調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

渾身

未分類2013/01/16

映画「渾身」・・・感動した!!

読売新聞の広告(写真) 、また、今朝はNHK総合テレビでも取り上げられ、一寸太目の錦織監督が「渾身」への思いをトツトツと話していた。監督の奥さんは隠岐出身の方なんだよネ・・・。

渾身 002_t

先週土曜日(1月12日)に封切となった、映画「渾身」を、大阪ステーションシティシネマにて妻と2人で鑑賞して来た。13時5分、当日2回目の上映であったが、劇場はほぼ満員、中々の盛況ぶりであった。

既にご存知の方も多いと思うが、この映画、島根県出身の錦織良成監督による、我が故郷、「隠岐の島」で古くから行われている、古典相撲を題材としたヒューマン映画である。

故郷と言う事もあるが、そうである人は勿論そうでない人も、ジンと来ること間違いなし。最近特に涙線が弱ってきた小生等、開演早々、メガネが曇って何回かけなおしたことやら。

古典相撲は、神事のひとつとして行われる隠岐独特の相撲で、ただ強ければ良い、と云うものではない。神事としての心と厳かさが相まって、しかも、地域の誇りと意地をかけ、汗と涙で取る人情相撲でもある。従って、相撲は同じ対戦相手と2度取り、必ず1勝1敗で終わりとする。「大切なのは、先に勝った方が負けてあげるのではない。相手をたたえるために2度取るのである」。しかし、村を挙げての戦いでもある。そして、戦いは、日の入りから日の出まで、夜を徹して行われ、300番もの取り組みがある。

そんな相撲を、錦織監督は余すところ無く描写し、隠岐の島の人情を非常に上手く捉えていた。取り手が相撲の練習に励む姿を、取り巻きの年寄り連が一升ビン片手に見守る風景等、隠岐を知らない人には描写しきれない、錦織監督ならではの作品になったと思えた。

映画は多分、オール隠岐の島での撮影と思う。しかも、セットは使わず、島民が現在実際に生活している家を使っての撮影であり、生活感が溢れ、映画をみながら田舎に帰っている錯覚に陥るほどで、島民皆がスタッフと一緒になり作り上げた映画である事がしのばれるものであった。

絶対に感動ものです・・・。まだの方は是非足を運んで下さい。

The movie “Harmonious” … I’m impressed!

The advertisement in the Yomiuri Shimbun (photo) and this morning’s NHK (Japan Broadcasting Corporation) were also on the air. The wife of the director is from Oki….

My wife and I went to see the movie “Kokorimi” at Osaka Station City Cinema, which was released last Saturday (January 12th), at 13:05 p.m. It was the second screening of the day, but the theater was almost full and it was quite a success.

As many of you may already know, this film is a human movie by director Yoshinari Nishikori from Shimane Prefecture, based on the classic sumo wrestling that has been held in my hometown “Oki no Shima” for a long time.

It can be said that it’s my hometown, but I’m sure it’s going to be a zinger for both those who are and those who aren’t. As my tear line has been getting weaker lately, my glasses got cloudy and I had to put them back on several times before the show started.

Classic sumo is a unique Oki style of sumo performed as one of the Shinto rituals. It is not just about being strong. In addition to the heart and solemnity of the ritual, it is also a human-sympathetic sumo with sweat and tears that puts the pride and determination of the community on the line. Therefore, a sumo wrestler must take the same opponent twice and end up with one win and one loss. The important thing is not to let the one who wins first lose. It will take twice to praise the opponent. However, it is also a battle for the whole village. And the battle goes on through the night, from sunset to sunrise, and there is a 300 number effort.

Director Nishikori described this kind of sumo to the fullest extent and captured the humanity of the Oki Islands very well. For those who are unfamiliar with the Oki region, it is hard to describe this film as a work only Nishikori can do.

I think the movie was probably shot on an all Oki island. Moreover, the film was shot in the house where the islanders actually live now, instead of using a set. The film is so full of a sense of life that it gives the illusion of returning to the countryside while watching the film, and it is evident that all the islanders worked together to make this film.

It’s definitely an emotional experience….. If you haven’t done so yet, please come and visit us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO