調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

戸籍、住民票の非公開と詐欺

会長日記2010/11/02

神奈川県で、60人の男女が197回の養子縁組を繰り返し、新たな借金を重ねるなどの詐欺行為を働いていた事が大きく報道されている。また、つい先日は、養子縁組を繰り返し、保険金殺人に繋がった事件などが報道されていた。

そんな事から、詐欺事件に興味を持ってウエブ上での社会欄に目を通すと、有るはあるは、ワンさと詐欺事件が並んでいる。結婚詐欺、減刑詐欺、住宅ローン詐欺など報じられているだけでも相当有る。

ただ、ニュースで報じられる詐欺事件などほんの氷山の一角で、実際には何千何万と云う事件にならない詐欺事件が日常茶飯事におき、善良な市民の多くが泣きをみている。

詐欺とは、他人をだまし金品を奪ったり損害を与えたりすることであるが、詐欺を働こうとする人間の大半は、自らを欺き、自分を自分でなくし、第三者の自分になって他人をだますのが大半である。

従って、氏名、年齢、住所、経歴、家族構成を事前に調べれば、大半の詐欺は未然に防ぐ事ができる。その為には住民票や戸籍で確認する必要がある。

個人を特定する為(身分関係の証明)に戸籍があり、誰が何処に住んでいるのかを証す為に住民票がある。従って、戸籍も住民票も公開にしておかないと、社会の秩序が保てなくなるため、戸籍ができた明治5年から今日まで一貫して法的には公開としている

ところが、実際は戸籍も住民票も、本人及び家族以外にはほぼ100%入手不可能である。何故なのか、理由は簡単。戸籍、住民票を管理している行政の窓口が第三者の交付請求に応じないが為である(法的根拠が有る様でなく、運用基準なるもので、応じないようにしている)。その背景には強力な人権団体の力が働いている様に思う・・・。

この事を知っているワルは、氏名、年齢、住所、履歴など幾ら偽っても、今の日本の社会ではバレないよう保護されている為、大手を振って他人をだまし、金品を奪ったり損害を与えたりするのである。

一般の人は余りこんな事は考えないのでしょうが私ども調査業者は、善良な市民や企業が騙されて損をしないよう、事前に事実関係を調べリスクを回避する事を仕事としており、日々この問題に直面しているのである。ところが、その人が、何処の誰なのかを証明する戸籍も住民票も取れないために、大変な苦労を強いられることになっている。

 実際、今日ウエブ上で報じられている詐欺事件の大半は、行政が法律通り、第三者請求に応じていれば、未然に防ぐことが出来たと思う。いや、それより何より、戸籍、住民票が従前のようにオープンであったなら、事件そのものが起きていないかもしれない。大体、養子縁組を何回も繰り返し、姓を変えて借金を重ねたり、ローンを逃れたり、保険金を騙す事など出来やしない。だって、戸籍をみれば直ぐに判るんだもの(改原や除籍を見る必要はあるが、現戸籍をみただけでも、多分調査員なら判ると思うが・・・。)

 

In Kanagawa Prefecture, it has been widely reported that 60 men and women were involved in a fraud that involved 197 repeated adoptions and piling up new debts. In addition, the other day, there was a case of repeated adoptions that led to the murder of an insured child.

So, if you look at the social section of the web with an interest in fraud, you’ll see that there are some, some, and some, and there are fraud cases. There’s quite a bit of marriage fraud, commutation fraud, and mortgage fraud that’s been reported.

However, this is only the tip of the iceberg, as there are tens of thousands of scams that don’t make it to the real world, and many good citizens are left in tears.

Fraud is the act of defrauding others into taking money and goods or causing damage, but the majority of people who try to commit fraud are mostly defrauding others by deceiving themselves, making themselves less than they are, and becoming a third party self.

Therefore, most scams can be prevented if you check your name, age, address, background, and family structure beforehand. In order to do so, it is necessary to confirm it with a certificate of residence or family register.

There is a family register to identify the individual (proof of identity) and a certificate of residence to prove who lives where. Therefore, since social order cannot be maintained unless both family registers and certificates of residence are made public, they have been made legally open to the public since the establishment of the family register in the 5th year of Meiji until today.

In fact, however, neither the family register nor the certificate of residence are available to anyone other than the person himself or her family. The reason why is simple. The reason for this is that the administrative office in charge of family registers and certificates of residence does not respond to requests from third parties (it does not seem to have a legal basis for doing so, but rather, its operational standards prevent it from doing so). I think the power of a powerful human rights organization is working in the background….

Knowing this, the bad guys, no matter how much they falsify their name, age, address, history, etc., are protected from being found out in today’s Japanese society, so they play the big game and deceive others to steal money and goods or cause damage.

Most people don’t think this way, but our job as investigators is to investigate the facts and avoid risks in advance so that good citizens and companies don’t lose money by being defrauded. However, because they cannot obtain a family register or a certificate of residence to prove the identity of the person, they are forced to go through a great deal of hardship.

In fact, most of the fraud cases being reported on the web today could have been prevented if the administration had responded to third-party claims as required by law. If the family register and residency records had been open as before, the incident itself might not have happened. By and large, you can’t adopt a child over and over again, change their last name, pile up debt, evade loans, or cheat on insurance money. Because it’s easy to find out if you look at the family register (it’s necessary to look at Kaihara and expulsion, but I think an investigator would probably be able to find out just by looking at the current family register…).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO