調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

人権、個人情報

会長日記2012/07/06

大津市の中学2年生がいじめが原因で自殺した事件を受け、橋本大阪市長が涙の会見をしていたが、一般の小市民は皆同じ感覚であろうと思う・・・。

 今朝の読売新聞に、この事件に関連して、こんな記事が出ていた。

市教委によると、「自殺の練習」は、生徒16人が回答に記していた。うち実名で回答した4人には聞き取りをしたが、事実は確認できず、それ以上の調査もしなかったという。加害者とされる同級生らにも聞き取りを行う機会はあったが、「練習」については一切尋ねなかったとしている。 その理由について、市教委は読売新聞に対し、「事実確認は可能な範囲でしたつもりだが、いじめた側にも人権があり、教育的配慮が必要と考えた。『自殺の練習』を問いただせば、当事者の生徒や保護者に『いじめを疑っているのか』と不信感を抱かれるかもしれない、との判断もあった」と説明。結局、事実がつかめなかったとして、非公表にしたという。

「人権と教育的配慮」、如何にも頭デッカチの教育者や学者が考え言いそうな言葉である。

 虫唾が走ると云うか、気持ちが悪くなると云うか、こんな報道に接すると、一日気分が悪くなる。従って、最近は出来るだけ3面記事は読まないようにしているが、今朝は、「かがい者の人権」と云う文字に目が止まり、じっくりと読んでしまった。結果未だに気分が悪い。

 その前、京都の亀岡で、集団登校中の小学生が居眠り運転で暴走してきた車に跳ねられ、一度に10名が死傷した事件があった。その後、加害者の親が被害者の親族に謝罪がしたいとの思いから、警察官に被害者の氏名住所を聞きだした事が問題視され、個人情報を洩らした警察官や教頭が公務員の守秘義務違反で懲戒処分を受けた、との記事を目にした。

 これについてもいささか違和感を感じる。

 善意と善意、情と情が絡み合って、お互い良かれと思ってした行為が罰せられる。

 人ひとりの大切な命が失われたにも関わらず、人権に配慮し、原因の追求もままならない。

 法律や規則は最低限のルールであり、人間として人が生きる上では、善意とか情けとか、法律や規則などより遥かに尊く大切なものがある。にも関わらず、人権や個人情報の名のもとに、人間らしい行為がないがしろにされて来ている。

 人権の保護、個人情報の保護、いずれも非常に大切なことで、国家権力がこうしたことを軽視すると、検察の不祥事ではないが、大変な事になる。しかし、権力も何も無いコミュニティー社会の中で、人権と個人情報保護を錦の御旗のごとく持ち出すと、これはこれで大変なことになる。

 本末転倒という言葉があるが、最近の社会は、法律や規則に縛られ、何のためにつくられた法律や規則なのか、所謂、立法趣旨を全く無視した運用がなされ、本末転倒の住みにくい社会が形成されつつあるように思えてならない。

Osaka Mayor Hashimoto gave a tearful press conference after an incident in which a second-year junior high school student in Otsu City committed suicide due to bullying, but I think all ordinary citizens must feel the same way…

There was an article in this morning’s Yomiuri Shimbun related to this case.

According to the city’s school board, “suicide practice” was noted by 16 students in their responses. Four of the respondents were interviewed by their real names, but the facts could not be confirmed and no further investigation was carried out. He said he had an opportunity to interview the alleged assailants’ classmates, but did not ask them about the “practice” at all. About the reason, the city school board told the Yomiuri Shimbun, “The fact check is going to be within the range that was possible, but the side that bullied also has human rights and thought that educational consideration was necessary. In the end, he said, he decided not to make it public because he could not find out the facts.

Human rights and educational considerations” are words that any educator or scholar with any kind of brain would think.

I feel sick all day long when I’m exposed to this kind of news. This morning, however, the words “the human rights of the sick” caught my eye and I read them carefully. I still feel bad as a result.

Earlier, in Kameoka, Kyoto, 10 people were killed or injured when a group of schoolchildren were hit by a car that ran out of control while they were napping. Afterwards, the fact that the parent of the assailant asked the police officer for the victim’s name and address from the thought that the parent of the assailant wanted the victim’s relatives to make an apology was regarded as a problem, and the police officer and the superintendent who leaked personal information received a disciplinary action for the violation of the confidentiality obligation of a public official, and saw the article.

I feel a little uncomfortable about this, too.

Good intentions are intertwined with good intentions, and affections are intertwined with emotions, and the act of thinking well of each other is punished.

In spite of the fact that each person’s precious life was lost, there is no consideration for human rights and no pursuit of the cause.

Laws and rules are the minimum rules, and there are things that are far more precious and important than good intentions, mercy, and laws and rules in human life. In spite of this, in the name of human rights and personal information, human behavior has been disregarded.

The protection of human rights and the protection of personal information, both of which are very important, and when the state powers downplay these things, it’s not prosecutorial misconduct, but it’s a big deal. However, in a community society where there is no power or anything, this is a big problem when you bring up human rights and personal information protection as if it were a banner.

It seems to me that society these days is bound by laws and regulations, and the laws and regulations are operated in a way that completely ignores the purpose of the so-called legislation.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る