調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

ビックリポンのはなし・・。「彼、未だ生きてるの・・・・」

会長日記2016/03/10

弊社で先週リサーチ(採用調査)したビックリポンの話。

 

「被調査人の履歴書」

氏名  ○ ○      生年月日 昭和35年◗月◗日生(55歳)

現住所 大阪市中央区

昭和58年3月 横浜国立大学経済学部○○学科 卒業、

昭和58年4月 ㈱○○  入社

同 63年7月  同社  退職

昭和63年8月 ㈱○○テクノロジー  入社

平成19年○月  同社  退職

平成19年8月 ㈱○○ ホーム  入社

同 28年2月  同社  退職

 

(職務経歴書)

㈱○○ホーム(平成19年8月〜同28年2月)

平成19年8月 ○○事業本部○○推進部課長 配属

土地活用、賃貸マンションの営業企画業務に携わる

平成20年4月 土地活用セミナーを税理士や経済人を交え実施し、各新聞社と提携セミ    ナーの企画を提案、以後同様のセミナを年5回実施。

平成22年4月 関連子会社○○へ出向。資産活用事業部部長に就任。関西エリアの管理運営に携わる。

平成25年4月 社内組織の再編・新研修システムの人材育成に従事し、スキルアップと人材育成の基礎を構築する。

平成28年2月 希望退職募集に応募し退職

云々とある。尚、同社以前の2社の職務経歴書は3ページにわたり年月、職務内容、実績等、極めて詳細に申告されており、自己PRとしては申しぶんない履歴書となっていた。

 

 上記履歴書に基づき弊社でバックグランド調査を実施。

「調査報告書の概要」

 学歴の確認には至らなかったが、職歴は全くのデタラメで、未申告の職歴も判明し、家族欄には「妻あり」と申告しているも、現住所には単身住まいで、妻の存在は確認されなかった。

 前職、㈱○○ホームの勤務期間は平成21年に1ケ月在職しただけで退職。退職理由は、在職中に警察に詐欺と窃盗(横領)容疑で逮捕され、出勤できなくなった為、会社が一方的に退職手続きを取ったもの。

 本人は、㈱○○住建(未申告の職歴)在職中に、住宅建築を請け負った顧客から手付金名目で現金をだまし取り、工事費も着服したとして、詐欺と業務上横領の疑いで逮捕されており、禁固○年の判決で収監され、最近出所してきたものである事が判明。従って、申告履歴の大半は詐称されたものであり、「採用は不適当」と判断せざるを得ない。

 前々職(未申告の勤め先)の同僚は、開口一番「エッ彼は未だ生きているの!、てっきり神戸港に沈んでいると思ってたのに・・・。そう・・未だ生きているのか?。詐欺と横領だけで飯を食ってきている奴だよ・・。そらしっかり調べなあかんわナー」。

 

 そう―、一般常識を持った普通の人は、「そら調べなあかんはナー」と云ってくれるが、これが逆の立場(被調査人)になると、「調べるなんてもっての外・・」となり、プライバシーと個人情報を曖昧にし、プライバシー権を錦の御旗の如く高々と掲げ、利己主義に徹した論調で物申す人が多くいるのも事実。

Here’s the story of the Big Surprise Pong that we researched last week.

“Investigator’s resume.

Date of birth: 35 years old (55 years old)

Current address: Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka

March 1983 Graduated from Yokohama National University, Department of Economics

April 1983 Joined XX Co.

Retired from the company in July 1963.

August 1988 Joined XX Technology Co.

Retired from the company in 2007.

August 2007 Joined XX Home Co.

Retired from the company in February 2018.

(Resume).

XX Home Corporation (August 2007 to February 28, 2007)

August 2007 Assigned to Manager, XX Promotion Department, XX Business Headquarters

Engaged in sales planning for land use and rental apartments

April 2008 We held a seminar on land use with tax accountants and business people, and proposed to organize a partnership seminar with various newspapers.

April 2010 Seconded to an affiliated company. Appointed as General Manager of the Asset Utilization Division. Engaged in the management and operation of the Kansai area.

April 2013 Engaged in the reorganization of the company’s internal organization and the development of human resources for the new training system, building the foundation for skill improvement and human resources development.

February 2018 Resigned after applying for voluntary retirement.

and so on. The resumes of the two companies before the company were three pages long with extremely detailed information about their years, job descriptions, and accomplishments, making them excellent self-promotional resumes.

A background investigation was conducted by us based on the above resume.

A summary of the investigation report.

He declared that he had a wife in the family section, but he lived alone at his current address and his wife was not confirmed.

In 2009, I retired from my previous job at XX Home after working there for only one month. The reason for his resignation was that he was arrested by the police on charges of fraud and theft (embezzlement) while he was employed, and the company unilaterally took procedures for his resignation because he could no longer attend work.

This is the first time that a person has been arrested on suspicion of fraud and embezzlement in the course of business, having been sentenced to a year of imprisonment and recently released from prison. Therefore, we are compelled to find that the majority of the filing history was misrepresented and that “hiring is inappropriate.

A colleague of my former employer (undeclared) opened his mouth by saying, “Ew, he’s still alive! I thought it was sinking in the port of Kobe…. So… you’re still alive? He’s a guy who’s made his living from fraud and embezzlement… There’s no way you can’t check it out.

It is true that there are many people who vague about privacy and personal information, raise the right to privacy as high as a flag, and speak out with a selfish tone.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO