調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

逗子ストーカー殺人

未分類2013/11/08

ストーカーって昔はあったのかな?。 思いをよせる人に恋文を書く・・、字が下手だから代筆を頼む・・、そっと廊下の蔭で覗き見る・・、時間帯を見計らって、すれ違う・・、友達を通じて思いを告げる・・、 一方的に思いが高じても、そんな程度では無かったかと思う。

ところが、最近は法律を作って取り締まらなければならない程、ストーカー行為が頻繁に起こっているようで、私の身近でもそんな話を聞くことが多くある。

人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて・・・等と云う言葉があった様に思うが、どうも、そんな事も言っておれない時代になっているようだ。

昨日の新聞報道によると、昨年11月に起きた「逗子ストーカー殺人事件」の裏に調査会社が関係していたらしい。「住所、調査会社が売却か」と、3面トップに特大の見出しが載っていた。記事を読むと、殺人犯が調査会社に被害者の住所割り出しを依頼し、調査会社は、その調べを情報屋と呼ばれる業者に頼み、結果、彼女の住所が判明したことから、逗子ストーカー殺人事件に繋がったと見られている様である。

この記事を斜め読みすると、調査会社って何と云う所だ。金にさえなれば何でもやるのか。個人情報が漏れると、殺人などと云うとんでもない事に繋がってしまう。個人情報を取るなどけしからん・・・・。

そんな声があちこちから聞こえそう・・・、また、マスコミもそういう姿勢で報道している様である。

探偵社は、法律(探偵業法)によって、調査契約の際、依頼者から、調査結果を犯罪や差別に使わない旨の誓約書を取らなければならない事になっており、もし、依頼時点で「どうもおかしい・・・」と感じたら、誓約書はあっても仕事をお断りするようにしているのが、普通の調査会社である。

ところが、「おかしい?」、と見抜くのは中々難しい。今回のケースでも、殺人に使うから住所を調てほしい等というはずもなく、結果的にはこんな悲惨な事件に結び付いたが、あくまでそれは結果論であり、調査会社は決して事件に加担する意思を持っていた訳ではない。

飛躍と言われるかも知れないが、これは、包丁が殺人に使われたすると、その殺人に使われた包丁を売った商店を、殺人に協力したとして、悪徳商店にするのと同様である。

調査会社に住所を調べて欲しい・・・と云う依頼は日常茶飯事にある。住所が判った結果、トラブルが未然に防げた、詐欺被害を逃れることができた、感情のもつれをほぐす事ができた、自殺を思い留めさせる事ができた、財産保全ができた・・・,会って感謝の意を伝えることができた・・、等など事例を上げればきりがない。それだけに、お客の喜ぶ声が聞きたくて、この仕事を続けていると云う業者も多くいる。しかし、こうした、感謝されるような調査は表に出ることは先ずない。ただ、今回のような事件は大々的に報道され、他人の住所を調べるなんてとんでもない、と受け取られ、調査会社≒ワル、悪徳、とのレッテルを張られる結果となる。トホホ・・・・

 

I wonder if there used to be a stalker? Write a love letter to the person you feel for…, I ask you to write for me because I’m not good at writing…, peeking in behind the corridor…, waiting for the time of day, passing each other…, telling my feelings through a friend…, I think it was not such a level even if my feelings were one-sidedly heightened.

However, it seems that stalking is happening so often these days that we have to make a law to crack down on it, and I often hear about it even in my neighborhood.

I think there was a saying that a person who gets in the way of someone’s love gets kicked by a horse… etc.

According to a newspaper report yesterday, an investigative company was behind the Zushi stalker murder in November last year. There was an oversized headline on the top of the three pages, “Address, survey company for sale. According to the article, the killer hired an investigative company to find out the victim’s address, and the investigative company hired an informant to find out her address, which led to the Zushi stalker murder.

If you read this article diagonally, you’ll see what a research company is. You’ll do anything for the money. If personal information is leaked, it could lead to a murder. You can’t take my personal information…

Such voices seem to be heard here and there…and the media seems to be reporting this attitude as well.

In accordance with the law (Detective Business Law), detective agencies are required to obtain a written pledge from the client not to use the results of the investigation for criminal or discriminatory purposes.

However, “Is it funny? It’s very difficult to see through it. In this case, there was no reason to ask for an address because it would be used in a murder, and it resulted in such a tragic case, but this is just a matter of consequence, and the investigation company had no intention of being involved in the case.

It may be called a leap, but this is similar to how, if a kitchen knife is used in a murder, the merchant who sold the knife in the murder is made an unscrupulous merchant for cooperating in the murder.

We get requests from research companies to look up addresses every day. As a result of knowing the address, trouble could be prevented, fraud could be avoided, emotional tangle could be relieved, suicide could be reminded, property could be preserved, and so on. Therefore, there are many contractors who say that they keep doing this job because they want to hear their customers’ voices. However, these much-appreciated surveys don’t come to the surface. However, a case like this one will be widely reported, and people will think that it’s outrageous to check someone else’s address, and they will be labeled as “badass” or “vicious”. Oh, my God…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る