調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

封印

未分類2011/10/14

楽しい事は一杯あるのに何故か心が楽しまない。こんな気分になった事ってありませんか・・・?。

 最近ちょっとした事から、そんな気分になった。原因は判っているが、何でこんな事で心が沈むのか・・・。

 ここ20年間心を如何に統御するか、「晴れてよし曇りてもよし富士の山」  そんな気分が何時でも自ら作り出せる様にと、天風会で修行を積んで来たが、イザとなると思うように心が統御できない。そして、修行をして来たつもりだけに、統御できない自分が情けなく、更に落ち込む・・・等と云う深みに嵌ってしまう。

 そこで考えた。これは神が私に与えて呉れた試練だと・・・。もっともっと天風先生の教えを日常生活に取り入れ、自己統御に取組め、との示唆なのだと。そんな風に考え、この様な気分を虚心平気に高める為に、何時もより真剣に心身統一法に取り組んだ。すると、徐々に心が楽に成ってきた・・・・ヤッター・・・。

 「松ちゃん、それは時がなせる業だよ・・・・」、「自分の心を自分で統御できた訳じゃなく、全ては時が解決するのだよ・・・」などと友人がせせら笑う声も聞こえてくる。それはそうかも知れないが・・・でも心身統一法をもっともっと真剣に遣ろうと思い、結果、少し楽になったのも事実なのだ。そんな気分にさせてくれた事象に本当は感謝すべきかも・・・。

 「病は忘れることによって治る」、これも天風先生の言葉の中にある。

 「たとえ身に病があっても心まで病ますまい、たとえ運命に非なるものがあっても心まで悩ますまい。否、一切の苦しみをもなお楽しみとなすの強さを心に持たせよう・・・・」(天風先生の誦句の一節)

 そんな思いから気分転換をと考え、そこで友人に電話、「時間があれば夕方から囲碁でもやりませんか・・・」「そうやな1・2時間位ならいいで・・・久しぶりだし・・・」。

 夕方6時に会社に来てもらい、早速碁盤を囲んだ。結果は、互い戦で一勝一敗。気分もスッキリ。そこで近くで一杯と云う事になった。

 その席での話し。友人曰く、「本読んでくれた・・・」 「本屋で探したけど無かったので、まだや・・、在庫あったら一冊呉れよ・・・」 「ほな持ってこさせるは・・・」

 この友人。元サンケイ新聞の社会部記者であったが定年を待たずに退職、今は小さな企画会社を営んでいる。ところが片手間に小説も書いていた。それが実って、昨年8月に角川書店から出版。

 出版したとの話しは聞いていたが、たいしたこと無いだろうくらいに思っていた。だがさにあらず、たいしたものだ。久しぶりに一気に読み上げた。この本、既に本屋には並んでいない様であるが、角川に頼めばどうにか成るかもしれない。皆が頼めば再販の話しが持ち上がるかもしれない・・・。

 よかったら電話してくださいね・・・。

封印 001_t

封印 002_t

封印 004_t

 

There are plenty of fun things to do, but somehow my mind doesn’t enjoy them. Have you ever felt like this…?

A few things have made me feel that way lately. I know why it’s happening, but I don’t know why it’s making my heart sink…

For the past 20 years, I have been training in the Tenpukai to be able to control my mind in a way that is “sunny, good, cloudy or not, Mt. Fuji”, but when the time comes, I cannot control my mind as I would like. And even though I thought I had practiced Buddhism, I felt sorry for my inability to control myself, and I felt even more depressed…

So I thought. This is a trial that God has given me…. It is a suggestion that we should incorporate more of his teachings into our daily lives and work on self-governance. With this in mind, I worked on the Unification of Mind and Body Method more seriously than usual in order to raise my mood to a false sense of calmness. Then, my mind gradually became comfortable……………..

I can hear my friends chuckling, “Matsu-chan, that’s what time can do…” or “It’s not that I can control my own mind, it’s that time solves everything… That may be true…but it’s also true that I wanted to use the Unification of Mind and Body Act more seriously, and as a result, it was a little easier. Maybe I should really be grateful for the events that made me feel that way…

It is also in the words of Dr. Tenpou: “A disease is cured by forgetting.

Even if you have a disease in you, do not be sick in your heart, and even if your fate is not right, do not be troubled in your heart. No, let your heart have the strength to look forward to all the suffering…” (a passage from the chant of Master Tenpou)

Then I called my friend and said, “Why don’t you play Go in the evening if you have time…” “Yes, I can play for an hour or two…it’s been a long time…

I had him come to the office at 6:00 in the evening, and we played a game of Go immediately. The result was a match against each other, one win and one loss. I feel refreshed. So we decided to have a drink nearby.

That’s what we talked about. My friend says, “You read my book…” “I looked for it in the bookstore, but it wasn’t there yet, so if you have it in stock, give me a copy…” “You can’t have me bring it to you…

This friend. He used to be a reporter for the Sankei Shimbun, but retired without waiting for retirement and now runs a small planning company. However, he was also writing a novel on the side. It came to fruition and was published by Kadokawa Shoten in August of last year.

I had heard that they had published it, but I thought it would be nothing serious. But then again, it’s a great one. I read it in one sitting for the first time in a long time. This book doesn’t seem to be in bookstores anymore, but if you ask Kadokawa, they may be able to do something about it. Talk of a re-release may be brought up if everyone asks….

Please call me if you want….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る