調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

小父さんの話

プライベートな話2007/05/18

今週のはじめ、某小父さんが突然会社に来た。1階の受付?から事務員に連絡したらしく、私にメモがまわって来た、
「八尾のおっちゃん、とおっしゃる方が1階にお見えですが・・・」とある。なに・・「直ぐにお通しして・・!!」。
少し疲れ気味のチョッキによれよれの帽子を被り、ニヤッと独特の笑みを浮かべて入ってきた。応接に腰をかけるやいなやタバコを口にくわえる・
・・、ムム・・私の部屋は禁煙・・、所が全く意に介している様子がない。人生の大先輩、おん歳80才である。禁煙など通用するはずが無い、
直ぐに炊事場から灰皿を持って来た。タバコは昔ながらのピースである。

実はこの小父さん、そこそこのお金持ちでゆったりとした暮らし向きの人である。ところが、お金を使うのは嫌いなほう・・、
それも可也徹底している。普通の人は「高価な物を自慢する」が、小父さんは「如何に安く買ったかを自慢する」、
とにかく物を安く買うのが大好きである。一般に云うダダのケチとは違い、お金は使う時は使う、無駄使いもする。
所が他と比較検討して安くなければ絶対にダメ、「松谷さんこれどや・・、君にと思ってこうてきたのだが・・」、今までにシャツやジャンバー、
ネクタイなど色々と頂いたが、1着百円のものは珍しい、たいがいは五十円で仕入れたものである。

で、今回も同様。「松谷さん、これ面白いで・・、5冊の単行本をさしだす」、それも相当の古本、表紙は勿論中も色あせ赤茶けており、
少し目が弱くなった小生に取ってはチョット辛い本である。多分間違いなく10円で仕入れた本である。「何時もすみません・・
有り難うございます」、深々と頭を下げ、5冊の本を押戴いた、トホホ・・・。

小父さんは中国語が好きで、今も中国語の学校に週一で通っている。80歳になっても向学心は全く衰えていない、
漢字一つに大変な興味を示す、従って、エッと思うような話がちょくちょく聞ける。普通の人と少し違っているが、
それ故に独特の味があり面白い。「松谷さん・・、
この陳舜臣中国任侠伝、これは面白い・・日本の講談やな・・
これは・・」。そこで薦められるままに早速読んでみた、確かに物語は講談調で文の切れも良く面白い。その一節に、
一寸興味深い内容の話があったので紹介したいと思う・・。

ところが、時間がない・・。次の用事があるので、内容の紹介は次回にゆずらしてもらう事にする。あしからず・・・。

Earlier this week, a certain father came to the company out of the blue, apparently contacting the clerk from the reception desk on the first floor. He had contacted the clerk from the reception desk on the first floor, and a note came around to me.
There’s a man on the first floor who says “Yao no Ochan”… What…? Send him through…! .
He walked in with a grin and a peculiar grin on his face, wearing a hat that was a little tired. As soon as you sit down at the reception desk, you put a cigarette in your mouth.
Mmm…my room is non-smoking…but it doesn’t seem to be going through at all. He is 80 years old. You can’t just stop smoking.
I immediately grabbed an ashtray from the soup kitchen. The cigarette is an old-fashioned piece.

In fact, his father is a moderately rich man with a relaxed lifestyle. However, I don’t like to spend money…
It’s also pretty thorough. Most people brag about their expensive things, but my dad brags about how cheap he bought them.
Anyway, I love to buy things cheap. Unlike the stingy, stingy people, they spend money when they can, and waste it when they can.
It’s a great way to get a better idea of what’s going on in your life.
They gave me a variety of ties and other things, but the ones that cost 100 yen each were rare, and most of them were bought for 50 yen.

And it’s the same this time. “Matsutani-san, this is interesting…, you give out five books.
It’s a bit of a painful book for me because my eyes have become a bit weak. It’s a book that I probably bought for 10 yen. I’m so sorry…
Thank you very much,” he bowed his head deeply and gave me five books, tho-ho…

He is 80 years old, but his enthusiasm for learning hasn’t diminished at all.
He shows a great interest in a single kanji character, so he can often listen to stories that make you feel bad. It’s a little different than most people, though.
Hence, it has a unique flavor and is interesting. Matsutani-san…
This Chen Sun-sin’s story of China’s chivalry, this is interesting … Japanese story…
This is… So I read it as soon as it was recommended to me. In that passage.
I’d like to introduce a little interesting story…

But there’s no time… I have to run some errands, so I’ll save the introduction for the next time. I’m sorry…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO