調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

お詫び

未分類2013/10/24

元気ですよー・・・。

「松ちゃん、最近ブログ更新していないね? どうしたん・・・」等と知人から電話をもらう。

決してどうもしていない。ただただ、遊びと一寸の仕事で、ブログでも更新しようかと云う、ゆったりとした時間が取れなかっただけの事。ゴメン・・・。

10月半ばは「隠岐で釣り三昧」、のつもりで帰ったが、台風襲来で船を出せたのは2日だけ。それでも、2.5キロの大鯛を釣りあげ、超ご機嫌!!、早速それを友達に自慢すると、「2.5キロが大鯛だだか?。 こっちで自慢できる大鯛は最低5キロ以上・・・2.5キロなど他人に云うなよ・・・」と、ご親切に忠告されるしまつ。それでも、小生にとっては大変な出来事・・・、これが黙っておられるか・・・と皆に言いふらす日々!

今年度の当初計画では,4月から10月まで月半ばを隠岐で、11月以降は海も時化るだろうから仕事に専念、としていたが、友達曰く、「釣りは11月が一番面白い・・青物も釣れだすし・・・」などの言葉と、大物がかかった時の感触が忘れられず、11月も帰る事にした。

大阪に帰るや、仕事、天風会、ロータリーに東京出張と予定が目白押し、何とも自分の時間が思うように取れず、今日になってやっとブログ更新に至った訳・・。

こんな言い訳を書くと、今の若者にはたぶん大笑いされると思う。だって、ブログなど、電車の中でもバスの中でも書けるのに、何でわざわざ時間をとるの?、と思われるから。 言われることは良くわかるが、それができないのが介護保険料を請求されるようになった第二青春真っ最中の団塊世代なのだ。

夜明けと同時に船を出し、漁場へ・・・・

 

IMG00520

IMG00528

2.5キロの大鯛と、赤みずと呼ばれる高級魚、その他れん子鯛など・・

IMG00534

家の前で夜に上がってきたサザエをタモでゲット。夜になるとサザエは岸壁の上の方まで上がってくる。

IMG00530

 

 

話はころっと変わるが、昨日一昨日と東京出張。メインは、全国調査業協同組合主催の教育研修会。副理事長としては欠席する訳にも行かず参加してきた。ただ、その席で、弁護士の先生よりクーリングオフの話があった。

2年ほど前に消費者保護の観点でつくられたクーリングオフ制度が大幅に改定され、訪問販売業に限らず、多くの業種が対象となり、会社の事務所以外での契約(喫茶店とかホテルとかなど・・・)は全てクーリングオフが適用されるとのこと。探偵業の契約は、大半お客さん(依頼者)から電話を貰い、お客さんの都合で、事務所以外で相談を受け、調査契約を結ぶ事が多くあるが、このケースは理由の如何を問わず全てクーリングオフの対象となる。であれば、対象期間の8日間を過ぎて以降調査に着手するしかないが、実際にはそれでは間に合わない。依頼者は、今日明日すぐに実施してほしい。そうでないと意味がない・・・、絶好の機会を逃す・・・など色々あり、緊急を要する場合はそう悠長に構えてはおれない。そこで依頼者の意をくみ、直ぐに着手、4・5日の尾行張り込みで結果をだし報告、全て終了し、お金を頂いていても、8日以内に依頼者がクーリングオフを云って来れば、全てを元に返し、お金も返さなければならない。依頼者は、緊急に調べてほしいことを全て調べて貰い、満足の行く調査報告を受けてからでも、事務所外で契約した調査はクーリングオフの対象なのだから、8日以内であればクーリングオフが適用され、調査会社は全てパーと云う事になる。そんな理不尽な?と思うが、法律ですからどうにもならない。クーリングオフの対象業種である以上これはどうしようも無いようです・・・。よく心して対処しなければ。

 

I’m fine…..

”Matsu-chan, you haven’t updated your blog lately, have you? I get a phone call from an acquaintance saying, “What’s wrong with you?

I never did. It’s just that I haven’t been able to take some time to relax and update my blog. I’m sorry…

In the middle of October, I went back to Oki with the intention of “spending a lot of time fishing in Oki”, but I could only take out a boat for two days due to a typhoon. Even so, he’s in a great mood after catching a 2.5kg bream! As soon as I boasted about it to my friend, he said, “2.5 kilograms is a big sea bream? Don’t tell other people that the big snapper you can boast about here is at least 5 kg… 2.5 kg…” he kindly advised me. Still, it’s a very difficult event for me…..

In the initial plan of this year, I was going to spend the middle of the month from April to October in Oki, and after November, I concentrated on work because the sea would be faded, but my friend said, “November is the most interesting for fishing………………………………………………………………………………..

As soon as I came back to Osaka, I was busy with work, Tenpukai, Rotary, and a business trip to Tokyo, so I couldn’t take time for myself.

I’m sure today’s young people would probably laugh out loud if I wrote this excuse. I mean, why bother taking the time to write a blog when you can do it on the train or on the bus? Because it seems to be. I understand what you’re saying, but it’s the baby boomers in the midst of their second adolescence who can’t do it, because they’re being charged for long-term care insurance.

At dawn, we set sail for the fishing grounds…

2.5 kg of big sea bream, high quality fish called red snapper, and other sea bream such as brindle.

I got a turban shell that came up at night in front of my house with a tamo. At night, the turban shells come up to the top of the wharf.

By the way, I went on a business trip to Tokyo yesterday and the day before yesterday. The main event was an education and training session hosted by the National Association of Surveyors. As vice president, I couldn’t afford to be absent, so I attended the meeting. However, there was some talk of cooling off from the lawyer’s teacher at the table.

The cooling-off system, which was created about two years ago from the viewpoint of consumer protection, has been greatly revised, and not only door-to-door sales business but also many other industries are now subject to the cooling-off system, and all contracts made outside the company’s office (such as coffee shops and hotels) are subject to the cooling-off system. Most of the contracts in the detective business are made after receiving a phone call from the client, and for the client’s convenience, consulting outside of the office, and concluding the investigation contract, but in this case, all contracts are subject to cooling-off regardless of the reason. If this is the case, the only way to start the investigation is after the eight-day period in question has passed, but in reality, that is not enough time. The client wants it to be implemented today and immediately tomorrow. Otherwise, there is no point in doing so…or missing a great opportunity…and so on. Even if I had received money, I would have had to pay back everything and the money if the client had asked for a cooling-off within 8 days. Even after the client has received a satisfactory investigation report, the client is still subject to a cooling-off period for the investigation contracted outside the office, so the cooling-off period can be applied within 8 days and all investigation companies will be exempted. How can you be so unreasonable? I think so, but I can’t do anything about it because it’s the law. As long as it is an industry subject to cooling-off, there seems to be nothing we can do about it… You have to deal with it carefully.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO