調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

勤労感謝の日、あれこれ

会長日記2020/11/26

 11月23日、勤労感謝の日。我が家は何時ものように国旗を揚げた。ところが、街中で祭日(祝日)に国旗を揚げている家を見かけることは、とんと無くなった。内の町内でも2・3軒あるかないか。揚げていると、下手すると、「この家は右翼では・・?」などと思われかねない。

私は自分で右翼思想にかぶれている等と思った事もないし、事実、右翼的な思想や活動家とは一線を画している。ただ、旗日に国旗を掲げると、世間はどうみるか・・・と気にならなくはない。ただ、国が定めた祭日に国旗を揚げるのは当たり前のこと。何故か国旗を揚げると「凛」とした気持ちになる。今日は特別の日、祭日だから国旗を揚げようと思うだけのこと。

三島由紀夫が市谷駐屯地で檄を飛ばし、割腹自殺して50年。特に今月は命日月ということもあって、新聞や雑誌で盛んに三島由紀夫、三島文学を取り上げ論じており、興味深く目を通しているが、同調するところもあればついて行けないところもある。

あれっ!、こんなこと書くつもりでなかったのに・・・。書こうと思ったのは本当は以下のこと。

「勤労感謝の日」は、どんな日?。

普通には、“働くことに感謝する”ための日として知られている祝日ですが、当日こんなことを考えた。具体的には、「働けることに感謝する」日なのか、「働く人に感謝する」日なのか。ただ、「働くことに感謝する日」としたら、両方の意味を併せ持っており、その人の立場で感謝すれば、それはそれでいいのかなどと・・。

ところで何故11月23日が勤労感謝の日になったのか?。

実はこの日は、宮中の中で最も重要な祭祀として執り行われる「新嘗祭」と呼ばれる厳粛な行事で、天皇陛下が国民を代表して、新米を神様に奉納し、祝福する日であるが、この日を戦後、勤労感謝の日にしたのは、GHQの強い働きかけがあったようである。何故か・・・、戦前の天皇崇拝の色を少しでも薄くし、日本人の精神的バックボーンを崩すために行われた、日本弱体化政策の一環として行われたものである、との説もある。

うがったみかたなのであろうか?。

 

Labor Day, this and that

November 23, Labor Day. My family flew the national flag as usual. However, I don’t see any more houses flying the flag on national holidays in the city. There were only a couple of houses in our town. When you fly the flag, you might think, “Isn’t this a right-wing house? I have never thought of myself as being in love with right-wing ideology.

I have never thought of myself as being crazy about right-wing ideology, and in fact, I am distinctly different from right-wing ideology and activism. However, I do wonder what the public will think of me if I raise the national flag on Flag Day. However, it is natural to fly the national flag on a national holiday. For some reason, hoisting the national flag makes me feel “dignified”. Today is a special day, a national holiday, so we just want to fly the flag.

It has been 50 years since Yukio Mishima committed suicide by disembowelment after issuing a proclamation at the Ichigaya Garrison. Since this month is the anniversary of his death, the newspapers and magazines are actively discussing Mishima and Mishima’s literature, and I have been reading them with great interest.

Huh! But I didn’t mean to write this. What I was really going to write about is the following.

What kind of day is Labor Thanksgiving Day?

It’s a holiday usually known as a day to “be thankful for working,” but this is what I thought about that day. Specifically, is it a day to be thankful for working or a day to be thankful for working people? But if it is a day to be thankful for working, it has both meanings, and if we are thankful from the person’s point of view, that’s okay, etc…

By the way, why did November 23 become Labor Thanksgiving Day?

Actually, it is a solemn event called “Shintôsai”, the most important ritual in the Imperial Household, where the Emperor, on behalf of the people, offers new rice to God and blesses him. Some say it was done as a part of the policy to weaken Japan, which was carried out in order to diminish the pre-war emperor worship and destroy the spiritual backbone of the Japanese people.

Is this a pessimistic view?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る