調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

途中下車 、そして人権

探偵のぼやき2005/05/11

今朝久しぶりにひとつ手前の「天満橋」駅で下車した。天満橋から中ノ島を通ってバラ園をみたかったから・・。
何とも清清しい気持ちの良い朝になった。燃えるような華やかなバラと香り、中ノ島の近くに事務所を持つことが出来た幸せを噛みしめた。
当分は天満橋下車の通勤となりそう・・・。

今日は朝から予定が一杯。11時、13時、14時、15時と面会予約が入っており、16時からは関西総合調査業協会の理事会。
15時の面談者は朝日新聞の記者。どうも興信所の住民票、戸籍謄本の不正請求事件に絡んでの取材のようである。
協会の副会長を務める東田俊康氏(先般、探偵がゆく を出版したPIOの社長)と一緒に会う予定であるが少し気の重さを感じる。
不正請求そのものは糾弾されても仕方ないが、実はこの問題は私ども調査業界に取っては非常に重要な問題なんです。

元々は、住民票や戸籍は公開の原則で、誰でもが自由に閲覧及び入手する事ができた。ところが興信所による結婚差別調査事件に端を発し、
30年ほど前に戸籍法及び住民基本台帳法の一部改正があり、戸籍は特定の人と身内以外は入手困難となり、
住民票も公開の原則はあるものの行政の窓口が極めて厳しい規制をもうけ、事実上他人の住民票は入手不可能になっている。その為に、
今回のような不正請求が行われる背景になっている。住民基本台帳法では何人も第三者の住民票を請求する事ができるとなっている。但し、
差別など不当な目的に使われるおそれがある場合はその請求を拒む事が出来るとなっているにも関わらずである。

何故住民票が公開の原則を未だに堅持しているかを行政は確りと考えて欲しい。一方的な圧力に屈し、
偏った行政を行うのはそろそろ止めにしてもらいたいものだ・・。

本当に思う、心底思う、今の日本は詐欺のし放題、嘘のつきほうだい。その詐欺や嘘を行政や人権団体が強力に擁護しているのだから。
結果、多くの人のもっと大きな人権が侵害される結果になっている事を知って欲しい・・・。

This morning, I got off at “Tenmabashi” station. I wanted to see the rose garden from Tenma Bridge through Nakanoshima…
It was a refreshing and pleasant morning. He chewed on the flaming, gorgeous roses and scent, and the happiness of having an office near Nakanoshima.
For the time being, it looks like I’ll have to get off at the Tenmabashi Station to get to work…

I had a full schedule today, with appointments at 11:00, 13:00, 14:00 and 15:00, and a board meeting of the Kansai Research Association from 16:00.
The interviewer at 3:00 p.m. was a reporter from the Asahi Shimbun. It seems to be related to a case of fraudulent billing of the residence certificate and the family register of a public information office.
I am scheduled to meet with Mr. Toshiyasu Higashida, who is the vice president of the association (the president of PIO, which recently published Detective ga Yuk), but I feel a little heavy.
The fraudulent claims themselves may be denounced, but this is actually a very important issue for us in the investigation industry.

Originally, residency records and family registers were open to the public and anyone could read and obtain them freely. However, an investigation of marriage discrimination by a credit agency led to
About 30 years ago, there was a partial revision of the Family Registration Law and the Basic Resident Registration Law, which made it difficult to obtain a family register except for certain people and their relatives.
Although there is a principle of openness to the public, the administrative office has put in place very strict regulations, making it virtually impossible to obtain another person’s certificate of residence. To that end.
This is the backdrop for fraudulent claims such as this one. According to the Basic Resident Registration Act, any person can request a third party’s certificate of residence. However.
This is despite the fact that it is possible to deny a claim if there is a risk that it will be used for an unfair purpose, such as discrimination.

I would like the administration to think clearly about why it still adheres to the principle of disclosure of residency records. In the face of unilateral pressure.
I wish they would stop being biased in their administration…

I really think, I really think, that Japan is full of fraud and lies now. That fraud and lies are powerfully defended by the administration and human rights groups.
As a result, I want you to know that many people’s greater human rights are being violated.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る