調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

一坪農園

会長日記2018/06/27

  この7月から大阪船場ロータリークラブの会長を務めなければならくなった。3年前から決まっていた事とはいえ、いざと成ると気が重い。でも、やるっきゃない。

 業界や郷土会など結構会長職は仰せつかっているが、正直ロータリーの会長職は特別で、多忙であると同時に毎週の例会で10分程喋らなければならない。毎週のこと故、話題作りに気を使う。

 来週は初年度例会ゆえ、一年間の年度方針発表で何とかなるが、その後どうしよう・・・。

 尚、週報に談話室というのがあり、そのしょっぱなが小生となった。そこで、今日のブログは、その原稿を添付して、お茶をにごすこととする。あしからず・・。

 

一坪農園                            松谷 廣信

8年ほど前に自宅の庭の片隅を開墾し、一坪農園を始めた。宅地の庭を掘り起こして造った畑ゆえ、土は痩せてガリガリ。でも始めて植えたトマトやキュウリ、ナスはそこそこ出来た。なんだ、野菜作りって簡単なもの、と思った。夏野菜が終わったところで、冬野菜の準備にかかった。老体に鞭打ち、鍬とスコップで結構深く耕した。そこで、ほうれん草、大根、人参などの種をまき、早く目を出せ・・、セッセと水をやり叱咤激励。すると可愛らしい芽が一杯出てきた。2・3センチの大きさになると、間引きをしてやる。間引き菜は朝の味噌汁の具。サイコー、毎朝一坪農園に足を運ぶのが楽しみとなった。ところがところが、途中から全く成長しない。大根は5センチほどでストライキ。ほうれん草は地べたに這いつくばり、頭を上げようともしない。人参は姿も見せずといった状態。そんなこんなの繰り返しで、早や8年にもなるが、冬野菜は未ださっぱり。とこりが今年4月の事、農夫の清水さんに、SAAの打ち合わせの後、酒の肴にその話をした。清水さん曰く、「マッチャンそら土が駄目だよ。農業は土作りから・・」、懇々と説教された。そうかやっぱりな・・何でも努力をせんとな・・等と打ちひしがれていた。ところがである、その説教された3日目のこと、我が家に大きな荷物が送られて来た。中味はと見ると、「栄和産業、土壌改良剤」とある。涙が出るほど嬉しかった・・。買えば安い物だろうが、そうではない。わざに高い送料を出して贈ってくれたのである。持つべきはロータリアンの友。その土壌改良剤をたっぷり使って、清水さんの指示通りに土作りに精をだすと、以下の通り。今は毎朝、キュウリの収穫にいそしんでいる。今年は絶対に冬野菜も成功させるぞ・・。

clip_image002clip_image004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO