調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

続 情報化時代のプライバシー研究

未分類2013/02/22

先週に続き、プライバシーについてふれてみたいと思う・・・。

青柳武彦先生の「情報化時代のプライバシー研究」(書籍)からの抜粋になるが、第一部の結論として記されている部分の一部を要約して転載させて頂きます。

プライバシー権は自然権、またはそれに準ずるものではない。

プライバシー権は近代以降に人為的に形成された人格権であって、人権主義者に広く信じられているような自然権ではない。中世以前は身分の上下に関わらずプライバシーの意識はまだ無かった。近代以降になって人間社会が複雑化、多様化、及び高度化して市民社会が出現して、ようやく意識されだしたものだ。法益としてのプライバシー権に至っては、認知されたのは19から20世紀である。とうてい、国家成立以前から存在していた自然権やそれに準ずるものとは言い難い。

プライバシー権は貴重なものだが芸術作品のような物で、生活必需品ではない。

プライバシー権は生活必需品とはいえないが、非常に価値あるものである。しかし、他の種の自然権的な自由や人権と衝突したり競合したりした場合には譲るべきことが多い。プライバシーは、はかないからこそ貴重であるという考え方をすべきである。他の種類の自由や人権と競合・衝突した場合にはプライバシー権は優先順位は高くない。

プライバシー権は主張しすぎると協調・共生という次世代の社会の原理を損なう。

現代社会には、競争を原理とする冷徹な市場主義から、協調や共生を原理とする方向に転換しようとする大きな潮流がある。プライバシーを主張することは、ソシシアル(他社と融合、協調すること)を拒否することであるから、そうした潮流に反することだ。プライバシーを主張しすぎるのは社会全体のためにならないことが多い。プライバシーについて考えるときは、それを公共の利益のためにどこまで放棄するかを考えることが重要である。

 また、プライバシー権の定義としての自己情報コントロール権説についても疑問を投げかけ、私的領域の自律権や私生活の平穏・静謐を護るプライバシー権にもっと市民権を与えるべきだと説き、特に住所・氏名などの基本的な個人識別情報きわめて社会的な有用性が高いものだから、むしろ積極的に供出して一種の公共財として自由に流通せしめたほうが社会全体としてのメリットは大きい。これを主張しすぎると個人情報の社会的有用性を大きく損なうことになる。個人情報に関わるプライバシー権について考える場合は、社会全体の利益のためにどこまでゆずるべきかをまず考えることが重要である。

等など、人権論者の多くが主張するプライバシー権の考え方とは可也違っているが、私は青柳先生が説く、プライバシー権のほうが、遥かに社会性、公共性を考えた、正論に思える。

 多くの人権論者は、ただ一方的な権利主張に凝り固まり、社会のあり方や公共性についての配慮を欠き、権利があるからがむしゃらに権利主張をするといった、教条主義的な方向に向かっている様に思えて成らない。

Continuing from last week, I’d like to touch on privacy…

This is an excerpt from the book “Privacy Research in the Information Age” written by Dr. Takehiko Aoyagi, but I would like to summarize and reprint a part of the conclusion of the first part.

The right to privacy is not a natural right, or its equivalent.

The right to privacy is a moral right artificially formed since the modern era, not a natural right as widely believed by humanists. Before the Middle Ages, there was still no sense of privacy regardless of one’s status. It is only in modern times that human society has become more complex, diverse, and sophisticated, and civil society has emerged. As for the right to privacy as a legal interest, it was only recognized in the nineteenth and twentieth centuries. It can hardly be said that natural rights or their equivalents existed before the establishment of the state.

The right to privacy is valuable, but it’s like a work of art, not a necessity of life.

The right to privacy may not be a necessity of life, but it is a very valuable one. However, there is much to concede when it conflicts or conflicts with the natural rights freedoms and human rights of other species. The idea that privacy is valuable because it is fleeting should be taken into account. The right to privacy is not a high priority when it conflicts and conflicts with other kinds of freedoms and human rights.

If the right to privacy is asserted too much, it undermines the principle of cooperation and coexistence for the next generation of society.

In contemporary society, there is a great tide of change in the direction of cooperation and symbiosis from a cold-hearted marketism based on competition. To insist on privacy is to refuse to be SOCIAL (to merge and collaborate with other companies), so it goes against the grain. Insisting on too much privacy is often not in the best interest of society as a whole. When thinking about privacy, it’s important to consider the extent to which we give it up for the public good.

He also questioned the right to control one’s own information as a definition of the right to privacy, arguing that the right to autonomy in the private sphere and the right to privacy, which protects the peace and tranquility of one’s private life, should be given more civil rights, especially since basic personally identifiable information such as addresses and names is extremely useful to society. To insist too much on this would greatly undermine the social utility of personal information. When considering the right to privacy with respect to personal information, it is important to first consider the extent to which the right to privacy should be surrendered for the benefit of society as a whole.

It is somewhat different from the idea of the right to privacy that many human rights theorists argue, but I think that the right to privacy that Dr. Aoyagi preaches is far more social and public, and it is a sound argument.

I cannot help but think that many human rights theorists are heading in a dogmatic direction, sticking to their one-sided assertions of rights, lacking consideration for the state of society and public nature, and asserting their rights because they have them.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る