調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

十三と云う街

会長日記2008/12/03

大阪に「十三」(ジュウソウ)
と呼ばれる下町がある。大阪市の北部に位置し、淀川の北岸に広がる大阪特有の極々庶民的な街である。東京の下町とは随分違い、
大阪南の下町ともまた違う。誰の歌だったか忘れたが昔、「十三の姉ちゃん
と云う歌が流行ったことがある。所謂、歌になる程に独特の味を持った街と云うことであろう。

その十三に知人を尋ねた日のこと。夕方知人宅に向かって表通りから少し入った路地を歩いていると、
人目もはばからず立ちションをしている男がいる、余りいい気はしないが道は一本、仕方なくその人の横を通りかけると、
今晩は・・」と声がする。
アレッと思って回りを見回すが誰も居ない、立ちションの彼と私の二人である。と云うことは・・・彼が私に「今晩は・・」と挨拶したらしい。全く見も知らずの人であり、しかも立ションをしながらである。普通、
挨拶をされたらあいさつを返すが、流石にこの時は引いてしまい、黙って通り過ぎた。

知人に合うなり、その話をした。「今おかしな人に合ってん、
十三には変わった人がおるナー・・
」と、すると、その知人、「何言うとんねん。
十三の人は皆そうやで。知る知らないに関係なく、朝顔を合わせれば、お早うございます、 夕方顔を合わせれば、今晩は・・、お休みなさい・・
。皆が声を掛け合う。若い人でも皆そうするでー」と云う。「
ほんまかいな・・
」、「ほんまや・・」、「顔見知りでなくても?」、「そうや、顔見知りでなくても。
中には、昨日寝れなくてな・・等と話し掛ける人もいる・

とのこと。

 どうも、おかしな人は小生の方であったらしい。彼から見たら、
立ちションしながらでもわざに挨拶したのに知らん顔で通り過ぎるなんて・・・、と云うことになる

その話を聞いたとたん、立ちションの彼(40歳前後)に何とも云えない親しみを覚え、引き返して「今晩は・・」と挨拶をしたくなった。と同時に、
十三と云う街が何となく好きになった。

Juso” in Osaka
There is a downtown area called “the city”. Located in the northern part of Osaka City, it is a very ordinary town peculiar to Osaka, extending on the north bank of the Yodo River. It’s very different from downtown Tokyo.
It is also different from the downtown area in the south of Osaka. I don’t remember who sang it, but it was a long time ago, “Thirteen Sisters.
There was a song that was popularly sung, “I’m not going to be able to do this. It’s a town with a unique taste that is so unique that it becomes a song.

On that thirteenth day, I asked for an acquaintance. In the evening, as I walked down an alleyway a short distance from the main street toward an acquaintance’s house, I saw
There is a man who is standing and urinating without blinking his eyes, and I don’t feel good about it, but I have no choice but to go past him on one road.
‘Good evening…’ says a voice.
I looked around, but there was no one there, just him and me, who were standing on the floor. That means…he said, “Good evening…” to me. He was a complete stranger, and he was peeing himself. Usually.
I returned the greeting when he greeted me, but as expected, I withdrew this time and passed by without saying a word.

I met an acquaintance and told her about it. “I’m meeting a crazy person.
There’s a strange person in Juso…” and the acquaintance said, “What are you talking about?
Everyone in thirteen is like that. Whether you know it or not, if you see each other in the morning, good morning, if you see each other in the evening, good night…
. Everyone chats to each other. All young people do that. “Are you serious?
It’s true…”, “Really…”, “Don’t we have to know each other? “Yeah, you don’t have to know me.
Some people talk to them about how they couldn’t sleep yesterday.
this and that.

Apparently, the strangest person was me. From his point of view.
You can’t just stand there and say hello to someone without their knowledge…

As soon as I heard the story, I felt an indescribable familiarity with him (around 40 years old), and I wanted to turn around and say, “Good evening… At the same time.
I’ve come to like the city of 13 somehow.

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO