調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

ほのかな気分

会長日記2007/10/11

今、金木犀の花盛り。

駅まで15分。運動を兼ねて毎朝セッセと歩いている。
経路は幾通りかあるが最近は道幅は狭いが一番の近道である旧村中の経路を好んでいる。この経路、
景色は余りよくないが何と言っても香りが素晴らしい。そう、金木犀の香りである。家の庭先や生垣に金木犀が一杯で、
一昨日からいっせいに咲き始めた。何ともいえないほのかな香りを漂わせている。その香りが家の玄関(我が家の庭にもある)
から駅頭近くまでづっと続く・・・・・、特に今日はその香りが強かった。「ほのかな気分」で職場に向うことが出来た。

「 ほのかな気分」でもう一言。今週初日、友人に誘われて夜、北の新地へ・・・、はじめ私の行きつけの店で飲んでいたが、
友がもう一軒と強引に誘う・・・、仕方なくルンルン気分で着いて行く。そこは私が行くような店と違い、何ともごうじゃすな店であった
(酔眼朦朧)。飲むとトイレが近くなる、美人に案内されて小用に・・・。トイレの壁掛に、「犬のおっぽをまくらに、猫のひるさがり」
と書いた笑福亭二鶴の色紙があった。何となく私も「ほのかな気分」になった。

ついでにもう一言。今朝のNHKテレビ。ひとり山里に住む老人が書いた詩が静かなブームになっていると報じていた。「もとめない」
という詩集らしい。人は皆何かを求めて生きているが、何でもかんでも求め過ぎているのでは・・?、そうでなく、本当に必要なものだけ
(例えば心の安らぎ、真の幸福)を求め、後は一切求めない人生。そうする事によって本当に望むものが求められるのでは・・・・。どうも、
そんな思いを詩にしているようである。未だ読んではいないが、多分、「ほのかな気分」になれる様な詩集ではないか、と興味を覚えた。

Right now, the golden osmanthus is in full bloom.

15 minutes to the station. I walk with Sesse every morning to get some exercise.
There are a number of routes, but recently I have been preferring the route in the old village, which is the shortest route although the road is narrower. This path.
The scenery is not great, but the aroma is wonderful. Yes, it is the scent of the golden osmanthus. The garden and hedges of the house are full of golden osmanthus.
It started to bloom all at once the day before yesterday. It gives off an indescribable faint scent. That scent is at the front door of our house (and in our yard).
The scent was especially strong today….. I was able to head to work in a “faint mood.

One more word: “Faintly in the mood. On the first day of this week, my friend invited me to go to the north of the city in the evening… At first, we had a drink at my favorite place.
A friend forcefully invites her to another restaurant….. It was not the kind of place I would go to, but it was a rather rundown place.
(Drunken eyes dazed). Drinking makes you close to the bathroom, and a beautiful woman leads you to the bathroom to run errands… Dog’s Tail in a Sleeper, Cat’s Hunchback” on the wall of the toilet
There was a colored paper of Futatsuru Shofukutei, who wrote, “I don’t know what to do. Somehow, I felt “faint” too.

One more word on a side note. NHK TV this morning. It was reported that a poem written by an old man living alone in a mountain village was experiencing a quiet craze. I don’t want you to.
It seems to be a book of poems called We all live in search of something, but aren’t we asking for too much of everything? No, not really, only the ones that are really necessary.
(e.g., peace of mind, true happiness) and a life that does not seek any of the rest. And in doing so, we can ask for what we really want…. Thank you.
He seems to be writing a poem about such thoughts. I haven’t read it yet, but I was curious that it might be a collection of poems that would give me a “faint feeling”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO