調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

隠岐の恋歌

会長日記2010/02/03

先週末、、西ノ島町(日本海に浮かぶ孤島、http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/
を郷里とする近畿在住者の会、近畿国賀会
(隠岐島の景勝地、国賀海岸に因んでつけた名称)の役員会が開催された。

近畿国賀会は創立45年、
年に一回、懇親目的の総会を開いており、今年の総会は5月23日(日)四ツ橋の徐園(中国料理)
での開催を予定している。その準備で、会の世話役を務める幹事15名が集まり、隠岐弁丸出しで2時間ほど会議。後は何時もの通り、
居酒屋で気勢を上げ、北の新地へと繰り出す。会議が目的か飲み会が目的かよく判らないほどに後者の方が盛り上がる賑やかな集いである。

特に今回は「隠岐の恋歌
で大はしゃぎ。実は昨年、郷里西ノ島町を詠った演歌がレコーディングされた。作詞 たかたかし、作曲 弦哲也、
編曲 南郷達也
、と云う超豪華トリオにより作られた歌で、歌うは演歌歌手の 「かつき奈々」 さんである。

スナックのママさんも心得たもの。私らが店に入るやいなや、カラオケから「隠岐の恋歌」が流れ始めた。トップバッター、
誰も指名しないのに勝手にマイクをとったのが○○君。かなり練習はしたようで、自信たっぷりに声を張り上げるが、どことなくチョット。
そこで、国賀会きっての演歌歌手、御歳・・才の美女がご登場。はやくも完全に自分の歌にしており、何んとも艶ぽく、聞きほれるばかり。
隠岐の情緒を見事に歌い上げてくれた。

実は、今年の国賀会総会5月23日には、この演歌歌手、かつき奈々さん に来てもらい、「隠岐の恋歌」で宴を盛り上げて貰おう・・・
と今ひそかに企画している。

後は何時もの通りで、皆が自分勝手にマイクを持ち、好き勝手に歌っている。
自分の歌が終われば大声で喋りまくり殆ど人の歌など聞いていない。だが、歌が終われば聞いてもいないのに拍手はする。
歌ったご本人はご満悦である。誠に気のおけない気ままな集まりで、日頃の憂さをはらすには絶好の場となっている。

で、今度の日曜は、国賀会を含め隠岐島全部の郷土会の役員が集まっての懇親会。実は、この大阪に隠岐島出身者の会が9つあり、
その9つの郷土会が集まって隠岐人会と云う会を組織しており、何の因果か、
私は昨春からこの隠岐人会の会長を命ぜられている。しかも、
来る4月18日には隠岐人の総会(2年に1度)を控えており、この準備も進めなければならない。
その前に、各郷土会の役員さんに集まって貰い、意見交換をしながら親睦を深め、総会に備えようとの企画である。そこで、
今ひそかに考えているのが、この隠岐人会総会にも、かつき奈々 さんに来てもらい「隠岐の恋歌」をご披露頂こう、とのことである。そして、
隠岐の恋歌 を全国区にし、
今年のNHK紅白歌合戦出場を確実なものにしようとの思いである。 トホホ・・・これでは気は休まっても身体の休まる暇が無い。

明日は定期健診日。アー・・・数字が恐い。

Last weekend, Nishinoshima town (an isolated island in the Sea of Japan, http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/)
The Association of Residents of the Kinki Region who live in the Kinki Region in their hometown, the Kinki Kokuga Kai
The board of directors’ meeting was held at the Oki Island (named after the scenic spot of Oki Island and Kuniga Coast).

The Kinki Kokaga Kai was founded 45 years ago
The General Assembly is held once a year for the purpose of getting to know each other, and this year’s meeting was held on May 23 (Sunday) at Xuyuan Chinese Restaurant in Yotsubashi.
The event is scheduled to be held at In the preparation, fifteen secretaries who act as caretakers of the meeting gathered, and the meeting was held for about two hours in the Oki dialect. The rest is just the same as they always are.
He raises his spirits in the izakaya and heads out to the new area in the north. It’s not clear whether it’s for a meeting or a drinking party, but it’s the latter that makes it more lively.

Especially this time, “Oki no Koi Uta”.
I was very excited about it. In fact, last year, an enka about his hometown, Nishinoshima, was recorded. Lyrics: Takashi Takatakashi, Composition: Tetsuya Gen
Arranged by Tatsuya Nango, the song was written by a gorgeous trio, and sung by Nana Katsuki, an enka singer.

The snack moms know what they’re doing. As soon as we entered the restaurant, the karaoke started playing “Oki no Koi Uta”. Top batter.
The one who didn’t nominate anyone but took the microphone on his own. He seemed to have practiced a lot, and he raised his voice with confidence, but there was a little bit of it.
Then, a beautiful woman of age and age, one of the best enka singers in the Kunigakai, appears on the stage. He has already made it into his own song completely, and it’s so sultry that I can’t stop listening to it.
He sang the emotion of the Oki Islands beautifully.

As a matter of fact, on May 23rd, this year’s Kokugai-kai General Assembly, we’d like to have this enka singer, Nana Katsuki, come and perform “Oki no Koi Uta” to enliven the party…
And now I’m secretly planning it.

The rest was just like any other time, everyone had their own microphones and sang as they pleased.
When he finishes his own song, he chatters loudly and barely listens to other people’s songs. But when the song is over, they applaud even though they haven’t heard it.
The person who sang the song was very happy with it. It’s a truly carefree gathering and a great place to let go of your daily grief.

So, this Sunday, the officers of all the Oki Islands’ hometown associations, including the Kuniga-kai, gathered for a party. In fact, there are 9 groups of people from Oki Island in Osaka.
For some reason or other, the nine local associations gathered and organized an association called the Okijin-kai.
I have been appointed as the president of this Okijin-kai since last spring. Moreover.
The general meeting of Okijin (once every two years) is coming up on April 18, and we have to make preparations for this as well.
Before the meeting, the officers of the local community association gathered together to exchange opinions, deepen friendship, and prepare for the general meeting. So.
I’ve been secretly thinking about having Nana Katsuki come to the Oki Jinkai meeting and perform “Oki no Koi Uta”. And.
We made Oki’s love song a national hit.
He wants to make sure that he will be in the NHK Kohaku Uta Gassen this year. I don’t have time to rest my mind, but my body doesn’t have time to rest.

Tomorrow is a regular checkup day. Uh… I’m afraid of the numbers.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る