調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

感謝と歓喜

会長日記2009/07/29

一週間ブログの更新をしなかったら、早々に友人から電話。「マッチャンどうしたん、何処か調子わるいの?」、「何で・
・・
」、「だってブログ更新してないやん・・・」、有り難い、
実に持つべきは友。尚、昨晩はロータリーの友人から電話。「マッチャン今日なんで休んだん、
何かあったん・・
・」、何とも幸せなマッチャンである。感謝、感謝・・・・。

実は先週4日間、財団法人天風会香里賛助会夏期特別研修会(修練会)
があり、それに参加していた関係で出社できずにいたのである。

天風会の夏期特別研修会(修練会)は、一年を通し最大の行事であり、
会員に取っては最大の喜びでの場ある。1年間の自分の行修の再点検をする場であると同時に明日からの1年間の鋭気を養う場でもある。
そんな大切な行事に単に参加するだけでなく、自ら実行委員長として企画運営でき、参加者からは「有難う」、指導の先生からは「良く出来た」
とのお言葉を頂くことが出来たのだから、まさに感謝と歓喜であった。

今ひとつの感謝と歓喜。その前の3連休の中日(19日の日曜日)、
淡路の花火を海上から観ることが出来た。
何とも素晴らしい眺めであった、何回ブラボーの声をあげたことか・・・。と言うのが、当日は雨の予報で、しかも、雷が鳴っていたためか、
殆ど花火見物の船が出てなく、
私達のヨットが海上に一隻のみと云った状況にあった。そんな中で目の前で花火がボンボンあがるのだから、私の為に花火を上げてくれているとついつい錯覚してしまい、
最高に感動したのである。

それも、友達の友達は皆友達、と云うことで、兄貴に誘われて見ず知らずの兄貴の友達のヨットに乗せて貰い、
ビール片手に海上からの花火見物を満喫できたのである。しかも、
男は兄貴とヨットオーナーの3人だけで後9人はうら若き女性、一番若い娘は何と9歳。
まさに感謝と歓喜であった

垂水のマリーナにて、 出航準備。肖像権、プライバシー問題で人物の判別がつかないよう、あえてぼかして撮影。
可也の高度なテクニックを要す・・・・。

025_t_t

026_t_t

012_t_t

淡路島に向けて出航。明石海峡を横断中・・・。

020_t_t

明石大橋。写真ではこんなですが実際は素晴らしい眺めでしたよ・・・。

023_t_t 024_t_t

ヨットが切る波に夜光虫(海蛍)が青く光り、幻想的な美しさであった。携帯電話のカメラゆえこんなですが、本当は・・・。

018_t_t

 

いよいよ花火。載せるほどの写真ではありませんが一様・・・。写真など撮っていると生の感動が味わえないため、殆ど撮らずでした。

003_t_t

004_t_t

017_t_t

015_t_t

 

After a week of not updating my blog, a friend called me early. What’s wrong with you, Machan? What’s wrong with you? Why do you…
I haven’t updated my blog yet…”, thank you.
Indeed, it is a friend to have. In addition, a Rotary friend called me last night. “Why didn’t you take a day off today, Machan?
Something happened…”, he is a very happy machan. Thank you, thank you…..

As a matter of fact, I spent four days last week in a special summer training session of the Tenpukai-Kori Support Foundation.
I was not able to go to work because I was participating in the event.

Tenpukai’s special summer training session is the biggest event of the year.
It is a place of greatest joy for the members, a place to review one’s own practice for the year, and a place to cultivate one’s energy for the year to come.
Not only do I participate in such an important event, but I am able to plan and manage it myself as the chairperson of the executive committee, and the participants say “Thank you” and the instructors say “Well done”.
I was very grateful and delighted to receive such words from them.

Now one thanks and rejoices. Before that, on the middle day of our three consecutive holidays (Sunday the 19th)
I was able to watch the fireworks from the sea.
What an amazing view, I can’t tell you how many times I’ve shouted bravo… Because of the rain forecast and the thunderstorm, it was not so easy to get a good view of
There were hardly any fireworks boats out.
We were in a situation where there was only one yacht at sea. I was under the illusion that he was making fireworks for me, because the fireworks were going off in front of me.
It was supremely moving.

My brother invited me to take a ride on his friend’s yacht.
I was able to enjoy watching the fireworks from the sea with a beer in hand. Moreover.
There were only three men, a brother and a yacht owner, and the other nine were young women, with the youngest daughter being a whopping nine years old.
It was indeed gratitude and joy.

We’ll be ready to set sail at the Tarumi Marina. In order not to be able to identify the person due to portrait rights and privacy issues, I intentionally blurred the image.
It requires a very high level of technique….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る