調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

スキー

会長日記2010/01/14

毎年の事ながら今年も年初の3連休を利用して船場ロータリークラブスキー同好会のメンバーと一緒に3泊4日のスキーに行って来た。

今年は北海道のニセコスキー場。早朝8時10分、神戸空港発、千歳行きの飛行機に勇んで搭乗。
快晴の千歳空港に降り経つやスキーバスに乗り込み一路ニセコへ。昼過ぎにはスキー場着。早速準備と思いきや、
3日も前に発送した荷物が見当たらない。不思議に思ってフロントで確認すると、「ゆうパックさんより連絡があり、
荷物にスプレー缶が入っていたため留め置かれ、今日19時にしか届かないとのこと」。トホホ・・・何とも情けない。
仕方なく温泉につかり夕食まで時間つぶす。翌9日10日は天候にも恵まれ、気持ちよいスキーを堪能。
ゲレンデは中級コースにしておけば良いものの、つい気持ちよく滑れると急勾配の上級コースに挑戦したくなる。そこで、
コースの真ん中で立ち往生などと云う無様なことにもなるが、下手はへたなりに楽しく、気のおけない仲間とワイガヤの楽しい4日間であった。

ただ、3日目の午前中、緩斜面で片足滑りを練習していると突然横腹に物凄い衝撃!!。空中に舞い上がり一回転して転倒、
まともに息が出来ない。一瞬何が起こったかと思いきや、オオストラリア人の大男がソーリ、ソーリと叫びながら私の顔を覗き込む。
こちらは暫く痛くて物も言えない・・・ただ黙って唸っていると、彼の大男、心配そうに大声で喋りまくってくる。3分も経ったであろうか、
何とか痛みも和らぎ自分を確認する余裕が出来た。痛みはあるが骨に異常はなさそうな感じ、無理して起き上がり、苦笑いをしながらOK、
OKと声を出す。相手が云う事はソーリしか判らない、こちらは文句を言おうにも云う言葉を知らない。仕方なく、ただOKを繰り返すのみ。
何とも情けない情景であった。

ただ、これも外人コンプレックスがなせる業か、自分は日本人で日本のスキー場に居て、しかもこちらは被害者なのに、
英語で応じようとする根性が情けない・・。今も横腹に痛みはあるが単なる打ち身の様で心配したことはないが、
身体の痛みより心の痛みが酷いと云った感じ。

 

I went skiing for four days and three nights with a member of Funaba Rotary Club Ski Club on three consecutive holidays at the beginning of the year.

This year, the Niseko ski resort in Hokkaido. At 8:10 a.m., I bravely boarded a plane from Kobe Airport to Chitose.
After getting off at Chitose Airport, we boarded a ski bus and headed to Niseko. We arrived at the ski resort in the afternoon. I thought I’d get ready.
I can’t find the package I shipped three days ago. I was curious and checked at the front desk.
They were detained because they had a spray can in their package and they would only receive it at 19:00 today. Oh, my God… It’s so pathetic.
We had no choice but to take a hot spring and kill time until dinner. The next day, the 9th and 10th, we were blessed with good weather and enjoyed skiing.
The slopes can be set as intermediate courses, but if you feel comfortable, you will want to try the steep and advanced courses. So.
We were stuck in the middle of the course, but we had a great time with our friends and enjoyed the four days in Waigaya.

However, in the morning of the third day, I was practicing a single-legged slide on a gentle slope when I suddenly felt a huge shock in my side. He goes up in the air, spins around and falls down.
I can’t breathe properly. For a moment I thought what had happened, but then a large Australian man looked into my face while shouting “Sori, Sori”.
I was in so much pain for a while that I couldn’t say a word…but when I growled in silence, his big man was talking loudly and worriedly…it must have been three minutes.
Somehow the pain eased and I was able to afford to check myself out. There is a pain, but there is no abnormality in the bone, I force myself to get up, OK while laughing bitterly.
Make a sound that says OK. We don’t know what to say, we don’t know what to complain about, we don’t know what to say. I had no choice but to repeat the OK.
It was a pitiful scene.

However, I don’t know if it’s because of my gaijin complex or because I’m Japanese and I’m at a ski resort in Japan and I’m a victim.
I feel sorry for the guts to try to respond in English… I still have a pain in my side, though it’s like a mere bruise, and I’ve never worried about it.
The pain in my mind was worse than the pain in my body.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO