調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

天風会 心身統一法(積極観念の集中力養成法)

会長日記2009/10/13

とにかく休みが多い。何時の間に日本はこんなに祭日が増えたのか?と云う感じ。
ところが最近は休みとなると東京出張になることが多く、この3連休も土日は映画鑑賞とそれなりに楽しんだが、昨日は日帰りで東京。
しかもAM6時に出てPM11時30分帰宅。特に身体を動かすわけではないが何んとなく疲れる。

以前にも書いた事があるが、若い頃から仕事の関係で汽車の旅には慣れており、全く苦にならないタイプ。
苦どころか寧ろ長旅は好きな方で、先々週などは時間に余裕があった事もあって技に「こだま
に乗って東京まで行ったくらい。好きな本を読みながら眠気がくればウトウトと、目覚めればただボーと風景を眺め、飽きたらまた本を読む。
それでいて汽車は僕を目的地にキチッと連れて行ってくれる。仕事であっても、汽車の旅は至福のひと時と言っても過言でないくらい。ただ、
最近は歳のせいか東京日帰りは何となく疲れる感じがする。

蛇足は是くらいにして、先週に続き、心身統一法の「感応性能の積極化」の2番目、「積極観念の集中力養成法」のレポートを掲載させて頂きます。詳しく知りたい方は、
ご連絡頂ければ何時でもお話しさせてもらいます。

「積極観念の集中力養成法」

感応性能を積極化すのには、観念要素の更改を行うと同時に、積極観念の集中力を養成しなければならない。何故なら、
長年に亘って消極観念で無意識的に生活してきた人は、自己暗示誘導法で観念要素の更改に努めても、
日常生活にはいると知らず知らずに消極方面に心が傾き、折角の自己暗示誘導の効果が薄れてしまう傾向がある為である。とにかく、
今の世は消極暗示で充満している。特にマスコミがそうであり、朝テレビをつけても、新聞をみても、目に入ってくるのは暗いニュース、
マイナス思考のコメントばかりであり、自然と周囲の環境に感化(マイナス暗示)され、大方の人は消極観念で活きている。

そこで、少しでも人生を明るく生きがいのあるものにするには、今の世の消極観念に感化されないよう、
常に心を明るい方面に向けるよう努力しなければならない。「どんな事があっても心を暗い方面に向けてはならない」と、
自分に命じる必要がある。「為せば成り、為さねば成らぬものなるを、成らぬは、おのが為さぬためなり」と古歌にもあるように、
先ずは信じて実行することである。

積極観念集中力養成の具体的方法は大別して5項目。これを日々心がけ実行することである。

?内省検討 ? 自分の今の思考が、積極的か消極的かを客観的に観察してみること。これを習慣化できたらしめたものであるが、
大抵の人は目の前の物事に対し、何の分別もすることなく取り組んでしまいがちであるが、
その前に自分の心が積極か消極かを意識的に検討する癖をつけるよう心がける必要がある。

?暗示の分析 ? 周りからくる暗示を、積極であるか消極であるかを分析的に批判し、積極は受け入れ、消極は受け入れないようにする。
暗示となるものは言語、文字、行動、現象などあらゆるものがそうである。特に今の世は消極暗示で充満しており、特に注意する必要がある。
従って、付き合う人も出来るだけ積極的な人のほうがよい。

?対人精神態度 ? 第三者に対する時の、自分の心の態度のこと。とにかく、自分以外の人に対する時は、
積極的の心の態度を崩さないようにし、常に「明るく、朗らかに、活き活きとして勇ましく」あるよう心がけることである。
悲運の人に同情するなと云うのではなく、同情はしても相手に引き込まれない注意が必要である。

?取越苦労厳禁 ? 取越し苦労ほど下らないものはない。取越し苦労は心のエネルギーの消耗率を高めるだけで、
全く得るもののない全損的行為であると心に命じること。何故なら、取越し苦労は、何れも消極的観念から思考されるものであるから。

?正義の実行 ? 言葉からすると、とても難しく大抵の人には出来ないことのように思われるとおもうが、決してそんなものではない。
何故なら、人間誰しもが持っている「本心・良心にもとらぬこと」をすれば良い、と云うことである。
本心良心は鍛えたり創り上げたりするようなものではなく、どんな悪人にも生まれながらにして備わっているものであり、
何事にも自分の本心良心に問うてみる癖をつけると、これが出来ればしめたものである。

Anyway, there are a lot of holidays. When did Japan have so many more holidays? It’s like this.
Recently, however, when it comes to holidays, I often go on business trips to Tokyo, and on these three consecutive holidays, I watched a movie and enjoyed it in my own way, but yesterday I went to Tokyo on a day trip.
Moreover, I left at 6:00 AM and came home at 11:30 PM. I don’t particularly move my body, but I’m somehow tired.

I’ve written about this before, but I’ve been used to traveling by train since I was young because of my job, so I’m not bothered at all.
Last week, I had some time to spare, so I used “Kodama” as a technique.
I even went to Tokyo in a car. When I wake up, I just stare at the scenery, and when I get bored, I read a book again.
And yet the train takes me to my destination. It’s no exaggeration to say that train travel is a blissful moment, even if it’s for work. Just…
Recently, I’ve been feeling tired of taking a day trip to Tokyo.

I would like to continue with last week’s report on the second part of the “Positive Sensory Performance” of the Unification of Mind and Body, the “Positive Contemplation Concentration Training Method”. If you want to know more
Please contact me and I will be happy to talk to you at any time.

“Positive Thinking Concentration Training.

In order to make the sensory performance positive, it is necessary to renovate the contemplative elements and at the same time to cultivate the concentration of positive contemplation. Because.
People who have been living unconsciously in a negative mindset for many years will not be able to change their mindset even if they try to change it through self suggestion guidance.
This is because when we are in our daily lives, we tend to unknowingly lean towards the negative side of our mind, and the effect of the self suggestion guidance tends to fade. Anyway.
The present world is full of negative implications. This is especially true of the mass media.
It’s a commentary on negative thinking, and people are naturally sensitized to their surroundings (negative implications), and most of them thrive on reluctance.

So, in order to make life, even just a little bit brighter and more rewarding to live, we should not be influenced by the negativity of the present world.
We must always strive to keep our minds in a bright direction. Never, under any circumstances, turn your mind to the dark side.
You need to command yourself to do it. As the old poem says, “If you do it, it will become, if you don’t do it, it will not become, if you don’t do it, it will not become, if you don’t do it, it will not become because you don’t do it”.
The first thing to do is to believe and do it.

There are five specific methods for cultivating positive thinking and concentration. This is what we have to keep in mind and do every day.

? Introspection ? Observe objectively whether your current thinking is positive or negative. This has become a habit, but
Most people tend to go about the things in front of them without any sense, but
Before you do that, you should try to make a habit of consciously examining whether your mind is active or reluctant.

? Analysis of Implications ? Critique the implications from around you analytically, whether they are positive or negative, and try to accept positive implications and not accept negative ones.
What is implied is everything: language, letters, actions, and phenomena. In particular, this world is full of negative implications, and you need to be especially careful.
Therefore, it is better to have a person who is as active as possible in a relationship.

? Interpersonal Mental Attitude ? The attitude of one’s mind toward a third party. Anyway, when it comes to people other than myself.
Do not destroy the positive attitude of the mind and always try to be “cheerful, cheerful, vivacious and courageous”.
This is not to say that you should not feel sorry for a person who is unlucky, but that you should be careful not to be drawn into the other person’s company even if you do feel sorry for them.

? Hardships in excess of hardships are strictly prohibited ? There is nothing so trivial as hardships overtime. Overwhelm will only increase the rate at which the mind’s energy is drained.
To command the mind that it is a totalitarian act with no gain at all. This is because all hardships are thought out of a negative mindset.

? The execution of justice ? From the word go, it sounds like a very difficult thing for most people to do, but it’s not.
This is because we all have to do what we don’t want to do in our hearts and conscience.
A true conscience is not something that can be trained or created, it is something that every bad person has in him or herself.
If you get into the habit of asking your true intentions and conscience about anything, you will be able to do it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る