調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

ふるさと納税に思う

会長日記2017/04/17

新年度(29年度)が始まったにも係らず、ブログ更新を全くしてなく、全国に散らばる数名の当ブログ愛好家より、ヤンヤのクレームが入り、やっとパソコンに向かった。別に何がどうというのでは無い。しかし、何故か昼ごはんもとれない事があるくらいバタバタしている。これが歳なのかな・・・などと思う。とにかく自分で思っている様に事(仕事に限らず)が処理出来ず、時間だけが過ぎて行くのだから・・・。

会社は創業39年目に突入、法人に改組し37年。山あり谷あり、いろいろ有ったが先ずは順調。前年度は、過去最高の売上げと利益計上で終えることが出来た。これも偏にお客様と社員のお陰と、ただただ感謝の一念である。 ありがとうございます!。

話は変わるが、今朝の読売新聞、気流欄にこんな記事が投稿されていた、「ふるさと納税に返礼品はいらない」と題し、ふるさと納税が返礼品目当ての利用者が急増しているようであるが、自分が育った自治体を素直に支援する気持ちがあるのならば、返礼品は必要ないのではないか。納税者も自治体もどこかおかしいのではないか・・・との趣旨であった。

「確かに」と納得する一面もある、が、やはり綺麗ごとのみで社会は成り立ったない。ついつい小生などは商売感覚で物を見てしまうところもあり、「ふるさと納税」を少しでも多く呼び込もうとすると、当然の策であり、納税者心理も当然のことと思う。また、ひとつ言いたいのは、返礼品が実は思わぬ所で、地方創生に寄与しているのである。1億円のふるさと納税の返戻品が地元産の商品(農、海産物)で約3千万。小生の生まれ育った隠岐の島などでは、3千万って結構な産業なのだ。この地場産品を行政が買い上げて返戻品にあてると、そこそこの産業振興になるのです。ふるさと納税と返戻品、地方にとっては馬鹿にしたものではない。

なお、今月の文芸春秋に、「ふるさと納税」提唱者の福井県知事が、選挙区と人口比の問題について警笛を鳴らし、地方創生についての私見を述べていたが、地方出身者にとっては「全くその通り・・」と応援したくなる内容であった。何事も教条主義、綺麗ごとでは済まないのが現実の世である。

今朝、新聞に目を通していてこんな事を思った・・・。いずれにしてももう少しブログ更新に努めます、反省。

 

Even though the new fiscal year (FY29) has started, I haven’t updated the blog at all, and a few blog lovers all over the country complained about it, so I finally went to my computer. There’s nothing wrong with that. However, for some reason, I’m so busy that I can’t even take my lunch. I wonder if this is my age…etc. Anyway, I can’t handle things (not only at work) the way I think they should be, and the time just goes by…

The company has been in business for 39 years and has been a corporation for 37 years. There were many mountains and valleys, but all went well. The previous year ended with record sales and profits. We are very grateful to our customers and employees for this. Thank you so much!

On a different note, this morning’s Yomiuri Shimbun posted an article in the Airflow column titled “No need for a return gift for Furusato taxation”, and it seems that the number of people who use Furusato taxation as a return gift is increasing rapidly, but if you are willing to honestly support the local government you grew up in, don’t you need a return gift? The idea was that there was something wrong with both taxpayers and local governments.

There is a part of me that is convinced that this is true, but it is also true that society has not been built on clean talk. I have a tendency to look at things with a sense of commerce, and I think it is only natural to try to attract as many people as possible to “Furusato Taxation”, and I think it is also natural to have a taxpayer’s psychology. One other thing I would like to mention is that the return gift is actually contributing to the creation of local communities in an unexpected way: the 100 million yen in return for the Furusato tax payment is about 30 million yen in local products (agricultural and marine products). In the Oki Islands, where I was born and raised, 30 million is quite a bit of industry. If the government buys up these local products and allocates them to return goods, it will promote the industry to a certain extent. Hometown taxes and refunds, no mockery for local communities.

In this month’s Bungei Shunju, the governor of Fukui Prefecture, an advocate of “furusato taxation”, sounded a warning whistle on the issue of electoral districts and the population ratio, and gave his personal opinion on regional development. The reality of the world is that nothing can be settled by dogmatism or pretense.

This morning, as I was reading the newspaper, I thought of this… In any case, I’ll try to update the blog a little more, reflections.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る