調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

5年前のブログ

未分類2014/10/31

ブログを更新しなければ・・・とパソコンに向かうが、さて何を書こうかと悩む。そういえば、昨年、一昨年のこの時期は、どんな事を書いたのであろう・・と思い、昔のブログを開いてみた。

驚くなかれ、恥ずかしげもなく、好き勝手をよくここまで書いているな・・・と自分ながら感心する。 ただ、その中で、一寸目にとまった自分のブログがあった。そこで思いついた・・・このブログ再登場させる事を。

5年も前のブログだが、読んでみて、今も全くその通りと思うから・・・。いやになるほどダラダラと書いてあるが、時間の許す人は、できるだけ辛抱して読んで下さい。そしてコメントを頂ければ超有り難い。

 

人事調査

今日午前中の話。 ”社長電話ですよ・・・”、懐かしい友人からの電話(元の職場の同僚であった友人、元調査員))であった。

「松ちゃん元気?、 ところでチョット悪いんやけど、某人の大学の卒業と勤め先の確認できへんかな・・?」、 「何それ」、 「いや、一寸仕事の関係なんやけど・・・、平成5年の○○大学卒で○○会社に13年ほど勤めていたと云う人なんやけど、どうもオカシイねん」。

そんなこと自分でやりーや。昔取ったきねづかで・・・」、 「うん、それが自分なりにやってみたんやけど、学校は、それは個人情報なんで・・等と最もらしい理由をつけて応えてくれんし、 会社に訪ねても、個人のことは・・・とかで何も判らんのや。何か昔と違ってえらいことになってるねんナー?」

そやで・・・、昔とは全然違ってきて、個人の事は何も判らなくなってるねん。確認するシステムが個人情報保護を理由に、全てシャットアウトされつつあるねん」、 「ほなどないすんの・・。個人の事は何も言えんという事は、逆に云えば個人の事は何でもかんでも云いたいほうだいかいな・・・?」、 「そや、だから俺、最近腹たちまぎれ云うてんねん。東大卒や京大卒が一挙に倍増するデーって・・」、 「何でそないな事になってん?」、

そら、人権の有識者とか・・色々賢いお方が集まって、卓上の空論でやるから、こないな事になるんとちゃうか?。 今は、 戸籍も住民票も取れんしな・・。 成りすましなんて簡単に出来る世の中になってるねん。 匿名社会とか云われて、個人情報保護の行き過ぎを一時非難する声もあったが、何時の間にか、個人の事は答えないと云うのが定着しつつある。 事なかれ主義の典型だネ・・。 警察なんか退職者は勿論、現職でも居るかいないかさえ応えない・・・。 自分らが調べる時は、個人情報保護も人権もプライバシーもあったものではないが、自らの事になると徹底して隠す。 だから、” 元○○警察で刑事していた”などと大洞吹いても絶対OKやで・・・。 幾らたずねても居たとも居なかったとも応えないんだから・・・」、

「そんなアホな、住民票も戸籍も見れんわ、学歴も職歴も確認できんわ、 エ、それでどないすんねん。 名詞なんか何ぼでも作れるんやで・・、確認できんちゅうことは、何でも有りかいな。 結婚・離婚を何回繰り返していても、本人が初婚と云えばそれまでか・・」、

そやで・・、個人の事を確認しよう思うたら、本人にその為の承諾を貰わんといかんらしいわ・・・。しかも書面で貰わんと、確認に必要な本人承諾の証明がでけへんねん」、

「えらいこっちゃなー、と云うことは何か、商取引でも何でも、相手の事を知ろうと思えば、相手に調べさせてもらうよってに、その為の承諾書をお願いします、って云うわけ。 そんなアホなことがあるかいな・・。 これから取引しようとか、付き合いしようとか、名詞だされて大きな話されても、相手の事を本当に知ろうと思うと、調べさせてもらいますよってに、調べてもらって結構です、 という意味の書面を書いて下さい、なんてお願いするんか・・?」

そういう事になるわナ・・」、 「そら一寸おかしいちゃうか・・、相手の確認もまともにできんで、それで騙されたらどないすんねん」、

そら、騙された方がアホやねん」、「騙された方がアホやいうても、調べられへんのやろ、そらおかしいわ・・・」

こんな話で延々30分。結局何とかやってみよう、と云う事にはしたが、奴さん、調査料など全く眼中にない。時代錯誤もはなはだしい・・・?。

誰が・・、どっちが・・、二人ともや・・。人権の有識者にこっぴどく叱られそう。

だが、幾ら自分なりに勉強しても、こうした「人に関する調査」を、個人情報とか人権、プライバシイを理由に出来なくしてしまうシステムや考え方(否定する考え方)はどうしても理解できない。納得がいかないと云うよりも、「人を調べてはいけない」などと云う考え方がまかり通る世の中になったら、いったいどんな事がおこるだろうとそら恐ろしくなる。多分、詐欺や契約違反など民事訴訟は倍増で、弁護士はウハウハかもしれないが。

有識者曰く、人を調べてはいけない」などと云う法律は作っていないし、そのような指導もしていない。ただ、採用調査は差別につながるおそれがあるから「ダメだ」といっている。結婚調査も、差別につながるおそれがあるから「ダメ」だと云っている。戸籍も住民票も、使い方によっては差別につながるおそれがあるから「ダメ」だと云っている。

確かに使い方によっては、「つながるおそれ」はあると思う。かと云って、つながるおそれが有るものは「ダメ」としたら、世の中の大方のものは「ダメ」という事になる。

包丁や剃刀やハンマー等を凶器とした殺傷事件は多くあるが、包丁や剃刀やハンマー等の製造や使用を禁ずる行政指導などは聞いたことがない。ところが「差別」となると、つながるおそれのあるものは全て「ダメ」であり、人権団体のみならず行政も徹底した指導をしている。人の差別は、奥深く非常に微妙な問題であり、その事は重々承知している。しかし、かといって「人事調査」を否定して差別がなくなるものではない。

「差別」をな
くすための啓発運動を批判するような考えは毛頭ないし、自らも啓発活動には積極的に参加しているつもりである。 ただ、「人事調査」を否定するような考え方には、これからも、はぐれ狼の如く吠え続けて行こうと思う。

Posted on : 2008年10月23日

I have to update my blog… I go to my computer, but I’m worried about what I should write. Come to think of it, I wondered what I wrote about this time last year and the year before… and opened my old blog.

Don’t be surprised, but I’m amazed that you’re not shy about writing this much… However, there was one of my blogs that caught my eye. So it occurred to me… to bring this blog back to life.

This blog is five years old, but after reading it, I think it’s still totally true… It’s written in such a way that it’s sickeningly dull, but if you have the time, please read it with as much patience as possible. And I’d be very grateful if you could comment.

Today’s morning story. “You’re on the president’s phone…”, it was a call from a long-time friend (a friend who was a former work colleague, a former investigator).

How are you, Matsu-chan? It’s a good idea to be able to get a better idea of what you’re doing. It’s a bit of a work-related thing…but this guy graduated from a university in 1993 and has been working for the company for about 13 years, but it doesn’t seem right.

I’ll do that myself. I tried it on my own, but the school responded with the most plausible reason, saying that it was personal information, and when I visited the company, I couldn’t find out anything about it because it was personal information. Something different from the old days is happening, isn’t it?

That’s right…it’s totally different from the old days, and we don’t know anything about individuals anymore. All the systems to verify the information are being shut out for reasons of privacy protection. If you can’t say anything about a person, you might as well say anything about a person… “Yeah, that’s why I’ve been getting so angry lately. “Why is this happening?” “The number of graduates of Tokyo University and Kyoto University will double at once. and

That’s why it doesn’t happen because human rights experts and other smart people get together and do it on a tabletop argument, doesn’t it? Now, I can’t even get my family register or residency papers… It’s so easy to impersonate yourself in this world. In the past, there have been accusations of over-protection of personal information in the anonymous society, but before long, it has become an established fact that people don’t answer questions about individuals. It’s the epitome of opportunism… The police don’t even respond to retirees, let alone current employees, whether they’re there or not… When they investigate themselves, there is no protection of personal information, human rights, or privacy, but when it comes to their own affairs, they hide it thoroughly. So, it’s absolutely OK to say “I used to be a detective with the police” or something like that… No matter how many times you ask him, he doesn’t respond…

“That’s ridiculous, I can’t see your residence card or family register, or your educational or work history, so what’s the point? You can make as many nouns as you want. It doesn’t matter how many times you’ve been married or divorced, if you say it’s your first marriage, that’s it…

So …, if you want to confirm a person’s identity, it seems that you have to get the person’s consent to do so … Moreover, if you don’t get it in writing, we can’t get the proof of your consent, which is necessary for confirmation,

What I mean is, if you want to know something about a person, whether it’s a business transaction or something like that, you have to ask them for a letter of authorization to do so. How could that be possible…? If you’re going to do business with me, or go out with me, or if you’re going to talk to me about something big, but I really want to get to know the other person, I’m going to ask you to write a letter saying that I’ll look into it, and that you’re welcome to look into it.

“That’s what happens…” “It’s a little crazy… You can’t even check the other person properly, so what if you get cheated?

“Of course, it’s dumber to be deceived.” “Even if it’s dumber to be deceived, we can’t look into it, which is ridiculous…

It’s a long 30 minutes of talk like this. Eventually I decided to do something about it, but he didn’t care about the investigation fee at all. The anachronism is also very serious…?

Who’s… and who’s… and who’s… and both of them. I’m about to be severely scolded by human rights experts.

However, no matter how much I study, I can’t understand the system or the way of thinking (the way of denying it) that makes it impossible to conduct such “surveys on people” on the grounds of personal information, human rights, or privacy. It’s not that I don’t agree with it, but I’m afraid of what will happen if we live in a world where people have the idea that they shouldn’t investigate people. Maybe civil litigation, such as fraud and breach of contract, will double, although the lawyers may be howling.

The pundits say they have not made any laws that say, “You can’t search people,” and they have not instructed us to do so. However, he says that hiring surveys are “no good” because they may lead to discrimination. They also say that marriage surveys are a “no-no” because they may lead to discrimination. It says that both the family register and the certificate of residence are “no good” because they may lead to discrimination depending on how they are used.

It’s true that depending on how you use it, there is a “threat of connection”. However, if we say “no” to things that may be connected, then most of the things in the world are “no good.

There have been many cases of killing or wounding with kitchen knives, razors, hammers, etc., but I have never heard of any administrative guidance prohibiting the manufacture or use of kitchen knives, razors, hammers, etc. However, when it comes to “discrimination,” anything that could lead to discrimination is considered “no good,” and not only human rights groups but also the government is providing thorough guidance. Discrimination between people is a profound and very sensitive issue, and I am well aware of that. However, this does not mean that discrimination will be eliminated by denying the “personnel investigation”.

“Discrimination.
I have no intention of criticizing awareness-raising campaigns for the purpose of protecting people’s health, and I intend to actively participate in such campaigns myself. However, I will continue to howl like a stray wolf at the idea of denying the “personnel investigation”.

Posted on : October 23, 2008

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る