調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

キャンセル

会長日記2010/08/11

弊社は、お盆を中心に前段、後段と2班に分かれて数日前から夏季休暇に入っている。従って、社員は半数しか出勤していない。すると、不思議なもので、出勤しても何となく休みムードが漂い、何時もの張りが感じられない。こんなだと寧ろ皆揃って休んだ方が良いのかも・・・等と思うが、これも小規模なサービス業会社の辛い所で、得意先が営業しているのに休む訳にはいかないでしょう・・・、とつい思ってしまう。

本当はそんな事もないのだが・・・・。

それはそうと、台風4号が心配。我が故郷、隠岐ノ島を直撃しそうである、しかも可也の勢力を保ったままでだ・・。実は、小生の友人が2泊3日の隠岐旅行を計画。その為、田舎の友人知人にも連絡し、良しなに計らって貰うよう色々段取りをしていたが全てパー、トホホ・・・・。台風に向かって突っ込む訳にも行かず、今日出発の予定であったが急遽キャンセルと相成った。

ホテルの予約など、全て小生が手配していたので仕方ない、朝一番にキャンセルの電話を入れた。

「誠に申し訳ありませんが・・・・・」、すると、「イヤイヤ良いですよ・・・、自然には逆らえませんは・・・又の機会によろしく」、何ともあっさりと気持ちよく承諾してくれた。しかも、キャンセル料のキャの字も云わない。2軒が2軒ともである・・・。

ほんとにこれで良いの、と思ったが、その好意に素直に甘えることにした。それにしても何て隠岐の人はこんなに素晴らしいのだろう・・・、申し訳なさと感謝で小さな小生の胸はいっぱいになった。

この事で思い出したのが7年ほど前の出来事。多分平成14年9月であったと思うが、娘が大学生の時、単独で屋久島への小旅行を計画。ところが今日と同じく大型台風が屋久島めがけてゆっくりと北上している。娘は不安を持ちながら大阪空港へ、すると空港で「鹿児島までは飛びますが、鹿児島から屋久島へは何とも云えません、それでも良いですか・・・」とのこと。流石に娘もそこで不安になり、鹿児島で足止めになっても、との思いから急遽キャンセル。

直ぐに屋久島の民宿にも電話を入れ、詳細に事情を話し、キャンセルをお願いしたらしい。

すると、数日後にその民宿の小父さんから娘に宿泊料100%の請求の電話・・・、娘は今ひとつ納得行かず、値交渉を気弱な声でしたらしい。ところが小父さんは全く聞く耳を持たない。「直ぐに振り込んで下さい」の一点張り。でも、娘は納得が行かずほったらかしていた、、、。すると日々催促の電話が屋久島から入る。で、何回目かに小生が変わりに応対。「台風で飛行機が飛ぶか飛ばないか、しかも鹿児島まで行ってからでないと判らない・・・、そんな状況で、観光旅行を強行しますか。事情が事情なのだから当日キャンセルは100%と云われるの少し酷ではないか・・・、しかも学生の1人旅・・・」、切々と情に訴えるが、その小父さん全く聞く耳なし。

こりゃダメだ・・・。娘に直ぐに払うよう云い、処理をした事があった。

その時、小生は思った。屋久島には絶対に行かないと。小父さんは、損して得を取る、と云う言葉を知らなかったのかな・・・。

Our company has been on summer vacation for a few days, divided into two groups, one in the front and one in the back, around the Obon Festival. Therefore, only half of the employees show up for work. Then, strangely enough, even when I went to work, I felt a mood of rest for some reason, and I didn’t feel the same tension as usual. This is also the hard part of a small service industry company, and it is not possible to take a day off when the customer is in business, I think.

The truth is, it’s not like that…..

By the way, I’m worried about Typhoon No. 4. My hometown, Oki-no-jima, is about to be hit directly, and moreover, it is still maintaining a certain amount of power … Actually, a friend of mine planned a 2-night/3-day trip to Oki Island. Therefore, I contacted my friends and acquaintances in the countryside, and made various arrangements to have Yoshina measure me, but it was all par, to-ho…. It was not possible to run into the typhoon, so we were scheduled to leave today but had to cancel in a hurry.

I called the cancellation first thing in the morning, because I had arranged all the hotel reservations and so on.

I’m sincerely sorry, but …”, then, “I’m sorry, but …”, “I’m sorry, but it’s good … I can’t go against nature … I’ll take another chance. In addition, they don’t say the word of the cancellation fee, and two houses are both houses…

I thought that this was really all right, but I decided to give in to the favor. By the way, how wonderful the people of Oki are……………………………………………………………..

This reminded me of something that happened about seven years ago. I think that it was probably September 2002, but when my daughter was a university student, I planned an excursion to Yakushima alone. However, as today, a large typhoon is slowly moving northward toward Yakushima. She went to Osaka airport with anxiety, and then she was told at the airport, “We fly to Kagoshima, but we don’t know how to go from Kagoshima to Yakushima. As a matter of fact, my daughter became anxious there and cancelled the trip in a hurry because she thought that she might get stuck in Kagoshima.

He immediately called the guest house in Yakushima, told them the details of the situation and asked them to cancel.

Then, the phone call of the claim of the lodging charge 100% to the daughter from the father of the inn a few days later …, it seems that the daughter did not go convincingly one more, and the price negotiation was a timid voice. But my father doesn’t listen to me at all. Please transfer the money immediately”. But she didn’t agree and left it alone… Then the phone call of the demand comes in from Yakushima every day. Then, I answered the question for the second time. I don’t know if the plane will fly or not because of the typhoon, and I don’t know until I go to Kagoshima… Do you want to go on a sightseeing trip under such circumstances? I was a student traveling alone…” I appealed to his father earnestly, but he didn’t listen to me at all.

That’s not good… I once told my daughter to pay it off right away and I took care of it.

At that moment, I thought to myself. I have to go to Yakushima for sure. Didn’t your uncle ever know the phrase “lose and gain”…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO