調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

父の日

プライベートな話2007/06/18

六月の第三日曜日は「父の日」。
何時の頃に制定されたのか余り記憶にないが、私が子供の頃は無かったように思う。ただ、「母の日」というのは何故か鮮明に覚えている。小学生の頃、青ばなをたらし、
それを学生服の袖でぬぐう為袖口はカチカチで、しかも光っていた。そんな田舎の悪ガキが、何故か「母の日」には、造花のカーネーションを、
その学生服の胸に飾り、「お母さんありがとう」と言ったものである。
食べるものもろくに無かった時代、プレゼントなどは何もしなかったと思うが、その時の母のとっておきの笑顔だけは今もはっきりと覚えている。
多分先生が強制的にさせていたと思うが、なんとも粋な計らいである。ところが父の日はなかった。今から考えると不思議であるが、
当事は何も思わなかった。

それが有り難いことに自分が父親になった頃には父の日ができていた。子供が小さかった頃、「父の日」はプレゼントの山であった。3人の子供がそれぞれに「肩叩き券、昼休み券、お買い物券」など、一杯作ってくれた。1年で使いきれないほどあった。ところが、
中学高校と成長するに従って、何時の間にか「母の日」はあっても
父の日」は無くなった。妻が、可哀想にと思ってか、
生活必需品をスーパーの袋ごとプレゼントとしてくれる事はあったが、子供は全く眼中に無い感じであった。

ところが、昨日は娘から素敵なプレゼントがあった。セリーヌのネクタイ(はじめSELINEのネクタイと書いてしまい、娘に「綴り間違えてる。ニセモノ贈ったみたいやん!」と叱られた)である。今朝そのネクタイをしめ、
颯爽と出勤した。誰か何か言ってくれないかな・・・?などと思いながら。ところが誰も何も言ってくれない・・・トホホ。

エエーイそれならブログで発表するしかない。そうー、今日のネクタイは娘のプレゼントなのだ・・・。

The third Sunday in June is “Father’s Day”.
I don’t remember when it was enacted, but I don’t think it was around when I was a kid. However, I remember “Mother’s Day” very vividly for some reason. When I was in elementary school, I carried a blue flower and
The cuffs were cracked and shiny because I wiped them with the sleeves of my school uniform. I don’t know why this country boy, a bad boy, gave a carnation of artificial flowers on Mother’s Day.
He hung it on the chest of his school uniform and said, “Thank you, Mother.
I don’t think I gave her any presents in those days when there was nothing to eat, but I still clearly remember my mother’s special smile at that time.
I think the teacher was forcing him to do it, but it was a clever arrangement. However, there was no Father’s Day. In hindsight, it is strange to think that
I didn’t think anything of the matter at hand.

Thankfully, by the time I became a father, Father’s Day had been celebrated. When my kids were little, Father’s Day was a pile of presents, and each of my three kids made a stack of shoulder taps, lunchtime tickets, shopping vouchers, etc. There were more of them than I could use in a year. However.
As I grew up in middle school and high school, I realized that even though there was a “Mother’s Day” before I knew it
“Father’s Day” is gone. I don’t know if it’s out of pity for my wife.
There were times when they gave us a whole bag of daily necessities as a gift from the supermarket, but the kids didn’t seem to care at all.

However, yesterday, my daughter gave me a wonderful gift. I wrote “SELINE’s necktie” in the beginning, and my daughter said, “You’re spelling it wrong. It’s like I gave him a fake gift! ). I put on that tie this morning.
He arrived at work with a bang. Can someone please tell me something…? I was thinking about it. But no one has said anything to me.

Yay then I’ll have to announce it on my blog. Yes, today’s tie is my daughter’s present….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO