調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

同窓会

会長日記2007/10/09

またまた同窓会。

今年は還暦という事で何かと同年代の集まりが多くある。なかでも同窓会というのは良いものである。同窓会は、大、高、中、
小とあるが、大概は小・中学校は一緒なので中学以上の同窓会が一般的なようであるが、結びつきは下に下がるほど強い。

なかでも今回集まったのは、私の出身地隠岐之島のひとつの島、西ノ島の内のひとつの地区、
大山と呼ばれる戸数60戸程の集落の同級生の集まりである。 何ともローカルな話しである。
これ以上ローカルな集まりは無いくらいローカルである。ところがローカルであればあるほど結束は強い。戸数60戸で同級生は13人、
戦後のベビーブームとは言いながらもの凄い出生率である。因みに今はと云うと、同じ大山地区で小学生が総勢2?3人、
過疎と少子化でお先真っ暗と言わざるを得ない状況にある。

3連休の初日、6日(土)の朝は早や5時過ぎに眼が覚めた。そう今日は大山の同級が鳥取県の皆生温泉に集まる日。
ルンルン気分でもはや寝ように寝れない・・・、妻を起こさぬようにと気を使いながら寝床をはなれたが、「もうー・・お父さんは、
小学生でもあるまいに・・・」と、からかい気味に怒られる。9時半出発の予定であったがどうも落ち着かず9時に出発、
吹田と姫路に寄って同級生を拾い、一路皆生温泉へ、皆生着16時。

集まったのは11名。13名の内一人は中学2年の時、一人は昨年他界した。
従って生存者11名で全員集ったと言いたいが一人どうしても体調不十分で参加できず、
飛び入りで地区は違うが大山大好きの同級生が代理出席してくれた。

18時車座になって宴会が始まった。30分もしない内に殆どが幼児返り、男女の隔てなく全て呼び捨てかチャンづけであり、
みごとに昔に返っている。御歳60歳の男女が○○ちゃんと呼び合い全く違和感が無い、
産まれたときから一緒で小学校も中学校も片道40分の地道を行き帰りした仲である、中には高校まで一緒であった奴もいる。
第三者から見れば異様な光景と思うが当人同士に違和感があろうはずがない。結局床に着いたのが1時半であった。
ところが朝は早や6時には起きていた。

Another reunion.

This year, since it’s my 60th birthday, there are many gatherings of the same age. The reunion is a good one in particular. The reunion was held at the University, High School, Middle
It says “small,” but since elementary and middle school are generally the same, it seems that reunions for middle school and above are common, but the ties are stronger the further down the line.

This year’s gathering was the first of its kind in a district of Nishinojima, one of the islands of my hometown, Oki-no-jima.
It is a group of classmates from a village of about 60 households called Oyama. It’s a very local story.
It is so local that there is no more local gathering. However, the more local you are, the stronger the unity is. It’s 60 units, 13 classmates.
Despite the post-war baby boom, the birth rate is amazing. By the way, there are a total of two or three elementary school students in the same Oyama area.
We are in a situation where the population is depopulated and the birthrate is declining.

On the morning of the 6th (Saturday), the first day of three consecutive holidays, I woke up as early as five o’clock. Today is the day that Oyama’s classmates gather at Kaike Onsen in Tottori Prefecture.
I couldn’t go back to sleep because I felt so happy…, I left the bed, trying not to wake up my wife, but I said, “Dad…
We were supposed to leave at 9:30, but we didn’t feel comfortable and left at 9:00.
I stopped at Suita and Himeji, picked up my classmate, and went to Kaike Onsen, arriving at Kaike at 16:00.

There were 11 people gathered, one of the 13 was in the eighth grade, and one passed away last year.
Therefore, I’d like to say that we had 11 survivors, but one of us couldn’t attend because he wasn’t feeling well enough.
One of my classmates who loves Oyama, though he is from a different district, attended the event as a substitute.

In less than half an hour, most of them turned into toddlers, and all of the men and women, regardless of whether they were male or female, called each other out or chanted, and the banquet began at 18:00.
It’s a wonderful return to the past. A man and a woman, 60 years old, calling each other “pussy”, it doesn’t make any sense at all.
They have been together since birth, and have traveled 40 minutes one way to elementary and junior high school, some of them even went to high school together.
From a third party’s point of view, it may seem strange, but there is no reason why there should be any discomfort between them. After all, it was 1:30 when we arrived on the floor.
However, I was up as early as 6:00 in the morning.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO