調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

ナイトクルーズ

会長日記2007/10/30

船旅は最高の贅沢という。私は海育ちという事もあって子供の頃から船に乗る機会は多く、小・
中学生当事はテンマ船の艪をよく漕いだものである。ところが隠岐之島から本土に渡る船は大の苦手であった。今は、高速艇で1時間、
フェリーだと約3時間程で渡るが、私が高校生位までは6時間を要した。しかも、500トン位の小さな船(当事は凄く大きく思っていたが・・)
で日本海の荒海を渡るため、一寸時化ていると船室で寝ていてもズズズッ、ズズズッと端から端まで滑り落ちる。可笑しな表現と思うでしょうが、
実際「滑り落ちる」という表現がピッタリとくる凄まじい揺れであった。船酔いの苦しさは経験した者しか判らないが、それはきつい。
その経験があるだけに親の死に目意外は冬は田舎に帰らないと固く決意していた程である。

その私が28・29日の一泊2日、にっぽん丸でののワンナイト・クルーズを楽しんだ。
ロータリーの友人から飛鳥やにっぽん丸での船旅の話を何度か聞かされており、一度は乗ってみたいとひそかに思っていた。そんな折、
たまたま知人から「にっぽん丸」のワンナイト・クルーズの案内があった。
船酔いのトラウマがあるだけに一瞬躊躇するものはあったが妻に話すと、「それいいじゃない、行きましょう」の一言。
瀬戸内のナイトクルーズであり、先ず船酔いは大丈夫・・・と決意し申し込んだ。

夕方5時、神戸港の中埠頭で乗船。総トン数21903トンで8階建、超豪華客船の名にはじない素晴らしい船であった。
船内に一歩足を踏み入れたとたん何となくフワッとゆったりとした雰囲気があった。船も豪華だが、
それにも増してお客をもてなそうとする心が船員の一人ひとりに強く感じられ、すごく良いムードが船内一杯に漂っていた。
そんな中で食事やゲームやショーを楽しむ。船はゆったりと貴婦人の如く瀬戸内を行く。
下船は翌日14時であったが陸上とは別の時間が流れているかのような一時であった。

これで世界一周など夢のまた夢であるが、船旅のとりこになる人の気持ちは判るような気がした。

sh0260  sh0262  中埠頭の夜景

sh0274  sh0275 明石大橋を真下から写す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO