調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

採用調査

未分類2015/07/13

2年前に一線を引いた関係か、ブログの内容が遊び中心になり気味である。しかも、週一を自ら義務づけているにもかかわらず、可なり歯抜け状態になっている。反省しきり・・・。

そこで今日は、本来の仕事に関する事に少しふれてみる事にする。

ご存知の通り、弊社の仕事は、「就職の際の人事調査」が中心である。昔は新卒、中途の別なく、相当件数扱っていたが、時代の趨勢で最近は中途採用が全体の7割近くを占めるようになっている。

それでも毎日数十件の受件がある。調査結果は、?採用上先ず支障なし ?採用上検討を要する ?採用不適当と認められる と大きく分けて3区分の調査所見になる。

所見結果は、?採用上検討を要する ?採用不適当と認められる が受件総数の3割を占める。

 

「エッ、そんなに・・」と思われるでしょうが、実際そうである。弊社の場合、クライアントの多くが中堅企業と云うか、所謂、新卒採用だけで社員採用を賄う
超大手と違い、中途採用をしないと賄えないところが多いという事もあるが、それにしてもである。しかも、面接を済ませ、「調査で支障がなければ・・」と思
える人を発注してきているはずである。

その内の3割なのだから、相当の確率である。

 

中でも経歴詐称がトップ。企業によっては、少々の経歴詐称など当たり前として、問題にしないところもあり、調査員も、記憶違いと思えるような相違は殆ど問
題視しない。ところが、辻褄合わせの作為的なものが結構多く、よくよく調べると未申告の職歴が出てくる。
そこを調べると、「詐欺」「横領」「使い込み」などの犯罪行為、又は、無断欠勤、出社拒否などのトラブル事象が多く発覚する。

 

今日、小生が点検したレポートでも、「詐欺行為が発覚すると同時に海外に逃亡」と云う、経歴を持つ元会社社長がいたが、この人物も、その企業名は履歴には
記載していない。当たり前と云えば当たり前だが、面接では、そんなことは判らない。しかも、この人物、幹部要員としての採用予定であった。

珍しいケースでは、申告する現住所に住んで居ない、という場合もある。住所不定なのか、何か目的があっての住所の隠ぺいなのかは判らないが・・・。 「事実は小説より奇なり」。採用調査で、こんな諺を使いたくなるようなケースさえある。

尚、最近の特徴としては、「Wワーキング」の可能性が高いと思われるものが増えている。 Wワークを認める会社であれば何ら問題はないが、大方の企業がWワークは禁止している。従って、その事は申告しないケースが大半である。

その他、何と破産歴を持った人の多いこと。事業の失敗や保証被りなどが原因で、一端、破産免責が決定し、以後立ち直っておれば問題は無いが、放蕩による破産は中々治らない。それも、破産チェックのみでは中身は判らない。故に実調が必要となってくる。

ことごと作用に「就職の際の人事調査」は、必要欠くべからざる社会的重要性の有る仕事と自負しているが、未だ大手を振って大道を歩けないのが此の仕事である。トホホ・・・

Maybe it’s because I drew a line two years ago, but the content of the blog has become a bit playful. Moreover, even though he obliges himself to do it once a week, he has lost a lot of teeth. I’m so sorry…

So, today, I’d like to touch on a few things related to my job.

As you know, our work focuses on the “HR survey at the time of employment”. In the past, we used to handle a considerable number of cases regardless of whether they were new graduates or mid-career workers, but nowadays, due to the trend of the times, mid-career hiring accounts for nearly 70% of the total.

Even so, we receive dozens of cases every day. What are your findings? Not a hindrance to employment? Need to be considered for hiring ? The survey results can be broadly divided into three categories: “no hindrance to adoption”, “need to be considered for adoption”, and “unsuitable for adoption”.

What are the findings? Need to be considered for recruitment? 30% of the total number of cases were found to be unsuitable for adoption.

You may think, “Eh, so much…”, but it’s true. In the case of our clients, many of them are medium-sized companies, or so to speak, companies that are able to hire employees by hiring new graduates alone.
Unlike the super giants, there are many places where you have to hire mid-career workers to make ends meet, but that’s still the case. Moreover, after the interview, I was thinking, “If the investigation doesn’t interfere…
They are supposed to have ordered people who can do it.

It is 30% of the total, so the probability is quite high.

Among them, background falsification was the top item. Some companies do not take a little background falsification as a matter of course, and investigators rarely ask about differences that seem to be a memory mistake.
I don’t see it as a problem. However, there are a lot of contrived things that add up, and if you look closely, you’ll find undeclared work history.
If you look into it, you will find many criminal acts such as “fraud”, “embezzlement”, “embezzlement”, or trouble events such as absenteeism and refusal to report to work.

In the report that I checked today, there was a former president of a company with a history of “fleeing abroad as soon as the fraud was discovered”.
Not stated. It’s a no-brainer, but you don’t know that in an interview. Moreover, this person was scheduled to be hired as an executive.

In rare cases, it may be the case that you do not live at the current address you are filing. I don’t know if it’s an indefinite address or a cover-up of an address for some purpose… Facts are stranger than fiction. There have even been cases where I’ve been tempted to use a proverb like this in my hiring surveys.

As a recent feature, there is an increase in the possibility of “W-Working”. There is no problem if the company allows w work, but most companies prohibit w work. Therefore, in the majority of cases, they do not declare it.

Other than that, what a lot of people have a history of bankruptcy. There is no problem if the exemption from bankruptcy is decided once due to the failure of the business and the guarantee cover, etc., and it has recovered afterwards, but the bankruptcy by debauchery is not easily cured. Even so, a bankruptcy check alone will not reveal the contents. Therefore, actual tuning is necessary.

Although I am proud to say that the “personnel survey at the time of employment” is a job of indispensable social importance, it is a job that has not yet made it to the front of the pack. Oh, my God.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO