調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

身軽

会長日記2019/10/25

今年7月に大きな肩の荷がおりた。よって我が人生で今が一番身軽な感じ、というくらい身軽にかんじている。

ただ体調は今一つ。常時けだるさがある。これは単に歳のせいかもしれない。70歳を超えるとどうも疲れが取れにくくなる様で、体力的には溌溂颯爽とはいかない。

しかし、心はべつ。身体に疲れがあるからと言って心まで疲れさせる必要は無く、少なくとも心、気だけは何時も元気モリモリにして置きたいものだ。

で、何がそんなに身軽くなったかというと、今年6月末でロータリークラブの会長職を辞したこと。これは小生に取っては相当な重荷であったらしい・・。

遣っているときはそうでもなかったが、退任してつくづくとそう思う。今のホッとした感が何よりもそれを現わしている。ただ肩の荷はおりたが、今は肩が痛く、夜中に目覚めたときの鈍痛に悩まされている。

何を隠そう・・、この1月半前、田舎に帰っていた折に、コケに足を滑らせ見事にスッテンコロリ。その際、頭をかばって後ろ手をついた際に上腕の筋を痛め、以後腕がまともに上がらない。

肩の荷は降ろしたが、その代わりに肩に鈍痛が張り付いてしまった。楽あれば苦あり・・。

 

 話はコロッとかわるが、このブログを書いている途中、調査員から、「会長、レポートがあがりましたので点検お願いします」と言ってきた。よって、階下の調査室に降りレポートを開くと、何とビックリ仰天。28歳の男性の採用調査の結果報告書。高校新卒で10年間建設会社に勤めていたと申告する履歴の人であるが、調査の結果、申告の建設会社に勤めていたのはわずか1週間だけ。しかも無断欠勤をし、翌日電話で一方的に退職を申し出たというもの。従って、勤怠の良し悪しも何もあったものではない。それにしてもこの御仁、この10年間何をしていたのであろう・・。全く履歴に書けない生活をしていたという事なのであろうが?。

 

A huge weight was lifted off my shoulders in July of this year. Therefore, I feel that this is the lightest time in my life.

But I’m not feeling so good. There is a constant feeling of dizziness. I don’t seem to get tired easily when I’m over 70, and my physical strength is not vigorous.

But the heart is different. Just because your body is tired doesn’t mean you need to make your mind tired, but at least your mind and spirit should always be in good spirits.

What made me feel so much lighter was that I resigned from my Rotary club presidency at the end of June of this year. This seems to have been a considerable burden for me…

This was not the case when I was in charge, but after I left the company, I realize that it is true. My current sense of relief shows it more than anything else. But now my shoulders are sore and I’m suffering from dull pain when I wake up in the middle of the night.

I was back in the country a month and a half ago, and I slipped my foot in the moss, and was brilliantly killed. When I covered my head and put my hands behind my back, I hurt a muscle in my upper arm and have not been able to raise my arm properly since.

He lifted his shoulders, but instead a dull pain tugged at his shoulder. Where there is comfort, there is pain…

As I was writing this blog, an investigator said to me, “Mr. Chairman, the report is up, please inspect it. So I went downstairs to the investigation room and opened the report, and to my surprise, it was a report on the results of a hiring survey for a 28-year-old man. A recent high school graduate with a history of declaring that he had worked for a construction company for 10 years, the survey found that he had worked for the construction company in his declaration for only one week. In addition, he was absent from work without permission and unilaterally asked to resign by phone the next day. Therefore, there was no such thing as good or bad diligence. By the way, what has this man been doing for the last 10 years… I suppose it means that he has been living a life that is totally unrecordable?
*** Translated with www.DeepL.com/Translator (free version) ***

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO