調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

節分

プライベートな話2007/02/06

2月3日節分。暦の上では立春ということですが日本経済と同じで全く実感はない。未だまだ寒さには気をつけましょう。

ところで節分と言えば豆まき。豆まきと言えば成田山。我が家はその成田山明王院の直ぐ西側に所在する。従って、
節分は当然成田山へという事になるが、勤め人の悲しさで節分が休日に重ならないとそうは行かない。
ところが今年は土曜日が節分で小生も61歳の本役。早速妻と二人で成田さんに向った。豆まきは3回行われ、朝一番が10時30分開始の予定。
10時には行ったが既に数千人の人で境内は超満員であった。

成田山明王院の豆まきは、例年NHK朝の連ドラの役者が顔を揃えることで知られているが、
その他にもお笑い系の芸能人や政財界の年男、京都の芸子さん達がズラッと顔を揃える。紋付袴に身をかためた年男、
年女が舞台狭しと並んだ姿は壮観である。

10時半過ぎ、フウちゃんこと大田房江大阪府知事の挨拶の後、いっせいに豆まきが始まった。
押すなおすなの揉みくちゃの中で豆をゲットするのは容易な事ではない。
成田山の豆は皮付きの落花生であるが落ちたのを拾うのは最も危険な行為。従って、手お伸ばして直接ゲットしるしかないがこれは難しい、
そこでベテランは風呂敷や紙袋を頭上に掲げゲットする。小生は、そんな事とは露知らず手ぶらである、ところが流石は我妻、
キッチリと紙袋を持参していた。成果は、歳の数には少し足らなかったが、そこそこ満足できるものであった。

例年、我が家でも豆まきは必ずしている。但し、今年は妻と二人だけの一寸淋しい豆まきであった。
子供が未だ小さかった頃は節分の日は大変であった。会社帰り、玄関を開けるや否や鬼の面を被らされ、家の周りを走り回らされ、
豆を投げつけられたものである。大変ではあるが、それなりに楽しく賑やかな豆まきであった。しかし、今では全く相手にしても貰えず、
「お父さん、恥ずかしいから小さな声でして・・」と、文句を言われるのがおちである。

話は変わるが、成田山の豆まきは「福はうち!」のみで、「鬼はそと!」は言わない。何故なら、成田山の境内に鬼は居ないから、とか?
。それはそれとして、「福はうち」「鬼はそと」の掛け声は、心の鬼と福ではないかと私は思っている。すなわち、自分の心の中にある、「怒り、
怖れ、悲しみ、煩悶、妬み、嫉妬」などの消極心を「鬼」とし、「親切、正直、喜び、感謝、平和、思いやり」
など人間誰しもが生まれながらに持っている真心を「福」として、「鬼はそと、福はうち」と大声を出し、
幸せな一年を願うのではないかと思っている。

February 3rd, Setsubun. It’s called “Risshun” on the calendar, but like the Japanese economy, I don’t really feel it at all. It’s still cold, so watch out for that.

By the way, speaking of “Setsubun,” we have bean-throwing. Speaking of mamemaki (scattering of beans), it is Narita-san. Our house is located just west of the Narita-san Myoo-in Temple. Therefore, the
Of course, we have to go to Narita-san on Setsubun, but it is not possible if Setsubun doesn’t fall on a holiday due to the sadness of the workers.
This year, however, it was Setsubun, and I was 61 years old. My wife and I immediately headed for Narita-san. There will be three bean-throwing events, with the first one scheduled to start at 10:30 in the morning.
I went by 10:00 a.m. The precincts were already overcrowded with thousands of people.

The bean-throwing ceremony at Mt. Narita Myoo-in is known for having the actors of NHK’s morning drama series in attendance every year.
In addition, comedian entertainers, old men from the political and business world, and geiko-san from Kyoto are all in attendance. An old man in a hakama with a crest
The sight of the 2-year-old girls lined up on the narrow stage was spectacular.

A little after 10:30, after a speech by Fusae Ota, the governor of Osaka Prefecture, and a bean-throwing ceremony started at once.
It’s not easy to get the beans in the middle of a mess that you can’t even push.
Naritasan’s beans are peanuts with skins, but picking up a fallen one is the most dangerous thing to do. So you have to reach out and get it directly, which is hard to do.
So the veteran gets a furoshiki or paper bag over his head. I was unaware of such a thing and was empty-handed, as expected of my wife.
Kitchiri had brought a paper bag with him. The results were a little short of their age, but reasonably satisfactory.

Every year, we always have a bean-throwing ceremony in our house. This year, however, it was just the two of us, my wife and I, who were a little lonely.
When my children were still small, the day of Setsubun was very difficult. As soon as I opened the front door on my way home from work, they made me wear a demon mask and run around the house.
It was a bean thrown at them. It was hard work, but it was fun in its own way. But now they don’t want to deal with me at all.
Dad, you’re too embarrassed to speak up,” he complains.

By the way, the bean-throwing ceremony at Narita-san is called “Fuku wa uchi! Only, “Oni there! is not said. Because there are no demons in the precincts of Narita-san, or something like that?
. However, I think that the shouting of “Fuku wa uchi” and “Oni wa soto” is the demon of the mind and Fuku. In other words, the “anger,
A reluctant mind such as “fear, sorrow, agony, envy, jealousy” is a “demon” and “kindness, honesty, joy, gratitude, peace, and compassion
The sincere heart that every human being is born with is called “Fuku”, and you can shout out “Oni wa soto, Fuku wa uchi” (Oni wa soto, Fuku wa uchi).
I’m sure you’re wishing for a happy year.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る