調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

小父さんの話、NO2

プライベートな話2007/05/28

早く「小父さんの話、NO2]を書かなくてはと思いつつ今日に至ってしまった。というのも、先週は東京での総会及び研修会が重なり、
殆ど東京に居た為に時間が取れなかったが故である。

小説「中国任侠伝」の話であるが、中国の春秋時代(戦国時代)、孟嘗君と云う宰相が居た。
彼は5月5日生まれであった事から大変な苦労を強いられて育った(当時中国では、5月5日生まれの子は親を喰うとされ、
誕生と同時に殺される運命にあったという)。その為、周囲に対する気使いは人一倍濃やかで、部下は勿論、食客にも非常に慕われていた。当時、
食客だけで3千人も居たというが、ある事で国王の不興を買い、宰相の地位を剥奪された。すると、3千人の食客は、
蜘蛛の子を散らすように孟嘗君のもとを去っていった。残ったのはただ1人、無駄飯喰いの食客であった。

ところが、孟嘗君。その後色々あって、再度、宰相の地位に復帰がかなった。そこで、1人残っていた無駄飯食いの食客が
「昔の食客を迎えよう・・」という。すると、孟嘗君、「とんでもない、あんな薄情な士など顔もみたくない。
私は客を遇することに落度は無かったと信じている。ところが私がいったん失脚すると、彼等はことごとく私に背を向けて去り、
誰ひとり振りかえってみるものもいなかった。再び私の前に現れるようなことがあったら、そやつの顔に唾を吐きかけ、
大いにはずかしめてやりたい・・・」という。そこで、無駄飯食い「そうではありません。あなたの言葉は間違っています。
物には必ずそうなる筋があり、事についても同じです。たとえば、生きている者が必ず死ぬようなことです。富貴になれば士が集まり、
卑賤になれば友も散じるのも、とうぜんのことでしょう。朝と晩と、市場の混み方が違いますが、人々が朝を好み、晩を憎むのではありません。
市場には朝にしか商品がないからであります。それと同じで、あなたが地位を失って、賓客が皆去ったのは、もうあたりまえのことです。
そんなことで士を怨み、いたずらに賓客の路を絶ってはなりません。どうか客を遇すること、もとのとおりになさいませ」と諭した。

その言葉をきいた孟嘗君、「私が愚かであった。つつしんでそのようにしよう・・・」と、云い大声で笑った。
その笑い声で心のわだかまりをすべて吹き消そうとでもするように。

教訓的な面白い話であった。

I’ve come to this day thinking that I should write “Father’s Story, NO2” as soon as possible. Last week, I had a general meeting and a training session in Tokyo.
I was in Tokyo most of the time, so I didn’t have much time.

In the Spring and Autumn period (Warring States period) of China, there was a prime minister named Meng嘗kun.
Since he was born on the 5th of May, he had a very hard time growing up (in China at that time, it was said that a child born on the 5th of May would eat his parents).
(It is said that he was destined to be killed at the same time he was born). Because of this, he was very considerate of his surroundings, and was highly sought after not only by his subordinates but also by his customers. At the time.
It is said that there were 3,000 diners alone, but one thing displeased the king and he was stripped of his vizier position. And then 3,000 diners…
He left Meng嘗 Kun like a spider child scattering. There was only one person left who was a wasteful eater.

However, Meng Tamesh. After that, many things happened and he was restored to the position of prime minister. So the one person left, a wasted food eater.
“Let’s welcome the old diners… Meng嘗 said, “Outrageous, I don’t want to see such a cold-hearted man.
I believe there was no fault in the way I treated my guests. But once I was disgraced, they all turned their backs on me and left.
There was no one to look back at. If he ever comes in front of me again, I’ll spit in his face.
I’d like to make a big deal out of it… So, it’s a no-brainer, “That’s not true. Your words are wrong.
Things always have a tendency to do so, and it’s the same with things. For example, it is as if the one who is alive will always die. When you become wealthy, you’ll attract warriors.
It is only natural that when one becomes lowly, one’s friends will fall away. There is a difference in how crowded the market is between morning and evening, but people love the morning, not hate the evening.
This is because the market only has products in the morning. In the same way, it’s a given that you’ve lost your position and all the guests have left.
Don’t hold a grudge against a man for such a thing, and don’t let the guests off the path in a careless way. Please treat your guests as you did before,” he admonished.

When he heard these words, Meng嘗 Kun said, “I have been a fool. Let’s do it that way…” he said, laughing out loud.
It’s as if you’re trying to blow away all the unrests in your mind with that laugh.

It was a cautionary and interesting story.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO