調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

調査と個人情報

会長日記2012/08/02

今週月曜日(7月30日)、所属する船場ロータリークラブで、「職奉卓話」を行った。

ロータリークラブの4大奉仕の一つに「職業奉仕」と云うのがある。所謂、自分の仕事、職業を通じて社会に如何に奉仕するか、
それを学ぼうと言うのである。その一環として昨年より「職奉卓話」と云うのが行われる事になった。
目的は単純に会員相互の仕事をお互いにもっと知り合おうと云う事である。

人前で話すのは苦手であるが、順番が廻ってくれば絶対に逃げる事は出来ない。そこで、何時もの独善的な話になったが、
以下の内容を話し、お茶を濁した。


「職奉卓話」  松谷 廣信

 


 創業35年。法人企業をクライアントとし、人事調査を主に行っています。比率は、採用60%
、特殊人事20%、企業信用10%、その他10%と言ったところです。しかし、最近は非常に人に関する情報入手は難しくなっており、
仕事がし辛くなって来ています。


偏ったプライバシー意識の高まりや個人情報保護の行き過ぎた運用などに起因していると思われますが、今では、
個人情報は本人承諾なくしては入手してはいけないものの様に思われています。


個人情報保護法は、「個人情報取り扱い業者」(5千件以上の個人情報を体系的に管理し、
これを業務のように供する者)を対象とした法律ですが、一般家庭の主婦までが、「個人情報取り扱い業者」
であるかの如き解釈をしているようで、「それは個人情報ですから言えません・・・」と云うのが常套句になっています。


私どもの仕事の一環ですが、就職の際に応募者が提出する履歴書が正しいか否か、
その確認さえ出来なくなって来ています。学校は卒業確認に応じない、企業は在職確認に応じない、役所は住民票も戸籍も出さない。
全て個人情報保護が理由です。


従って、今では相手が何処の誰か確認するすべがなく、
相手が言う事をそのまま信用せざるを得ない状況に陥っています。こんな事は、騙されて始めて気がつきますが、騙されるまでは、
個人情報が保護されることは良いことだ、と単純に考え、疑問を持たないようです。個人情報に全て蓋をし、
相手が何処の誰か判らない社会を作って、人間のコミュニティー社会は成り立つのでしょうか・・・非常に疑問に思っております。


私ども調査会社の仕事は、リスクマネジメントの観点から、事を成す前、
事が起こる前に調べるのが仕事です。警察や司法関係者は、大半は事が起こってから調べるのが仕事です。しかし、
現実の社会は事が起こってからでは遅いのです、後の祭りでしかありません。しかし、役所は事が起こってからの調べには理解を示しますが、
事が起こる前の調査には極めて否定的です。こう言うのを、本末転倒と云うのでは。


覆面社会の到来が目前に迫り、詐欺師天国が形成されつつあります。今一度、
官民一体となって個人情報の取り扱いには議論を重ねる必要がある様に思えてなりません。

 

This Monday (July 30), I gave a presentation at the Rotary Club of Funaba where I belong.

One of the four major services of a Rotary club is called Vocational Service. So to speak, how to serve society through one’s work and profession.
I say let’s learn it. As a part of the program, we have been holding a “job-table talk” since last year.
The purpose of the meeting is simply to get to know each other’s work better.

I’m not good at public speaking, but when it’s my turn, I can’t run away from it. So, to my usual self-righteousness.
We talked about the following and muddied the tea.

Matsutani Hironobu

The company has been in business for 35 years. He works with corporate clients, primarily in the area of HR research. The ratio is 60% for recruitment.
I said 20% for special personnel, 10% for corporate credit, and 10% for others. However, it is very difficult to get information about people these days.
It is getting harder and harder to work.

This is probably due to the growing awareness of biased privacy and the over-optimistic use of personal information protection, but now
Personal information is considered to be something that should not be obtained without your consent.

The Personal Information Protection Law provides for “personal information processors” (who systematically manage more than 5,000 cases of personal information, and who are responsible for the management of personal information).
However, even ordinary housewives are considered “personal information handling companies”.
It is a common saying, “I can’t tell you that because it is personal information…”.

It is part of our job to ensure that the CVs submitted by applicants for jobs are correct or not.
It’s becoming impossible to even confirm this. Schools don’t respond to graduation verification, companies don’t respond to employment verification, and government offices don’t produce residency cards or family registers.
The reason for all this is to protect your privacy.

So now there’s no way to tell where they are or who they are.
You’re in a situation where you’re forced to trust what the other person says at face value. This is the kind of thing you realize when you start getting duped, but it’s not until you get duped that you realize
They simply think it’s a good thing that their personal information is protected and don’t seem to question it. I’m going to put a lid on all the personal information.
I am wondering if a human community society can be built by creating a society where people don’t know who or where they are.

From the perspective of risk management, our job as a research company is to ensure that we are able to provide the best possible service to our clients before the event is completed.
It’s my job to find out before things happen. Police and law enforcement officials are mostly tasked with looking into things after they happen. However.
In the real world, it’s too late for things to happen, it’s only after the fact. But officials are understanding of what they’re looking into after the fact.
I am extremely negative about the research before things happen. This is what I call the ultimate mistake.

With the arrival of the undercover society on the horizon, a con man’s heaven is being formed. Now, once again.
I can’t help but think that the public and private sectors need to work together to discuss the handling of personal information.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO