調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

同窓会

プライベートな話2007/02/13

この土、日、月の3連休は、我が母校、黒木中学校の同窓会であった。

小生は、昭和38年3月島根県隠岐郡西ノ島町立黒木中学校卒業。そこで、ごく単純に38年の卒業生の集まりを「三八会」と名づけ、
42歳の厄年以後、5年に1度同窓会を開催してきた。今年は、61歳の本厄、所謂「還暦」である。そこで、
何時にも増して大々的な同窓会となった。

会場は、京都の奥座敷、湯の花温泉である。新大阪駅を集合場所とし、バスにて一斉に湯の花に乗り込もうとの企画。
出身地の隠岐ノ島は勿論、東京、名古屋、大阪、兵庫、四国、島根と各地から三々五々集まり、
午後2時の集合時間を待たずに大型観光バスは超満員。後は何時もの通りワイガヤで、幹事の話など全く聞く者はいない。
それでもバスはキッチリ目的地に着いてくれる、唯ただ運転手さんに感謝。

夜の宴会も同様。乾杯の後、1分間スピーチが予定されていたが皆が耳を傾けていたのは最初2?3人の話だけ。
後は誰が喋っているのかさえよく判らない、彼方此方で車座ができ勝手に盛り上がっている。情けないと云うか何というか・・、
無駄に歳を重ねただけで一人も成長している奴は居ない。

社会的地位だけは其れなりに恰好を付けており、大学教授も居れば社長も居る、学校長も居れば生徒(夜間高校)も居る、
主婦も居れば後家さんも居る、ヤクザはいないが漁師は居る。そういえば田舎の教育長も居た・・・。しかし、何れも名刺の肩書きだけで、
ハートは皆中学生のまま。

当たり前のくどのまえ、宴席は2次会・3次会と続く。なかでも楽しかったのが2次会のカラオケ。
喉自慢はキョウビのこと五万と居るが、ふと横を見ると大きなハンカチを雑巾代わりに、音楽に合わせながら壁拭きをしているのがいる。
60歳にもなったオッサンが何とも言えないおかし味を持った恥じらい顔で、腰をくねらしながら壁に張り付いて踊っている・・、
今こうしてブログを書きながらも、つい噴出してしまいそうになる。しかも、そのお人が普段は鬱病では・・、
と心配になるほど大人しく寡黙であるが故になおさらである。実に楽しかった・・、久方ぶりに笑いながら涙を拭いた。

翌日は京都観光。嵐山、金閣寺と巡り、平安神宮で厄除けの神事(正式参拝)を行い、南禅寺の湯豆腐に舌鼓をうち、
後は京都駅と新大阪駅で一部解散、残る吾等は大阪のど真ん中にホテルをとり、近くの中国料理店で2日目の宴席。飲みすぎ食べすぎ喋り過ぎ、
疲労困憊した老体に鞭打って、またもや何時果てるとも判らない宴会が始まった。中には、てふてふとり今日は何所まで行ったやら・・、
帰ってこぬ連中もいたと云う。

翌朝早くにはお迎えのダッジがホテル前に到着。二日酔いのボーとした頭で、9時9分にはテイーショット。可愛いキャデイーが
「ナイスチョット・・」と横を向く。何とも忙しくて楽しい2泊3日の還暦同窓会であった。

On this Saturday, Sunday and Monday, I had a reunion of my alma mater, Kuroki Junior High School, for three consecutive holidays.

I graduated from Kuroki Junior High School, Nishinoshima-cho, Oki-gun, Shimane Prefecture, in March 1963. Therefore, we simply named the gathering of the graduates of 38 years as “Sanpachi-kai” and
He has held a reunion every five years since he turned forty-two years old. This year, I am 61 years old, which is what I call the “Kanreki era”. So.
The reunion was as big as ever.

The venue was Yunohana Onsen, a spa resort in Kyoto. The plan was to meet at Shin-Osaka Station and take a bus to get on the Yunohana.
Not only did they come from Oki-no-shima, where they are from, but they came from Tokyo, Nagoya, Osaka, Hyogo, Shikoku, and Shimane.
Without waiting for the 2:00 p.m. meeting time, the large sightseeing bus was super full. The rest of the day was just the same as usual, with no one listening to the secretary.
Even so, the bus arrived at the destination exactly, I just thank the driver.

The same goes for the evening feast. After the toast, a speech was scheduled for one minute, but only two or three people listened at first.
It’s not even clear who’s talking after that. I don’t know, it’s kind of pathetic.
Not a single person is growing up just because they’ve aged in vain.

There are university professors and presidents, school directors and students (night high school), and social statuses are all dressed up in their own way.
There’s a housewife, there’s a backpacker, there’s no yakuza, but there’s a fisherman. Come to think of it, there was a rural superintendent…. But none of them are just titles on business cards.
The hearts are all still in middle school.

The banquet continues with a second and third party. The most fun part was the karaoke at the second party.
There are 50,000 people who are proud of their throat, and when I looked next to them, I saw a large handkerchief being used as a rag to wipe the walls while listening to music.
A 60-year-old man, with an indescribably funny and embarrassed face, wriggling his hips and dancing against the wall …
Even as I write this blog, I feel as if I’m going to gush out. And he’s not usually depressed, so…
This is all the more so because he is so quiet and taciturn that I was worried about him. It was really fun … I laughed and wiped my tears for the first time in a long time.

The next day we went sightseeing in Kyoto. After touring around Arashiyama and Kinkakuji Temple, we had a ceremonial visit to Heian Jingu Shrine to ward off evil spirits (official visit), and then we had a taste of boiled tofu at Nanzenji Temple.
The rest of us took a hotel in the middle of Osaka and had a party on the second day at a Chinese restaurant nearby. Drinking too much, eating too much, talking too much.
The banquet started again with the exhaustion of my old body, which I never knew how long it would last. Some of them have gone to some places today…
Some of them didn’t come back.

Early the next morning the Dodge that picked us up arrived in front of the hotel. Tee-shot at 9:09 with a hungover dazed head. There’s a cute little cadet.
‘Nice chot…’ he turns to the side. It was a very busy and enjoyable two-night, three-day Kanreki reunion.

3 thoughts on “同窓会”

  1. いやー全く楽しい2日(我々の場合 +2日)間でした、年を、回を重ねる度に楽しさが増してくる・・・って思いを強くしました、我々隠岐のメンバーは、それぞれ珍道中を続けて楽しみながら、後々の話題作りをしながら13日無事帰島、
    お世話に成りました、次回にも健康で出席出来る事を、また何より「幹事様」の健康を心より祈って、・・・   Good Luck !!    

  2. 還暦同窓会の様子、覗かせて頂いているがごとく楽しませて頂きました。本当に見かけはすっかり小父さん、小母さんでも少年少女に戻りましたね。きっと寿命も延びたことでしょう。本当に同郷のもんは皆、心が綺麗で良いがなー。15日はその心の綺麗なもんの集まり、隠岐人会の役員会でお会いしましょう。
    今後もブログの愛読者です。楽しませて下さい。

  3. 瀬戸さん、萩山さん、コメントありがとう。
    もう少し更新スピードを上げなければ、とは思っていますが、ついつい遊びが先行してしまいます。
    歳を重ねるに従い故郷への思いが強くなりますネ・・、これも一つの幼児返りなのかな・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO