調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

無名(沢木耕太郎)

会長日記2016/11/11

 土曜日、何時もの事ながら図書館に行く。単行本がズラッと並んだ本棚を漠然と覗く。すると、何故か、沢木耕太郎の欄に目が留まり、中でも「無名」が俺を読め!と叫んでいた。仕方ない、読んでやるか・・、「無名」を手にする。一冊では物足らない、もう一冊。すると、となりの「危機の宰相」(沢木耕太郎)が、俺にしろ!と猛烈にアピールしている。わかった・・今週は沢木耕太郎にするか・・・。

 大体小生が本を選ぶのはこんなもの。好きな作家は居るが、その人の本は図書館にある分は大方読んでおり、後は、漠然と本棚を覗く・・。すると、こうして自己アピールをする本が中に有るのである。貸出期間は2週間。従って、大体2・3冊を手にする。

「無名」から読み始めた。前書きも何もないので、どんな本なのかサッパリわからない。ただ題名にちょっと興味を惹かれただけで、別に読みたかったという訳でもない。読む本がないと寝つきが悪いからだけのこと。

 そんなんだから、途中で止める本も結構ある。また、数十ページも読み進んでから、あれ? この本、読んだことがある、などと云うこともしょっちゅう。

 その例にもれず、この本も、読み始めは「たいした事ないな・・」的な感じ。ただ、今少し読み進むと、何故かやめられない。そのうち、魅せられてしまう。読み終わった読書感は何とも爽やか・・。当分、沢木耕太郎でいくか的な感じであった。

「無名」。作家、沢木耕太郎が、全く無名の父親の事を綴った、追悼文的な本である。従って、面白くもなんともない。作家、耕太郎が、89歳の父の病床を見舞い、それから亡くなるまでの3ケ月間ほど、母や姉と交代で付き添いながら、父の病状、父との思い出、父の人となりを、ただただ淡々と綴っただけの本である。何の変哲もない溶接工であった父親の事を、何の気負いもなく、素のまままに書いているだけ。にもかかわらず、魅せられてしまい、目が離せなくなった。ある意味不思議な読書感のする本であった。

 これは多分に沢木耕太郎の文章力によるのだろうが、これほどに名もない無名の父親を、ただ素直に愛し、慕い、尊敬し、そして冷静に分析する、沢木耕太郎という作家に、この本一冊で魅せられた。

 因みに、彼は小生と同じ年らしい。

Saturday, as usual, I go to the library. I look vaguely at the bookshelves lined with single-volume books. Then, for some reason, the column on Kotaro Sawaki caught my eye, and among them, “Mumei” read me! He exclaimed. I’m going to read it…or I’m going to get an obscure one. One book is not enough, another is. Then, the “Prime Minister of Crisis” (Kotaro Sawaki) next to him says, “Do it for me! He is fiercely appealing to them. Alright…I’ll go with Kotaro Sawaki this week….

This is how I usually choose my books. There is an author I like, but I read most of her books in the library, and after that, I look at the bookshelf vaguely… Then, there is a book inside that shows how to appeal to oneself. The loan period is two weeks. Thus, I get roughly two or three books.

I started reading from “Obscure. There’s no preface or anything, so I don’t really know what kind of book it is. I was just a little intrigued by the title, and it’s not like I wanted to read it. It’s only because I have a hard time falling asleep without a book to read.

That’s why I’ve stopped quite a few books along the way. Again, after reading dozens of pages, I was like, oh no? I often say to myself, “I’ve read this book.

As an example, this book, too, started out with a feeling of “This is not a big deal… However, now that I’m reading a little further, I can’t stop for some reason. Sooner or later, you’ll be fascinated. The feeling of reading is very refreshing… For the time being, it was a feeling of going with Kotaro Sawaki.

Unnamed. This book is an obituary by the author Kotaro Sawaki about his completely unknown father. Therefore, it’s not interesting or anything. In this book, Kotaro, an author, visited his 89-year-old father on his bedside and took turns to accompany his mother and sister for about three months from then until his death. He writes about his father, who was a nondescript welder, without any pretensions, just as he was. Nonetheless, I was mesmerized and couldn’t take my eyes off of it. In a way, it was a book that felt like a strange read.

This is probably due to the writing skills of Kotaro Sawaki, but the author, Kotaro Sawaki, who honestly loves, adores, respects, and calmly analyzes his nameless father, who is so nameless, has made me fall in love with him in this book.

By the way, it seems that he is the same age as me.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO