is a woman who got married through the introduction of a marriage agency and in less than two years, took in nearly 300 million yen in assets (cash and real estate), bullied her husband, and divorced him.

There is no morning, no night. Yes, let’s believe it and keep shouting…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO